« スタジオで弾くソロパート | トップページ | ピック、長持ちするようになったよ♪ »

Marshall JCM2000 とRoland JC-120 比べてみた

先日ホテカリのソロを個人練習したとき
同時に撮ってきました
Marshall JCM2000 と Roland JC-120で同じ曲を弾いてます。

あ、私のギターの弾き方については、今回スルーの方向で
いや、弾き方が悪いから、こんな音なのだ!というご指摘ならば
それは受け止める方向で…coldsweats01

で、何してんだ?です

一応音の比較についてです。

このふたつのアンプはスタジオで一般的に使われていることが多いみたいなので
音の特質みたいなのがどんなんかなぁーと興味持ったわけです。
そこで実験
どちらのアンプも、基本的な設定にしてます。(のつもり)
JCM2000 はチャンネルふたつあるからクラシックゲイン
JC-120は左端のチャンネルのLow使用
ローランドのマルチエフェクタ ME-25の同じメモリを使用
ギターも一緒で弾く人も一緒(*^_^*)

ならば、違いはアンプだ!ってことで、
結果はこんな感じです。

もちろんエフェクタの音選択ででそれぞれのアンプの個性が強く出る、
出ないはあるんでしょうけどね。
クリーンでやれたら、またおもしろかったでしょうが、時間切れで。

けっこう違いますよねー

何がどう、というのは専門的知識がない私ですから、書けませんが
聞いていただければわかりますよね。
実際スタジオで聞くと「マーシャルのほうが、あったかい音がするような。
ヒジョーに抽象的な表現ですが、うーんやっぱ真空管のイメージですね。
白熱灯と蛍光灯のような違い?
どちらも良い音だと思いますよ。

皆さんは、どう思いますか?

エレキギターの音って、いろんな要因ですごく変わりますよねー
ギターの種類、選んだピックアップ、アンプ、エフェクタ、弦、ケーブルもかな
(もっとありそう)
あと鳴らす場所(宅録かも含めて)
そして弾く人。(問題はそれだっ!)

それでも「このギターならでは!」という音は、いろんなことをも越えて
わかるものなのでしょうねー
それでなければ皆さん、いろんなギターを使い分けないですよね。

最近私は、このストラトタイプばかりスタジオで使ってます。
だってやっぱり軽いのですヨ!1キロくらい違うかな

で、ホテカリのソロはこのギターのほうが今は弾きやすいです。
もちょっとしたら、どっちでもOKさ!となる予定(あくまで予定)
ですので、そのときはレスポール持っていこう。

そして選ぶアンプは、やっぱりマーシャルでしょうね。

なんか私の頭の中には「レスポール+マーシャルのアンプ」という
組み合わせが刷り込まれてますよ。
あ、ギターの先生からだったっけな?
「あなたの選ぶ音はレスポールとマーシャルアンプの音が多いですよ」
と言われたのです。だから、両方手に入れました。

でも、その音というのは甘くて高い音じゃなくで、
ズバーンと和音で出す音のほうを言われていたと思います。
今はギターの奏法を知りたくて、その音を出す曲を最近弾いてませんが
もうしばらくしたら、その真骨頂みたいな曲をドカーン!と弾いてみたいです

今でもハードロックおばさん目指しているんですよ
ただ、そのハードロックだってちゃんと知っているわけじゃない。
ロックの良い曲はハードロック以外にもたくさんあります。
なので、ご縁と必要の関係で、いろいろ弾いているわけです。

私はこれからおばあさんになるまで弾く予定(またもや予定)なので
そこは焦らず取り組みます。
あまり意味のない動画だったかもしれませんね。(^^ゞ

ま、いーさ、ポチしてやるよ…というかたに感謝
↓ランキング投票です。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

|

« スタジオで弾くソロパート | トップページ | ピック、長持ちするようになったよ♪ »

エレキギター初心者記録」カテゴリの記事

コメント

うーん、やっぱりずいぶん違うんですね
僕の場合、ギターを再開してからは一度も
スタジオ等に行ってませんのでアンプを通して音を出してません(涙)
以前ギターを引いていた頃はリードGはマーシャルでブイブイ弾いて
バッキングはジャズコで・・・
みたいな感じでしたねぇ〜
マーシャルはエフェクター無しでも結構良い歪が出ますから直結が多かったかもです。
ジャズコの場合はエフェクターで歪を足してましたね〜

投稿: Ponつかだ | 2011年10月30日 (日) 18時46分

ローランドとマーシャル永遠の憧れです。

トランジスタと真空管って、今の世の中では両方とも死語です。 ギターの世界では永遠に続くんでしょうね。
私の頭の中でも「レスポール+マーシャルのアンプ」は最強の組み合わせで、これこそがRockです。 
永遠に続いてほしい物です。

でも、トランジスタとか真空管って、どこで作っているんだろう? もう今ではギターアンプ以外では使ってないんじゃないのかな? 採算あうのかな? なんて、余計な心配してしまいます。 (笑

投稿: ゴルッテリア | 2011年10月30日 (日) 20時12分

上の動画がMarshall?
下がジャズコなのかな?

MarshallとJC、どっちがいい音か?
なんてのは愚問ですね。
どちらも実績充分、由緒正しきアンプです。

となると好みなんですが・・・
どっちが好みですか?っての愚問です。
どっちも不可欠な音を持ってますので
好む、好まざるに関わらず使わないとダメですから。

私がJCを好んで使うのは音が好みだとか音がいいからじゃないんですよね。
音作りがしやすいって理由だけです。

もしレコーディングとか時間に余裕があったら
Marshallでじっくり音を作るかもしれませんけどね。

なかなか簡単にMarshallの音って言いますが
真空管はやはり気難しいです。
毎日違う音になります(笑)

それがMarshallのよさであり短所でもありますから。

ですからMIKIさんも「アンプはMarshall」って先入観は持たず色々試してみることですね。

ま、MIKIさん自身も書かれている通り
音のよさに一番影響するのは「弾く人の気持ちと弾き方」ですけどね(笑)

投稿: FINE | 2011年10月30日 (日) 21時42分

kageGじゃよ。こんばんは!

いやいや、次から次にUPするモンじゃから追いつかんワイ(笑)
色んな実験をやっておるようじゃが、科学者じゃの。
どっちのアンプも良い音がするのう。
マーシャルもJCもローランドもフェンダーもVOXも
それぞれすばらしいメーカーじゃよ。
われわれアマチュアは、たぶんじゃが、シングルの音、
ハムの音の違いが本当に判っておるのかどうか疑問
じゃな。(Gだけかもしれんが・・・・)
Gの使用しているアンプはローランドとフェンダーじゃが音の違いがほとんど判らんのじゃよ。
アンプとギターのボリューム、トグル、セレクターの
位置、クリーン、ディストーション、サスティーン
ディレイ、組み合わせは無限にあるのう。

自分自身が、この曲にはこの音、このリズム、このボリューム、ここはこの奏法は良いなあと思えばそれは世界で最高の音なんじゃな。
しかし、仲間と集まり皆で1つの音を出そうとすると自分ひとりだけではない別の話になるんじゃなア。
それぞれのパートである程度以上のテクニック、感性
表現力なんかがひとつにまとまっていく・・・
バンドってのはそこが一番楽しいんじゃとGは思うておる。だから、上手くても下手でも皆んな続けていけるんじゃな。

MIKIさんのレスポールはマーシャルという想いが
ギターの先生からの知識だとすれば、恐らく先生はクラプトンが大好きな先生じゃなかろうかの?
それから今回の動画でちょっと気づいたことがあるんじゃ。それはギターはSSH? そうだとしたらセレクターの位置はハムにしとる?
以前の動画と比較してみたが、手首のスナップが良くなっているように感じるんじゃが、意識してそうしとるんかの?まだ少しフィンガーボードに眼が行っておるようじゃが、できるだけ今のうちからサイドポジションに
慣れていたほうが良いじゃろの?
まあ生意気なこと言うて申し訳ないのう。これからも
練習頑張っておくれ。
ではでは~ おやすみ。

投稿: kageG | 2011年10月30日 (日) 23時43分

>Ponつかださん
私にはまだスタジオ
行くだけでワクワクする場所ですねぇー
慣れたらそれほどでもなくなるんでしょうかねー
必要あって、この動画のときはエフェクター使ったのですが、本来のアンプ直での音もじっくり楽しんでみたいですshine

投稿: MIKI | 2011年10月30日 (日) 23時43分

>ゴルッテリアさん
電気系統、電池の入れるのも、逆にしてしまう私が真空管、トランジスタという言葉を使っても、それが何なのか、全然わかっていないわけです。sweat01

でも真空管アンプにはスタンバイのスィッチがあり、電源ボタンを押してからしばらくしてからスタンバイを押す…というような使いかたは知っていなくてはいけませんよねぇー

やっと、スタジオのアンプ、めちゃくちゃな使いかたしないところまで…かなぁー

いやまだアヤシイか…

で、真空管、トランジスタ以外のアンプって、どんなのがあるんでしょ???

投稿: MIKI | 2011年10月30日 (日) 23時50分

>FINEさん
マーシャルとレスポールの組み合わせがどんな音かわかるためには
他の音とか組み合わせを知って「そうなのかぁー」とわかるでしょうネ
固執しないようにします。

で、「弾く人の気持ちと弾き方」ですか!
「弾き方」はもう本当に当たり前で、上手な人をもってしたら1万円以下の超格安ギターだって良い音出すと思います。

でも、「気持ち」もなんですね!
そうかぁー、そうかぁーっnote

投稿: MIKI | 2011年10月30日 (日) 23時59分

>kageGさん
一応ブログの更新ペースを週2回と決めているんです
でも、次回は…そろそろキビシイかもですー(#^.^#)
私がスタジオひとりで行くのは爆音好きもありますが、「誰かと音を合わすときに、まごまごしたくない」というのもありますー
バンドでひとつの音としてまとめようという時に「このアンプどうやって使うのですかぁー?」なんていうメンバーがいたら…
sweat01

で、kageGさん鋭いですねー
手の振りはピックを弦にガチガチ力入れて当てなくなったので、だいぶ大きく振れるようになりました
でも、手首は?なので
ホテカリの次に弾く曲はカッティング重視の曲と決めています。
フジゲンのシングルを使うつもりなのですよー
見透かされているみたいですー

それから、サイドポジション!
あっ、そういうものがあったのでしたー
全然意識したことなかったです。
あらま、どうして、そんなことまでわかるんでしょー\(◎o◎)/!

投稿: MIKI | 2011年10月31日 (月) 00時33分

おひさしです。
前回のホテカリ、大分グレードアップしてますね。
このまま弱点克服に向かって頑張って下さい~♪

僕はソリッドもチューブにも拘りはないですけど、チューブの響きには憧れます。
出音ではなく言葉の響きにですけどね(笑)

余談ですが…
真空管フェチっていますよね。
友人は、部屋を暗くして真空管の発光をみながら酒を飲むのが好きなようです。
ギターアンプでは無くて、オーディオのパワーアンプですけどね♪

投稿: Jsc2501 | 2011年10月31日 (月) 20時03分

kageGさんです。

今日も仕事が終わり、1時間前に帰宅じゃ。
いつも健康で仕事が出来るっていうのはこんなにも素晴らしいことなんじゃなあ・・・(笑)
そして音楽という趣味もあるしの?

MIKさんなりのホテカリのリズムGの完成形、リード
Gの完成形を聴かせてもらうことを楽しみにしておるヨ。
数日前のアコースティック弦の張替えはダダリオ12弦G
用フォスファー、30年以上前の古いギターだけど本当に
広がりのある良い音がするのう。

あ、そうそうホテカリの次はカッティングですか?
是非挑戦してほしいんじゃ。Gも一生懸命練習しておる。実に奥が深くほんの1つのリズム、音の切れ方、繋がり方で曲全体のニュアンスを変えてしまうほどの威力が
あるのがカッティングテクニックじゃと思うとる。

カッティングはリードGよりもテクニックが要求され、むしろライブでは最も目立つセクションになるんじゃな。
したがって、このときこそは必ず手首の使い方を練習してほしいんじゃよ。
ぜひとも先生に教わっておくれ。
Gも毎日の練習は必ずカッティングの練習を30分間は取り入れておるくらいじゃ。
本当に楽しみにしておるからの(笑)

ではでは~ 今からちょっと練習じゃ。

投稿: kageG | 2011年10月31日 (月) 21時05分

>Jsc2501さん
ソロパート、今日もせっせと弾きましたよー
テレビ観ながらでもなにげに弾けるくらいまで弾きこみますヨーup

真空管…そうそう、以前会社勤めしていた頃
クラシック音楽マニアのかたからモーツァルトやバッハのおすすめ曲を教えてもらったのですが「アンプはやっぱ真空管でないと…heart04」とおっしゃっていましたねー
大学のオーケストラで指揮をしていたかたでしたが、子どもみたいに無邪気な表情で大好きな音楽のことを私に伝えてくれて、素敵でしたよーshine

投稿: MIKI | 2011年10月31日 (月) 23時47分

>kageGさん
お仕事お疲れさまですー
日常生活、いろいろなことして疲れもしますが、
そこをなんとか時間やりくりして趣味を持てば
毎日が大切なものに思えてきたりしますね

kageGさんは12弦のアコギを弾かれるのですかー
響きが深いでしょうねーshine
ホテカリの最初は12弦のSGなんですよね(ダブルネック)
あの音には遠く及びませんが、憧れて私のホテカリ、今いっしょうけんめい6分48秒弾いてます。

下手ですが、かなり楽しくなっていますヽ(*´∀`)ノ

ホテカリをUPできたら、次は前から弾いていたジャーニーの曲もUP予定ですが、その頃練習開始するのがカッティング重視の曲です。
ネットつながりの人から「これをやったら、カッティング習得できるよ」と教えてもらった曲です。

まだ先のことで、これまたホテカリ同様難航が想像できますが、良い曲でトライしたら、飽きずにがんばれると思うのですよねぇー

楽しみにしてくださると言っていただけると、うれしいですnote

投稿: MIKI | 2011年11月 1日 (火) 00時01分

こんばんは! kageGです。

Gの時代のカッティング(ブラッシング)の練習曲は
ドゥビーブラザーズの『リッスントゥザミュージック』
と『ロングトレインランニング』じゃ。
たぶん今の若い人にも受け入れられると思うがの?

参考にユーチューブでも探してごらん。
名曲じゃよ!!

投稿: kageG | 2011年11月 1日 (火) 21時01分

>か、か、か、 kageG さんっ!
ど、どうして、そ、それをぉっ!\(◎o◎)/
やっぱ超能力あるのではないですか?
ピンポーンピンポーンsun
さて、私はどっちを弾くのでしょうね(^_-)-☆

投稿: MIKI | 2011年11月 1日 (火) 22時54分

マーシャルはブリティッシュサウンドの王道と言われていますね、
アメリカだとメサブギーかフェンダーが有名です。
こだわる人は真空管の型番の種類にまでこだわります。
自分はアンプにつなぐ前にコンパクトエフェクターでごちゃごちゃ繋いで音作りしてしまうのでそれが結果アンプに左右されないと言うかアンプを選ばないセッテイングです。

前の記事ですが、チョーキングまだ少し苦しそうですが
細い弦でギターだこ出来ているなら余裕じゃないですか?
自分は非力ながら大体指一本で出来ていて、一音半等きつい場合でも二本です。
他の人のコメントで音が大体一緒に聞こえればOKとありましたが、
教科書だと指番号通りコード押さえなきゃいけないとありますが、
自分の指の癖とか反応の速さとかで自分なりの方法模索するのもいいと思います。

投稿: DAI | 2011年11月 2日 (水) 20時29分

>DAIさん
今回の動画、エフェクタを使っても、アンプが違う出る音はだいぶ違うなぁーと思いました。
私もスタジオではマルチエフェクタを使用することが多いと思うので、いつでもマーシャルでなければ!ということはないと思います。

で、ホテカリのソロパート、いくぶん良くなりつつありますが、指がまだチョーキングのコツをちゃんととらえていないのだと思います。
それだけに、ここでがんばっておきたいですね
弦も0.10〜にもどしたいですし。
自分の指と相談してがんばってみます(#^.^#)

投稿: MIKI | 2011年11月 3日 (木) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214657/53120073

この記事へのトラックバック一覧です: Marshall JCM2000 とRoland JC-120 比べてみた:

« スタジオで弾くソロパート | トップページ | ピック、長持ちするようになったよ♪ »