« シュノーケリング | トップページ | 仕訳、なるほど! »

借方?貸方?

必要に迫られて、簿記3級講座を受けることになりました…
うーん、今までとは全然分野が違うぞ!
でも、やらなきゃ、仕事がすすまん(>_<)

というわけで、今日はその初日でした。
先生の流れるようなトークでかなり良くわかったのですが、なんだか謎なのが「借方」「貸方」という用語。「かりかた」「かしかた」と読むのですが、まぎらわしいゾ!
読みが似ているうえに意味不明だ。
先生が言われるには、簿記は福沢諭吉さんが始めて日本に持ち込んだそうな。
諭吉さんがこんな字を当てはめたのだろうか?
借方が左で貸方が右というふうに方向を示すということであるが、それならそれぞれにまったく違った用語にしてほしかったなぁーブツブツ…

などと、わかったというワリにはかなり初歩的なところで疑問を感じている私。前途多難か。トホー

|

« シュノーケリング | トップページ | 仕訳、なるほど! »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

私、大学生の時に簿記学校に通って、日商簿記2級とりました。

けど・・・・。

やっぱり、貸方と借方はどっちがどっちか正確に覚えていません。今も、夫の自営業の経理関係で簿記は役立ってますが、左か右かで判断しているのが実体。

言葉にとらわれる事、ないと思いますよ。

がんばれ~~~!

投稿: albireo | 2007年9月29日 (土) 14時41分

albireoさん、
経理って特殊技能だなぁーと思いました。
言葉が専門用語みたいで、それらに怖気づく日々です。
でも、これも慣れかもしれませんね
がんばります! 応援をありがとうございまーす

投稿: MIKI | 2007年9月30日 (日) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シュノーケリング | トップページ | 仕訳、なるほど! »