« 手放す曲を動画UPします。 | トップページ | ルー大柴的でなくなったマーシャルMG30DFX図解 »

ルー大柴的アンプのマニュアル

連休だったので、ギター練習以外にも時間があるゾと
撮りためてあったNHKのロックギター講座
を見たり(3回まで見た)、アンプのマニュアルを
改めて読んだりしました。

結局ギターじゃん! 
ここ、つっこむところです…sweat02

しかし、このマニュアルが何回読んでも、わからん!のです。
時間があったので、何がわからんのか図解してみました。
下の画像をクリックで拡大表示されます。
そして「こんなこともわからんMIKIは○○か?」と思わず、いや思っても
「戻るボタン」で戻ってきてくださいネ

Amp_3

分類し、アンプの説明書きのわからないところを抜粋してみたのです。
赤字で書いてあるところが特に「わからん」とこです。
エフェクトコントロールの説明はもっと難解なので除外。
英語を英語で解説してもらったって、日本人の私には
なーもわかりませんのよ!annoy
書いた人の頭を「ルー大柴かっ?」とタカトシ的にポカッとやりたい気持ちにも
なろうというもの…(暴力はいけないが)

エレキ初心者ににこの説明は非情です。
購入当初、「はぁーっ?」とキレましたが、思い直して
ネットで検索し、マニュアルは私の書き込みだらけです。

結局調べてもわからないことは、ネットで助けていただいたり、
先生に聞いたり、体験あるのみ!で適当にいじって
音源と近い音が再現したときの設定を書きとめたりしてます。
マニュアルをいちいち読むのは無駄かと思ってます。

とはいえ、ひとたびギターとつないで、調節してみれば音が劇的に
変化するこのアンプが大好きなんですけどネ heart02エヘ
かわいさ余っての感情でした。

まだまだ不慣れな私のアンプ。
使い慣れたころマルチエフェクターにトライしたいとも思っているんですが
いつのことやら…?

エレキギター初心者のなかにはこの難解なマニュアルへの思い(怒り)をトゥギャザーしてくださる
人がけっこうおられるのでは?と思い書きました。

こんなこと言うのが私ひとりだったら… 泣きっ面にビー!weep

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ←ランキング投票できます。押してくだされば、励みになります♪
にほんブログ村

|

« 手放す曲を動画UPします。 | トップページ | ルー大柴的でなくなったマーシャルMG30DFX図解 »

エレキギター関係」カテゴリの記事

コメント

私のリアル友達のblogです。cocologなのはたまたまです。こちらを聞いてみるといろいろわかるんじゃないでしょうか。

http://pepsiman.cocolog-nifty.com/diy/cat5224674/index.html

投稿: Picks Clicks | 2010年5月 6日 (木) 00時49分

>Picks Clicksさん
こんばんは~
お友達のサイト、教えてくださり、ありがとうございます♪

さっそく伺いました。
音の比較があり、最初は「おおーっ、なるほど」と
思っていたのですが、途中からやっぱり頭がこんがらがってきました。
たぶん夜中で眠くなったせいだと思います。
…と思いたい。頭脳のせいではないと…(;;;´Д`)

後日仕切り直しで、シャッキリと臨みたいと思います。

投稿: MIKI | 2010年5月 6日 (木) 01時11分

MIKIさんMIKIさん
疑問を持つステージにすら立っていない
初心者未満の人間がここにいることを お忘れなく~~~smile

逆に私には勉強になります この記事

しかもうちと同じアンプですから 実用的!
ありがとうございます!!


ゲインは 歪みの量かもしれませんね

ディストーションは マーシャル特有の歪み方?


ゲインを低くする(少し歪ませる)と
昔のロック(ブルースロック)風な音になりますよ

ゲインを高くする(沢山歪ませると)と
HR/HM系の音になりますよって意味だと思います

私が今 練習してるACthunderDCなんかは
ブルースロックとは言えないほどに よく歪んでますが
歪ませすぎると 生っぽさがなくなってしまうので
ほどほどにつまみを調節すればいいのかなって思いましたnotes

投稿: Queico | 2010年5月 6日 (木) 09時23分

驚いたのは クリーンチャンネルのボリュームです

流石マーシャル 音量を上げれば クリーンでも歪むのか!と
チューブアンプぽい設定に ワクワクしました

と言うか 他のアンプでもこんな感じなんでしょうか??
※今 恥ずかしい発言をしたかも 私・・・

でも 勝手に歪まれちゃあ困ることもありそうだし
マーシャルの遊び心なのではないかなと予測したんです


クランチってのは うすーい歪みの掛かり方らしいです
※夫談

昔のロック風

ブルージーってのは ブルースっぽい 生っぽい音?

ロックをブルースから派生したものだと考えると(大雑把ですみません
チャック・ベリーとか そう言う人たちが走りだと思うんですが
ツェッペリンとかストーンズとかが 音を歪ませはじめたのかな??と・・・

だから クランチってのは
彼等ぽい音なのではないかと想像してます

私は「古いバンドと言えば サバス!」みたいなことを
平然と言う人なので そこら辺のこと詳しくないんですが
詳しくないなりの アレ・・・思い込み?


実は マーシャルアンプの音を家で聞いて
これならVOXのミニアンプで充分だ・・・と ガッカリしてたんです

でも かなり 興味が沸きはじめました!!ありがとうございます!

そうか・・・ボリューム中以上で クランチモードか・・・(ぐひひ

投稿: Queico | 2010年5月 6日 (木) 09時44分

歪みの種類によって 音の伸びは変わると聞いてます

なので オーバードライブチャンネルのボリュームですが
音の伸び方が変わるってことじゃないでしょうか?

例えば ディストーションは サステインが伸びるそうです

これはマーシャルアンプなので
サステインが伸びるって意味かも??

サステインって言うのは 音の伸び具合・・・かな(汗

よほど 音を故意にきろうとしない限り
よく伸びますよって意味じゃないかと思いました


・・・と 長々とすみません

想像力だけはたくましい 初心者未満の意見と言うか 予測です

詳しい方が沢山いらっしゃるので
私も一緒に勉強させてください!!

投稿: Queico | 2010年5月 6日 (木) 09時54分

基へ トゥギャザーさせてくださいsmilesweat01

投稿: Queico | 2010年5月 6日 (木) 09時56分

わーい、queicoさんなら トゥギャザーしてくれるかしら?と思ってました。sun
日本でこのアンプのマニュアルに?となっている誰かもう一人の目にとまるよう、
この図を皆さんのお知恵を借りて、書き換えようと思ってます♪
queicoさんの解釈も参考にさせてくださいませ。

投稿: MIKI | 2010年5月 6日 (木) 10時06分

これは難しい質問を(笑)
ギタリストのトップシークレットです(笑)

え~まず“歪み”について
その昔は音をひずませると言う概念がありませんでした。
よってどうしてあの音を出したかと言うと
単純にアンプのヴォリュームを全開にしてスピーカーに高負荷をかけてひずませてたわけですね。

もちろん大音量になりますので一般家庭では出せない音だったわけです。
そこで出てきたきたのが“GAIN”というつまみ。
Volをちょっとだけ上げてGAINをMAXにするとあら不思議小さい音でかっちょいい歪みが得られるようなったわけです。

で、簡単に言うとこの歪みの種類によって読み名が違うわけです。

歪みがきつい方から
ファズ>ディストーション>オーバードライブ>クランチ
って感じです。
まぁ、ブルージーとか色々他にもありますが
歪みのかかり具合&トーンによって読み名が変わるだけです。
ようは感性です(笑)

「あ、なんかブルースみたいな音!」と思えばそれがブルージーってことです(笑)

で、MIKIさんが持ってるマーシャルが優れていると言われているのがこの歪みの特性です。
元の音がぐちゃぐちゃになるような歪みしかなかったころ
きれいに音が聞こえるということでロックのアンプはマーシャルってことになったんですねぇ・・・

まぁ、なんにせよ深く考える必要はないです。
「あ、この音好き!」思えたらそれでOKです。

ま、実際には家で弾くのとスタジオやステージで弾くのではいいと思う音が違ったりして大変なんですけどね(笑)

こんなもんで勘弁してください(笑)

投稿: FINE | 2010年5月 6日 (木) 14時16分

今しがた クランチモードを試してきました

先に FINEさんのコメントを読めばよかったです・・・down

音をアンプで歪ませること・・・それは
非常におバカで不謹慎(非常識)な行為なのかもしれません

なぜ ロックで歪みなのか わかったような気がします

どんなアンプだって 音が大きければ歪むだろうと そんな感じsweat02
※すみません 動揺で文章がまとまらなひ・・・

なんと言うか 秋の大運動会
騒がしい子供たちを教頭先生がメガフォンで一括

そこでお決まりのハウリング──の 一歩手前って感じです

普通に メカのほつれ的な音でした
私にはそう聴こえました・・・Orz

夫曰く「歪みにくいアンプもあるかもしれないよ」だそうですが・・・
まさに ロックです クレイジーです

思いの外スッキリしたので
しばらくマジメに生きていこうと 心の底から思える現時点・・・

「クランチモードになり・・・」と 勿体付けて説明するほどの
作為的なものではないと思います
※作為的なものだと取った私が浅墓なんですがcoldsweats01

自然に歪ませようとしたら 余りにも暴力的(反抗的)なので
今後は 歪みは迷わず 作ってゆこうと思いましたまるsmilescissors

投稿: Queico | 2010年5月 6日 (木) 16時24分

Queicoさん

おっしゃるとおりです。
元々は「歪ませる=間違ったアンプの使い方」でした。

しかし今やエレキギターは歪ませることがスタンダードになっています。

よって“どれだけ歪むか?”がアンプの良し悪しをはかる目安になっちゃったんですね。

Queicoさんが否定なさってますが
今はむしろ“作為的に”歪みを作ってるわけです。

ま、本来はクランチモードなんていうのは無理やりであって歪ませる過程で出てきたのがクランチってわけです。

大昔はアンプのスピーカーにカッターで穴開けてわざと歪んだような音を出してたっていいますからね。

よい世の中になりました(なんちゅう締め方じゃ?)

投稿: FINE | 2010年5月 6日 (木) 17時16分

>FINEさん
こんにちは~
わわっ、
と、トップシークレットでしたか!
これは、だいそれたことを…
ギターを買った時もそんなことを言った覚えが…(^-^;
知らないということは臆面がないということで
食いさがります。

ゲインは小さな音量でも歪んで聞こえるという便利なつまみなのですね♪
で、それはロックの歴史においてマーシャルご自慢のものであると。
わかりましたっflair
勘弁もなにも、由来というものがわかり、理解がすすみました。ありがとうございますlovely

>Queicoさん
こんにちは~
クランチモードって
クリーンチャンネルで、中以上に音量を上げてみたってことですか?
そしたら、暴力的な音であったと?

それじゃ、マニュアルにあるブルージーで気持ちのよいディストーションとは言えないですよねー
あれっsign02
私も試してみよっ!でも、ヘッドフォンでは再現できないかしら?実音はご近所から苦情が来るだろうし…
ここは何だかの注釈を入れる必要がありそうです。
試してくださり、ありがとうございます。(◎´∀`)ノ

投稿: MIKI | 2010年5月 6日 (木) 17時47分

FINEさん ありがとうございます 勉強になりますhappy02

歪んだ音自体は大好きなんですが
予想外の爆音に 度肝を抜かれてしまいましたcrying

それで MIKIさんにはクランチモードのテストはすすめちゃダメだ!と
つい 必死になってしまいましたsmilesweat01

スピーカーにカッターとは 振動を増やすってことでしょうか

なににしても 遊び心満載で 楽しいです!

歪んだロックの音は 抑圧されたなにかを代弁をしてくれているようで
聴くと心が落ち着いていたんですが
少し その理由がわかったような気がします

音の使い方の取っ掛かりができたようで とてもうれしいですshine

と言うか MIKIさん!!
コメント欄を埋め尽くして すみませ~~~ん><

投稿: Queico | 2010年5月 6日 (木) 17時53分

>Queicoさん
あはは、ほとんどチャット状態になってますねー
やっぱりすごい爆音だったのですね。
それは図に書きれないとね。爆音注意と
ご近所さん、大丈夫でしたか?感謝です。shine

投稿: MIKI | 2010年5月 6日 (木) 17時59分

そうです うちにはヘッドフォンがないので
そのまま試しました(ぴゃ~~~wobbly

飼い猫さんなどは 尻尾を股に挟んで逃げて行きましたよ

住宅地でやることじゃなかったと反省してますcrying
※マーシャルに慣れてないからできたことかもしれません

でも 然るべき所で試したら きっと 気持ちいいと思いますよ!
と言うか かなり楽しいと思いますhappy02

いつか レンタル部屋(?)で 色んな歪みを試そうと思いました!!

取り敢えず マーシャルの置いてあるとこを探してみようと思いますgood

投稿: Queico | 2010年5月 6日 (木) 18時00分

>読んでくださっている皆様へ
ここまでで、すでに着々と図への改定が進んでいます。happy01
(たぶん私の解釈が間違っていなければ)

でも、まだわからないことは

ボリュームを上げるとアンプのサウンドとフィーリングはルースな感じになります。

これなんですが、ルースとは英語のlooseつまり
開放された、とか野放しの意で
音量を上げるとそうなっちゃうってことでも良いでしょうか?

投稿: MIKI | 2010年5月 6日 (木) 18時18分

To.MIKIさん

ルースな感じ・・・多分マーシャル独特の言い方でしょうね。
おっしゃるとおり“開放された”が正解かもしれません。

家電と違ってアンプはVolを上げることにより
音質が変わります。
(特に真空管は顕著です)

同じセッティングでもVolのつまみの位置によっては
音が変わってくるわけです。

単なる音量調整ではないところがアンプの難しいかつ面白いとこなんですけどね。

つまりマーシャルが言いたいことはVolを上げるとルースな(開放的な?)音に変わりますよってことでしょう。

この“ルース”という単語はギター界でも市民権を得てませんから(笑)アンプに関する一般常識ではないのでご安心を(笑)

投稿: FINE | 2010年5月 6日 (木) 19時33分

>FINEさん
こんばんは~
ギター練習の前に、もうちょっとこの図を手直しと思っています。

ルースの意味、ありがとうございますhappy01
助かりました♪

実は今度はコンツアーで悩んでいます。
もう、ここは、実際にいじって体験で、書かなくてもよいかとも思うのですが…

一応、英語の文章をあとで書いておきます。
音の変化は確かに大きいつまみなのです。
これは私が体験済み。

投稿: MIKI | 2010年5月 6日 (木) 20時06分

コンツアーをくわしく説明すべきか考えています。
中音域を劇的に変化させるというのはもちろんいれますが。そのほかに…


ドライブチャンネル、コンツアーの日本語説明
トラディッショナルでウッディーなトーン(設定=0)からパワー全開(設定=中間)を経由してミドルをスクープしたアグレッシブでモダンなトーン(設定=0)まで多様な音づくりが可能です。(。>0<。)

わ、わからん!

では英語説明文
Thte tone can range from traditional and woody sounding (control set at 0),
to balls-to-the-wall(control set midway), to agressive,
''scooped''and modem(turned up to 10)...and all points in-between.

中音域の変化の度合いと音色を知っている人でないとわからないかなぁと。
トラディショナルでウッディーな音って?
balls-to-the-wallは全力で、とかきっぱりとかという意味みたいで、日本語マニュアルではパワー全開となっているようで。これもなんだかわからず。

私もここをよくいじるのですが、とにかくよく変化するとしかまだ言えず…です。


,

投稿: MIKI | 2010年5月 6日 (木) 20時23分

ようは音色が変わるってことで・・・(^_^.)

投稿: FINE | 2010年5月 6日 (木) 20時47分

>FINEさん本当に本当に、ごめんなさいねーsweat01
いっぱいつきあっていただきました。
このご恩は忘れませんsign01

はい、これで大丈夫です。
すごく助かりました。
現段階での改訂版をUPします。

たぶん、Queicoさんと私は性格が少し似ているかも。
眼前のことに夢中になるタイプ…?
とまらないんだなぁー コレが。coldsweats01

よしっ、UPしてギター練習します!

投稿: MIKI | 2010年5月 6日 (木) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214657/48281493

この記事へのトラックバック一覧です: ルー大柴的アンプのマニュアル:

« 手放す曲を動画UPします。 | トップページ | ルー大柴的でなくなったマーシャルMG30DFX図解 »