« 大掃除ほぼ完了! | トップページ | 綾辻 行人,森 博嗣,そして宮部みゆき »

クリスマスに少女は還る

あけましておめでとうございます~

私はミステリ三昧のお正月です♪
お正月に念願の「クリスマスに少女は還る」を完読できました!
翻訳もので、すごく分厚いミステリだから集中して読める日といえばお正月だったのでありあす(*^。^*)
感想は…「じわーん(T_T)」でした。
15年におよぶ少女連続殺人事件の謎ときもので、多彩な登場人物が細かく描写され映画を見るようにイメージできます。
特に誘拐される二人の少女がとても魅力的です。生存をかけて二人がどんなにがんばるか、ハラハラドキドキ、最後に「えっ!?」と驚く結末があって、それをじわじわとかみしめる…そんな作品でした。

先日読んだ「半落ち」と似た読後感を感じました。
おそらく悲惨なできごとのなかにも救済される思いが作品にこめられているからでしょう。

宮部みゆきさんにもそんな作品が多いですよね。
こんなミステリは大好きです。

|

« 大掃除ほぼ完了! | トップページ | 綾辻 行人,森 博嗣,そして宮部みゆき »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大掃除ほぼ完了! | トップページ | 綾辻 行人,森 博嗣,そして宮部みゆき »