« スタジオ行って実験 その1クリーンの音 | トップページ | 実験その3 フットスイッチ借りてみた »

実験その2 バイパスしてみた

このまえはとりあえず、スタジオにあるマーシャルのアンプを
ギターと直結して、クリーンの音を出してみたら…
ということを実験したつもりです。

あ、それから、スタジオにある真空管アンプを使うときの注意
これ!大切ですねsign03

電源ONしたら、しばらくしてスタンバイボタンを押す
で、電源を切るときは、スタンバイスイッチから押して…

費用面でも維持が大変な真空管アンプを使わせていただいているんですものね。
きっちり習慣にしなくちゃね

で、今回はエフェクターをつないだときを考えてみました

でね、たとえば、エフェクタを
つないだけど、なんだか設定が変になってて、
アンプの音を生かしたくなった!でもエフェクタを
外している時間の余裕がない!
という時を
想定しまして(そんな時って、意外にあるかもですヨ)

エフェクタをつないだまま、アンプの設定のみの
音を出す「バイパス」実験をしてみましたー
で、ME-25の場合は、チューニングする操作をしたら、バイパスされる
そうなので、2つのフットスイッチを同時に踏んで
チューニングモードにしてみたわけです。
で音出してみたら…

ち、ちっちゃ!

ずいぶん音量が小さくなりました。
とても動画に撮れないよ…
なので、動画でも話している通り、アンプの音量だけは上げています。
他はさわっていません。

追記バイパスにしたら、音量が変わってしまう時は
マルチエフェクタの設定で一致させたほうがよいと
ブロ友さんからアドバイスをいただきました。shine

私はエフェクタをいろいろいじってメモリ保存してましたので
この際初期状態にもどしてみました。
この状態でまた、スタジオへ行って確認し、必要ならメモリに音量を記憶させたいと思います


YouTube 別チャンネル作ったんだよーnote

さて、その音は…
うーん、ふ、普通のクリーン?
これがパイパスです。いいんじゃないでしょうか。使えます。
ここで得た結論
エフェクターの音でなくて、アンプ本来の音を
出したくなったら、いちいちエフェクターはずさなくても
バイパスにしたらよい…とこう考えました。
(あってますかね…)
では、エフェクターに設定されている「クリーン」の音使ってみよう!

おおーっ、響きが深いですねぇー
これは、効果が入っていますね。えーとリバーブ?
「天国への階段」バッキング弾くときは、いつもこの設定選んでますよ。
アンプでもつくれないことないでしょうが、スタジオにあるアンプの機種
ごとに違うから、私には無理。
では、ここでも結論

あちこちのスタジオでいろいろなアンプを使い
いろんな曲を弾くのなら
エフェクターを持っていくほうがよい
(私の場合)

さて、次回はですね
そんな重いエフェクタなど持たず、身軽にスタジオ行って
スタジオのアンプで音を調節するが
あら!曲の中でとクリーンと歪ませた音を切り替えるのよ!
さて、どうしましょ
というお悩み(誰の?)に対応した動画をですね…見ていただこうかとcoldsweats01

え、何かって、ほれ、噂のフットスイッチですよ。

は?実験動画ばかりかっ!曲はちゃんと弾かんのかって?sweat01
え、ええ、、今、地味な練習とかスタジオで合わせる曲練習やってまして
いつものYouTubeへのUP曲がありませーん
でも日夜すごい練習してるんですよ。
すごいといっても時間だけですが…
わけがわからんもん、練習してるんです
弾けない!覚えられない!(名曲だけど)

実験動画、見ていただき、ありがとうございます

ふーん、じゃそのすごい練習量に免じてポチしてあげるよと
思われた優しいかたに感謝します。ランキング投票参加しています

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

|

« スタジオ行って実験 その1クリーンの音 | トップページ | 実験その3 フットスイッチ借りてみた »

エレキギター初心者記録」カテゴリの記事

コメント

楽しんでますね。
観ている私もワクワクします。
私もスタジオ行きたくなりました。

音量の違いは、アンプの音量が小さいのではなく、ME-25の音量レベルの設定が大きいのではないかと思います。
エフェクターのオン・オフでも音量が変わらないようにセッティングすることは大切なことです。
様々なアンプで音量差はありますが、あんまり差はないので、一度セッティングしてしまえば音量はそろうと思います。

私はJVMよりもJCM2000のほうが好きですが…
JVMはエフェクターなしでも多彩な音が出せる良いアンプだと思います。
多彩な音が出せる反面、フットスイッチがやたらとめんどくさいことが…
フットスイッチの使い方・セッティング方法も含めてMARSHALLのサイトから取扱説明書をダウンロードしておくと便利だと思います。
http://www.marshallamps.jp/jvm.html

http://www.marshallamps.jp/handbook/jvm/jvm2_hbk_jp.pdf

投稿: じろすけ | 2011年6月 1日 (水) 19時49分

うわー、 楽しそうですね。

私は家でもほとんど、ギターアンプ使ったことなかったので、今日久々に電源入れて見ました。 家でもかなり興奮するのだから、スタジオならその興奮は凄いのでしょうね。 

ふむふむ、真空管アンプにはスタンバイSWがあるのですね。 覚えておかねば。 スタンバイは日本語的に考えちゃうと、準備という意味だから、 なんか電源入れる前にオンにしちゃいそうですね。  まったく逆なんですね。  あ、 これ困りそうですね。 どっちだったけ?  って、 本番で悩みそうです。 (笑

投稿: ゴルッテリア | 2011年6月 1日 (水) 20時43分

>じろすけさん
はい、この日は2時間ほどいたのですが
いろんなことして遊びましたよー
果ては、マイクスタンド立てて、歌いながら弾いたり…coldsweats02
で、ボリュームは、あっ!エフェクタでの音量設定でしたか!
な、なるほど、私はエフェクタの音量を変えて、メモリ保存している可能性大です。

つまりエフェクトON/OFFでも音量が変わらない…という状態にするべきなのですね。

ふむふむ、どうしようかな…この際、エフェクターのメモリを初期状態にもどそうかな…
そっちのほうが、手っ取り早いかもです。

で、フットスイッチ…はい、4つも踏むとこあるのを借りましたよーsweat01
そのことは次の動画で…

取説のURLありがとうございますshine
基本情報知って前面パネルを操作するのが、やはりいいですねー 良く行くスタジオですもん。

投稿: MIKI | 2011年6月 1日 (水) 22時45分

>ゴルッテリアさん
いいですよースタジオで、でっかい音note
スタジオの空いている時間をねらって、ヒョイと行く…というのもいいと思うのです。

そうなんですよ。スタンバイスイッチ。
私も最初「なんだ、これ?」とか思いました。
スタジオによってはスイッチ付近に注意書きが貼ってあるとこも。

それくらいしてくれたら、助かります。
なーんも知らない初心者が、最初から音量つまみを右にいっぱいまわした状態で、バチッ!は、たぶん
とてもannoyなのでしょうね。

あ、わ、わたしは、やってません、よ、よ…
………
白状すると、いきなりバチッは、やったかもしれません。
で、でも音量は度胸なかったから上げてないと、思う…

投稿: MIKI | 2011年6月 1日 (水) 22時55分

マルチエフェクターは難しいですねー。

バイパスまだ理解してませんが、エフェ
クターをスルーするのでしたよね?でも、
チューニングモードと言う事で音が小さ
く成るという事は、何かしろ内部の電気
系統を通しているという事ですよね?
うーん、いまいち解らないです。

動画、色々試して勉強している所、
とてもすばらしくGOODですよ。good
これからも、頑張ってください。ポチッとな!

投稿: グリムおやじ | 2011年6月 1日 (水) 23時38分

>グリムおやじさん
エレキギター…エレキっていうくらいで、関係するものも私の不得意分野、メカとか電気の知識とか技術系が多くて、もー大変です。

でも、「私、メカオンチだから…heart02」とスタジオで隣の人にすりよる年齢をはるかに超えていますから(#^.^#)努力しなくちゃ!とは思ってるんですけどねぇー

で、かくなるうえは!と皆さまを巻き込んで、ブログの記事にしてしまう、狡猾な私でございます<(_ _)>

で、情報を得て何もしないのはいけませんから、今さっき、エフェクタを初期状態にして、音量一致を試みてみました。
初期状態にしたら、音量にすごい差がなくなったみたいです。
うまくいったかもです~scissors
ポチありがとうございます<(_ _)>

ただ、メモリによって、音量差があります。
これは仕方ないのかな…

投稿: MIKI | 2011年6月 2日 (木) 00時36分

スタジオ広そう!(゚∀゚)
アンプによって音色変わるから色々試すと楽しいですよね♪
歪み系は音量上がりがちだから揃えるの忘れると
ドギャーン!です。
動画、お顔が見えそうで見えない技術がすごいw

投稿: はに丸 | 2011年6月 2日 (木) 01時08分

こんばんは。

砂嵐㊥のJamieでごじゃります(謎)

>ち、ちっちゃ!

この問題に関しては、既にアドバイスを頂いて、
解決したようなので良かったですね~♪

ご存知だとは思いますが、私はコンパクト派なので、
マルチの事は、よく分からないのですが・・・マルチって、
メモリ登録すると音量まで固定されるのですか?
・・・って、何、逆に聞いてるね~ん、私(笑)

コンパクトを、ズラズラと繋げる私はバイパスしても、
直結と同じ様な音圧は出ない(音ヤセ)から、
MIKIさんが、マルチ博士shineになったら教えてもらって、
マルチに切り替えようかな~。な~んて( ´艸`)

アンプのつまみを右いっぱいに回した状態で、
バチッ!・・・は、多分、とても・・・
いや、ご法度ですshock(笑)
真空管が、おなくなりになる場合があると思われます(苦笑)

ONする前はツマミが全て0になっているか確認して
ポチッとなflair
OFFする前もツマミを全て0にして、ポチッとなdown
ですね+.゚(●´I`)b゚+.゚ビッ!!

あ、ちゃんと、「ポチッとな♪」って、言いながら
やって下さいね(なんでや・爆)


投稿: Jamie | 2011年6月 2日 (木) 01時51分

>Jamieさん
砂嵐中ですかー?私は今週から大ヘコみで、心身ともにヘロヘロと生きています。ま、そんな時もあるか…と様子見です。
マルチ博士にはなれませんねぇー。初期状態に戻したのも「たぶん、私は知らずにいろいろいじったのだろう」という自信のなさからです。(#^.^#)

自分のエフェクタは知らずにいじっても、スタジオの機材を、いいかげんに操作するのはダメですね。
無造作な動作をしないよう、気をつけなくちゃpaper
スタンバイボタン、「ポチッとな♪」と言いながら(^_-)-☆

投稿: MIKI | 2011年6月 2日 (木) 07時40分

>はに丸さん
そう、昨日、エフェクタを初期状態にもどして
ひとつひとつメモリを自宅のアンプで鳴らしたら
歪み系は、ほんとドギャーン!といきなり大きくなりました

そういうように最初からなってんだぁーと、なすすべなく確認だけしました…orz

で、顔だけ移さない技術!
この日は、実験動画、たくさん撮ったのですが、今のところセーフのようですね。でも、よく失敗するんですよー。そのうち「ま、いっか!」となりそうですsweat01

投稿: MIKI | 2011年6月 2日 (木) 07時46分

いろいろ、試してますね~(笑
説明してる生声に気を取られたんで、何回も観ちゃいましたよ!!
ラインならミックスダウンする前に音量を調整できますが、アンプの場合は難しいですよね~

投稿: DON | 2011年6月 2日 (木) 20時39分

>DONさん
エレキギター界は、「弾く」ということ以外の
「?」が、たくさんありますねー
ひとつ、ひとつ試して、またそれが新しい「?」を
呼び…で、キリがありませんよー…sweat01

電気的な知識がないから、つながりで覚えられないのです。
経験値でいくしかありませんね。

で、説明いちいち喋っているのはですね、これがないとあとで動画自分で見て、「あれ?これ何の設定だったか?」とケロッと忘れるからですよー(;´▽`A``

投稿: MIKI | 2011年6月 2日 (木) 23時21分

私の場合もME25のメモリーから呼び出すといきなり爆音になったりして悩みました。
いくらCOSMのボリュームを絞っても爆音になってしまうので壊れているのかと思い何度も何度もローランドに
問い合わせを行いました。

結果、ME25のボリュームに関する私の大きな勘違いがありました。

パラメータを呼び出したときはCOSM(AMP MODLING)のつまみは一切呼び込まない
そうです。 従ってCOMSのボリュームをいくら0にしておいても、パラメータを
呼び込んだ時は、記憶されているボリュームの値が有効となるので、たいていの
場合、特に歪み系は爆音となります。

従って今は、例えばクリーン系と歪み系を使う場合は、ボリュームを含む音色を
決定してからメモリーします。 それをメモリー1に設定したら、 歪み系は
クリーンの音に対して音量を決めてからのその音量をメモリー2にセーブします。

基本の設定のままだと、クリーン系は小さすぎて、歪み系は大きすぎる設定なので、
そのまま、つかうと、いきなり爆音がでてしまうので、
近所からクレームが来てしまいます。 (笑

ヘッドホンのプラグを抜いているとアンプシュミレーターがオフになるというのと、
ちょっと矛盾しているようですが、実際やってみると、私の場合はパラメータ毎の
音量設定はできるようになってます。 ただ私の場合は家で鳴らせる程度の音量です
のでスタジオなどの大音量の場合、音量バランスが取れるかは不明ですが。

投稿: ゴルッテリア | 2011年6月 3日 (金) 09時11分

>ゴルッテリアさん
ゴルッテリアさんも音量の差で困りましたかー
やっぱり音量はメモリに保存して揃えるみたいですねー
最初から差がある。
私もメモリを初期状態にもどしても、歪み系は爆音だなぁーと思っていたのですよ。
で、とりあえずこのまま、あまりいじらないようにして…
ひとりスタジオをしたときに、そこのアンプで必要な音だけ(たとえば曲の途中で切り替える場合の音)、大きな音量差が出ないように保存したいと思います。
私のME-25は、やはりお出かけにつれていく子なので。
家のアンプに合わせていろいろいじくった結果、私の場合、発表会のときに
「全然音量違うやん!」になりましたので、今度はスタジオのアンプに合わせて設定してみます。
で、スタジオのアンプごとに「違うやん!」となったら…sweat01
その都度保存なのでしょうかねぇーbearing
このあたりはっきりしないので記事もちょっと書き換えました。
マルチエフェクタ、けっこう使い方難しいですー、
ギター初心者なら、「便利やん!」と手にとるものだと思うのに言葉からして、ちんぷんかんぷんですよ。annoy
そうそう、マーシャルのアンプ説明もそうだったなぁー
知っている人向けに取り扱い説明書も書いてあると思うのです。
私はコンパクトだって使ったことないのだもん
使いながら、学んでいきたいですねぇー 粘り腰でがんばりましょうねぇーup 

投稿: MIKI | 2011年6月 3日 (金) 12時30分

まいどです。
いろいろ試行錯誤されているようですね。
ME-25は使用したことないのですが
かなり高性能で良い音が出るようですね。
私も欲しくなってきました。

マルチを常に持っていかれるのであれば
トランジスタアンプの方が
勝手が良いのではないでしょうか。
マルチの中で出来上がった音を出力するだけなら
真空管は逆に邪魔のような気がします。

私ならマルチを使用するのであれば
JC-120などを選択します。
逆にアンプ直結で質の良い歪を出したい時は
真空管アンプを選びます。

MIKIさんはどうおもいます??
私はスタジオ経験は殆どないので
ド素人の意見なんですよ。

投稿: たむ~ | 2011年6月 4日 (土) 08時55分

>たむ~さん
そうなんですよー
私も調べてみたのですが
JC-120で使うのがよいらしいとわかったところですー
でも、バンドリーダーがジャズコーラスを使われますので
私はマーシャルを始めに慣れておきますね。
で、ひとりスタジオの時は、ジャズコーラスにも慣れておく練習します(^O^)/

ひとりスタジオもいろいろやりたいことあれど
肝心の練習がおろそかになるので、あまり頻繁に行くのはやめますが、動画は撮りためましたので次回の記事も
スタジオの動画載せさせていただきますcoldsweats01

投稿: MIKI | 2011年6月 4日 (土) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214657/51827084

この記事へのトラックバック一覧です: 実験その2 バイパスしてみた:

« スタジオ行って実験 その1クリーンの音 | トップページ | 実験その3 フットスイッチ借りてみた »