« 動画ガン見でツクツクツクツ… | トップページ | ペンタトニック知らなくてもできること »

来年はペンタトニックやるのだ!

来年はペンタトニックやるのだ!」

と早くも来年の抱負を語る私です。(*^_^*)

噂に聞く、ペンタトニックスケール、
これを覚えたら、簡単なアドリブが弾けるという…
ほ、ホントですか?

管理人している爆音会でぼちぼち必要に迫られています。
アドリブむちゃくちゃやりたい!とは思ってないけど
「ほら、ここで弾いてごらんよー」
と言われたら、「ほな、ちょっとだけ…」でピロピロ…up

なんてね!やってみなきゃ楽しさはわからないし。

今年は「必要なコードを覚える!」ってことで以前紹介した教則本にそって、コード覚えてきました。
「DVD付 ギターの才能を引き出す本 世界一わかりやすいコード&スケール」

で、世界一わかりやすいとなれば、最初から最後まできちんとやるべきなんだろなぁーとじわじわやってたんですけど…

この本、いくつか基本フォームという手の形、それをちょっとずつ変えてマイナー、セブンス、マイナーセブンス そのほかのテンションコードっていうのですが、複雑なのも覚えられるように書いてあります。

フォームを覚えたら、あとは横へスライドするだけで、いいじゃーん!
と。なるほど理解しやすい本なのです。
DVDの見本に合わせて毎日20分くらいやってれば、まぁ、自然に覚えるさ!のはずでした。

…がっ sign03

最初は良かった。5弦ルート6弦ルート。よく使うコードですから、なじみがあって、覚えやすい。そこから進んで、あまり今まで使ったことのないフォーム、覚えるのが大変になってきました。

で、どうにかこうにかメジャーとマイナーの形覚えてもセブンス、マイナーセブンスあたりを覚えようとしたときに、ガラガラと今まで覚えていたものが崩壊しますsweat01

ありゃぁーっ!使わないコードは覚えられないよ
この本ね、コードの次にスケール練習が載っているのです。

これじゃいつまでたっても、あのペンタトニックにたどりつけないではないか!sad

途方にくれて、先生に本持って相談しました。
これこれしかじか話し、「もう、心ポッキリ折れそうですぅーっ」と泣きつきますと
先生ニコニコと「だいぶ、がんばって覚えたじゃないですか」と言ってくださいました。

うっ!や、優しい!ホロリ… (´;ω;`)

そして
「教則本ってきちんと書いてあるから、挫折しやすいですよね。だから、今覚えにくいと思ったところはすっ飛ばしましょう。
で、あなたが必要と思うコードをだいたい覚えたなという時から、スケール練習をはじめましょう。そのスケールも使う頻度が高いのをやりましょう。スケール練習することで、コードが覚えやすくなるから、そのとき、まだ覚えてないのをやったらいいでしょ」


あー、本当にそうでした!

わかりやすい教則本だから、最初から最後まできちんと覚えるべき!と思っていたことが自分を不自由にさせてましたね。
頭、カタっ…(´ε`;)

だったら、話は早い。スケールは来年早々から取りかかれますよ。
そこで、宣言をしたというわけ。

ギター始めて1年はただ、がむしゃらにギターを弾いて曲を最後まで弾ききることにこだわって「誰か私をバンドに誘ってくれないかな」とアピール
2年目は勘違いギターに気付き欠点を改善しながらコードを覚え、ギターの技能習得がんばり、実践活動し
3年目は引き続き技能習得、実践活動しながら、ペンタトニックまでたどりつき、すこしくらいアドリブ弾けるようになる…

うん、悪くない過程ですよ。(自画自賛か、ポジティブシンキングか、ご都合主義か)

ギター習ったとき、最初の先生から、「3年は続けないと意味はないですよ」と言われました。
やはりその3年というのは、内容あってのことですよね。
もちろん4年、5年…とさらに次が見えてくるための大事な3年としたいですー
いつか…と思いながら、練習する毎日、
でも、この毎日こそが、かけがえのないものなのではないか…

そんな気もして、手を抜くことができません。(#^.^#)

追記:…と、このようなことを書きましたら「なぜに教則本でなく、自分の耳に頼ってやらないのか?」とFINEさんから聞かれました。

最初「は?」ともう雲をつかむような気がして、お伺いしたところ、
その曲に合わせて自分が勝手にメロディーつけてみれば?
とのことでした。

ふむ! あーっ!そういうのなんですか!

ってことで、今日から、やってます。アドリブらしきもの。
目からウロコだったかも (@_@;)
来年ペンタトニック習ったら、「あー、もう知ってる!」となるのかな

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

|

« 動画ガン見でツクツクツクツ… | トップページ | ペンタトニック知らなくてもできること »

エレキギター関係」カテゴリの記事

コメント

練習熱心なMIKIさんならなんの問題もありませんね。
やってれば絶対上手くなります。
弾いてられる環境作りと、楽しんで弾き続ける事が重要だと思います。

ペンタとか覚えるとより楽しくギターが弾けると思うので頑張ってください。5個の音だけなのですぐ覚えられるとおもいます。コードの響き(テンション)やアドリブなど
耳がとても重要になってくると思うので、簡単な曲から耳コピをお勧めします。

投稿: こう | 2011年11月30日 (水) 04時49分

>こうさん
そうなんです、毎日、ワクワクしながら弾いているので、時間は長いほどうれしくて、今そういう環境をつくれるのがすごく幸運なのだと思います。
なので、ギター練習ばかりしてしまいます(#^.^#)
ただ、練習のしかたが、ちょっとカタいのですよー
「…しなければいけない」と思いがちで(´ε`;)

理屈はどうあれ、耳から入るギター、これ、憧れてるんですー。shine

投稿: MIKI | 2011年11月30日 (水) 08時03分

相変わらずですね(笑)
ロックは学問じゃないんだからそない計画的にせんでも(笑)
私は中学のとき適当に弾いたメロディがたまたまストーンズのユーガッタムーブって曲と同じで初の耳コピとなったんです。よくその曲を調べると使うポジションはほとんど一緒!

そこでコードとスケールの法則がわかったんですね。
ペンタなんて名称知ったのはつい最近ですから(笑)

ま、当時は教則本もスコアも教えてくれる人もいなかったんで耳から入る音がすべてでした(笑)

MIKIさんも余裕があれば教則本の類を見ず耳だけを頼りにやってみてはいかがかな?

投稿: FINE | 2011年11月30日 (水) 11時36分

>FINEさん
どうですか?だいぶ楽になってきましたかー?

で、そう、私は相変わらずです(#^.^#)
FINEさんが中学生の頃、コードとスケールの関係がわかった…と書いてあることすら、全然わかりません(;´Д`)

私は地図が読めない人です。地図持ってても、大阪の地下鉄から上がった道で、必ず逆方向へ進みます!(自信満々)
つまり、そういう頭の構造で、なんとなくこっちでしょという感覚が欠如。

ギターで言うなら、とにかく弾いてみたら、わかってきた…ということがありません。

そんな私がどのようにして、ギターを習得するか。地図ならね、下調べして、目印になるもの、確認して、「あっ、こっちだ…」と進めば、読めない人もたどりつけるでしょ。つまり道標が必要。

だから、私のギター習得方法は、それです。
弾けるための道標をあらかしめ用意して、それにしたがって進むのです。

頭脳が違うのです。でも、大丈夫ですよ。時間かかってもちゃんとたどりつきます。scissors
それじゃ、センスが…なんて言わないでくださいね。
それはたどり着いてから考えます(#^.^#)

投稿: MIKI | 2011年11月30日 (水) 12時56分

なぜそういう考え方なんですかね?
一度でも真剣に耳を頼りにやってみましたか?
やりもしないで自分 には無理という人は私は一番嫌いです。なにもすごいことをせよと言っているわけではないですよ。ここにコメントしているほとんどの人ができることです。
なぜ最初から諦めるのかとても残念です

投稿: FINE | 2011年11月30日 (水) 13時24分

>FINEさん
あらま、私、耳コピしないなんて言ってませんよー
前からちょこちょこやってますよー

投稿: MIKI | 2011年11月30日 (水) 14時05分

あら?私は 耳コピをせよなんて書いてませんけど?
スケールとかを本に頼らずやられては? といっているだけですよ?

投稿: FINE | 2011年11月30日 (水) 14時18分

>FINEさん、
ええーっ、す、スケールというものを(噂にきいているだけの)耳を頼りに???
わけがわからなくなりましたので、ちょいとメッセさせてください。長文(あ、携帯で見ておられるの忘れてた)<(_ _)> 

投稿: MIKI | 2011年11月30日 (水) 14時44分

スケールって覚えるだけで、アドリブ弾けるかは疑問ですね♪
ドレミファソラシドってCメジャースケールですけど…
それを知っていたってロクなフレーズって出てこない人が大半だと思います。
例に漏れず私もそうです。
MIKIさんはどうですか?

引き出しを増やすしかないと思うんですね。
その為に色々なフレーズを弾いて、モノにすると。
スケールの理論はそれを補完するための、一つの手段にすぎないと思わけです。

もちろん、理論を考えるのが嫌いな私の言い訳です(笑)

投稿: Jsc2501 | 2011年11月30日 (水) 18時32分

>Jsc2501さん
音楽理論は後付だから…という言葉をよく聞きますね。
ほんとにね、たとえばスペインの子どもが毎日のようにフラメンコ聞いていて、周りに弾いてる人いて、弾いてよいギターがあったら、フラメンコギター当たり前のように弾けるようになると思います。
理屈なしでね。

ただ自分はそのような環境にないし…と、思いペンタトニックを知ったら、なんかアドリブというすごそうなものをかじれるか…と思ってたのですが

今日FINEさんとやりとりしてたら、鼻歌なら、ギターで弾けるかも…という気がしてきました。
やってみようと思いますpaper

投稿: MIKI | 2011年11月30日 (水) 19時08分

色々やってみるのは良い事だと思いますよ。
スケールの知識が引き出しの一つになる事には変わりないですからね♪

問題なのは、それを知りつつもやらない私のほうかとorz

投稿: Jsc2501 | 2011年11月30日 (水) 19時40分

>Jsc2501 さん
こんばんはー
今日は、休みなので、朝からずっとギター弾いてて(#^.^#)
ちょうど良い曲があったのですよ。
シンプルなソロと最後がテキトーなアドリブのある曲。
それを題材に鼻歌メロディ適当に弾いてます。
なんか決まった音を選ぶと、ソレふうになりましたーこれが噂のスケールかもしれません。

で、調子にのって、ソロパートの耳コピしてます。
うんと離れたポジション選ばないようにしたらよいですよね。
最初から、スコアなくて、だいたいの手の位置、動画で確認した曲なので、どれが正解かわかりません。
気にせずやります(^^♪

ま、そんな低いレベルからやってみますヨscissors

投稿: MIKI | 2011年11月30日 (水) 20時07分

そうですね~
僕が初めて耳コピした曲はコレ
Twisted Sister
We're not gonna take it
これも簡単で良いですよ~
前に動画アップしたので知ってますよね(笑)

投稿: Jsc2501 | 2011年11月30日 (水) 21時38分

こんばんは、kageGです。

MIKIさんとFINEさんの掛け合いをニヤニヤしながら読んどりました。あ~おもろかった。
カッティングの次の目標はペンタですか?ますます楽しみじゃけど次から次に忙しいのう(笑)
たぶん、カッティング以上にペンタの話題にはブログ仲間はうるさいかも(笑)
kageGもね、若い頃何かの曲(忘れてしもうた)で最初に覚えたのはマイナーペンタだったという記憶があるんじゃよ。それは覚えようとして覚えたんではなくて好きな曲のメロディーラインをなぞっているだけじゃったんじゃな。すると何度も弾いているうちになんとなく手になじんできて、他の良く似た曲にもアドリブでなぞっていくと、な、な、なんとサマになっておるではないか!!!
へエ~このスケールは、マイナーの曲には大体のところ
合うんじゃないかのう?と感じたんじゃな。
FINEさんの言うとおり、ペンタトニックなんていう
言葉は聞いた事が無かったんじゃな。
当時はフィンガービブラートのことも指トレモロ、ピッキングハーモニクスにいたっては、『弾き損ねで結構かっこいいじゃん!』てなもんですよ。←Gさん18歳くらいの時(笑)
スケールの始まりをどこにするかで色々なペンタになっていくのでとても勉強になると思いますぞ。
ペンタ数種類覚えるだけで圧倒的なアドリブの広がりが増えると思いますよ。
でもまああんまりあせらずに、バンドをやっていく上で最低限のテクを身に付けながら好きなメロディーからなぞっていくと結構早く身になるかも・・じゃ(笑)
それではほかの方々の意見も覗き見しながら、kageGも勉強するとしようかな。

ではまた~

投稿: kageG | 2011年11月30日 (水) 21時50分

Eのブルースをスリーコードで弾くと、E、A、Bで弾けますよね。それぞれのコードの時に、ルートと7thを行き来するだけでなんとなくリフっぽくなるじゃないですか。

つまりEのコードの時にはルートのEと7thのD(つまり全音:2フレット下です)を行き来すればなんとなくE7の雰囲気を作れます。

同じように、Aのコードの時にAとG、Bのコードの時にBとAを行き来するとあら不思議、Emのペンタトニックの出来上がり!

投稿: Picks Clicks | 2011年11月30日 (水) 22時20分

>Jsc2501 さん
そうそう、We're not gonna take it
ちょうどギター持ってたから、聴きながらコード拾えるかやってみたら、できましたー
ただ、動画みたら、低い音を出すためのポジションだったみたいです
同じコードでも、どこのポジション使っているのかまでを耳で聞き取るのは、数をこなして…でしょうかねー
ま、1年前までは、こういうこと全然できなかったでしょうから、私なりに進歩してはいるようです。ヽ(*´∀`)ノ

投稿: MIKI | 2011年11月30日 (水) 23時03分

>kageGさん
はは、おもしろかったですかぁー?(´ε`;)
過去にも、こんなやりとりはあったのですよ。
で、焦って返答しているうちに、わっ!そうだったの!と気づくパターンなのです。

今回、私は「アドリブを大層なものとはとらえずに、鼻歌ととらえよう」と思いましたよ。
それなら、なんかギターで弾ける気がします。

で、それがひょっとしたら、ペンタトニックだったりするかもしれません。来年先生と答え合わせしてみます(#^.^#)

kageGさんもメロディーなぞってたら、アラ!だったのですねぇー
で、私は気が多くて、やりたいことだらけですが、アコギのフィンガーピッキング、これ、今度先生に聞いてみる時間あると思います。

投稿: MIKI | 2011年11月30日 (水) 23時13分

>Picks Clicks さん
さっきコードを耳コピしたWe're not gonna take it
も3コードE、A、Bで弾けましたー
なんか、よく出てくる感じなんでしょうかねぇー
そういう、わかりやすい曲から、合いそうなメロディをつけたりすると、ペンタトニックに近づいているかも…なのでしょうかねー(´ε`;)

投稿: MIKI | 2011年11月30日 (水) 23時28分

なんかペンタにこだわってますね?
自慢じゃないですが私ペンタの音階知りませんよ(笑)
ペンタ覚えるだけならそれこそ教則本にこの5つの音ですよと書いてあるでしょ?
今から3秒で覚えられます。それでアドリブ出来ますか?

MIKIさんがやりたいのはアドリブなの?それともペンタトニックの仕組みを知りたいの?

ま、ペンタトニック知っただけでアドリブ弾けたら苦労しないっすけどね(笑)

そのペンタトニックができるとアドリブが弾けるといった人もほんとは最初適当に合うフレーズ弾いててあとで調べたらそれがペンタトニックだったって話だと思いますけどね~

投稿: FINE | 2011年12月 1日 (木) 07時52分

私は昔からマニュアル類を読まない人なので、ギター教本も使ったことがありません。
だから、mikiさんのお話がすごく難しく感じます。(^_^)b
ペンタトニックとかの用語も最近知りました。^^
要するに、ギターと耳があればそこそこなんでも弾けるようになるってことで、どちらで練習してもいいのでしょうけど、音楽やる以上耳を研ぎ澄ますことはとても大切だと思いますので、耳と指の連携も経験されたら良いと思いますよ。^^
それにしてもmikiさん凄いよ!
勉強熱心ですね。
数年後に会ってみたいですね、バリバリのギタリストになってるでしょうね(^_-)

投稿: cooshi | 2011年12月 1日 (木) 07時55分

>FINEさん
おはようございますー
で、どうですか、もう歩けてますか?
そちらの情報全然いただいてないのですが(#^.^#)

こだわるもなにも…
だってね、爆音会でアドリブ回しというのがあって、私は手も足も出ずで…
そのときね、「参加できなかった…」というのが、ひっかかったわけです。

そのとき、どなたかが「ペンタトニック知っておけば、なんとかなるよ」と言われたような記憶があり…

それだけのことです。単純に憧れているだけですよ。
私は「合わせるギター」を目指しているから、必要と思われる場で弾けない…ということを避けたいのです。

で、私は少しずつ咀嚼しないとわからないタチだから、教則本に出てくるなら、勘違いせず理解できるかなと思ってたのです

…でも、どーもそれではアドリブ弾けなさそうですね。
なので昨日から鼻歌ギターです

投稿: MIKI | 2011年12月 1日 (木) 08時38分

勘違い大いに結構じゃないですか?なぜ勘違いを恐れるんです?みんな試行錯誤して失敗して弾けるようになるんですよ

PS,体調が悪かったら度々携帯で長文投稿しませんよ(笑)

投稿: FINE | 2011年12月 1日 (木) 08時46分

>cooshi さん
おはようございます
私はロックギター、適当に弾いてたら、なんとかなるさ!と最初そう思って、かなりむちゃくちゃ弾いてたのです。息子のギターさわったときに。
そしたら…3ヶ月で腱鞘炎になっちゃった。

ただ、ガムシャラなだけだったのです。
反省して、3ヶ月全然ギター弾かず、指なんとかなだめて、個人レッスンに行きました。
で、ブログでいろいろアドバイスいただくようになり…

どんどん私は練習熱心になりました(#^.^#)
アドバイスいただいて心に響くことがあれば、取り入れるのです。
昨日は「耳で聞き取って、その曲に合う音さがしてみる」ということが、とても心にひびきました。

私とつながっている人から影響を受ける私のギター練習方法なのだと思います。

投稿: MIKI | 2011年12月 1日 (木) 08時55分

 もう来年の目標ですか(^_^;)
すごい前向きな生き方で、相変わらず感心してしまいました。
何事にも目標を持って進むことはいいことですが、それに捉われ過ぎるのもと思います。
特に音楽は楽しまないと(^_^)v

 isaは、今は原点に戻ってビートルズなんかを練習してます(^_^)

投稿: isa | 2011年12月 1日 (木) 09時36分

>FINEさん
では順調に回復されているということですねーshine
試行錯誤は日常です。
昨日もロントレずーっとこうか?こうか?と弾き、ホテカリパート理解を考え、で、鼻歌ギターもトライ!…です
勘違いを恐れてしないということはないと思います。やらずにいたことに気づいていないということはあります。

投稿: MIKI | 2011年12月 1日 (木) 12時33分

>isaさん
ポジティブシンキングが取りえです(*^_^*)
噂に聞くすごそうなペンタトニックと思って目標設置してみたのですが、宣言することもなく、今から鼻歌メロディーつけたら、近づくらしいと知ったところですーsweat01

だって、巷にあるギター関係の教則本って、みんな難解ですよね。
あれ読んで楽しむのは…
ということで、結局おおいに楽しみながらギター弾く毎日ですよーscissors

ビートルズ、どの曲でしょうねー

投稿: MIKI | 2011年12月 1日 (木) 12時39分

MIKIさんの練習熱心なところにポチですね。ペンタトニック、なんぞや? と言うことで、私の中では勝手にシャンプー関係と思っておきます。(^_^;) 私はまだMIKIさんの1年目ですが、まだまだ同じようにタブ譜での練習で1曲1曲を仕上げて行きます。私としましては音楽知識が無いので、コメント書きずらいのですが、これからも1曲通した動画を沢山見せて貰う前の練習だと思いますので、挫折せず頑張ってください。

投稿: グリムおやじ | 2011年12月 1日 (木) 13時20分

>グリムおやじさん
今日はロングトレインラニングのカッティング見直しとギターの鼻歌で終わってしまいましたー
ギターの鼻歌弾いてるとね、結局、そのギターのキーっていうんですがね、その音階に添って合う音があるようです。そんなことやってると、1曲コードもわかったりして…
ピロピロ遊ぶの、おもしろいですよー
ペンタトニックヽ(´Д`;)ノほんと、アメリカ国防総省のスパイが頭にふりかけるものか?…ですよ。
来年私の鼻歌と関係しているか、答合せが楽しみかも。

投稿: MIKI | 2011年12月 1日 (木) 23時13分

お、ペンタですか!いいですね。

私も最近なんだか、ここのブログに影響されてきたみたいで、中学生の頃とかに買ったレコードを引っ張り出してCDに起こそうとPCと格闘しているところです(笑)

アドリブは要するに「手癖」みたいなものですね。
いろんな曲コピーしてるうちに、いろんなフレーズを体が覚えて、そんなフレーズの連続がアドリブですから。
あまり深く考えると逆に弾けなくなると思います。
たくさん曲をコピーして自分のモノにする。そうなればこっちのものです。
鼻歌というコメントもありますが、これはいろんな意味でいいですよ。練習でも曲作りでも、私もよくやってました。

ギター教室なんかでは、当然基本から教えるので理屈を知ることが出来るので必ず役に立つと思います。
曲で使ってるスケールも確認できるし、これはこれで勉強になると思います。
ただ、適当に弾いてても意外と何らかのスケールになっていたりするんですよね。世界には無数のスケールがありますから。
それが、そのジャンル・曲に合ってるかどうかの話だけであって。

でもロックの基本はペンタなので、特に70年代あたりの曲やるのには必要ですから。現代ではいろんなスケール使ってるので若い人には逆に5つの音だけで弾くのは感覚的にはあまりないでしょうけどね。

理論は後付けと私も言いましたが、あまり硬く考えないことがいいかと思います。
教室での勉強もしてるし、あとはたくさんコピーして感覚身に着ければ、なんてことないです。
現にMIKIさんは70年代の曲コピーして既にペンタ弾いてますからね。

あとはペンタに弾きなれるだけ。
コードも平行してスケールもやれば、どこのポジションでも弾けるようになりますから。
教室に通ってるなら、せっかくですからロックで使ってるペンタ以外のスケールも参考に聞いてみては?
あくまでも参考ですけど、はまったらもう知りませんけど(笑)

投稿: 追分 | 2011年12月 2日 (金) 02時25分

>追分さん
昨日も、カッティングさんざん練習したあと、過去に弾いたことのある曲、いろいろピックアップして、ギターソロやアドリブが入るところに、「テキトーに鼻歌」を入れてみるようにしました。
意外にこれが楽しい!でもって、なんかパターンがあるような気もしてます。
だいたい私が弾く曲は主催してる爆音会の趣旨に添って「ロックの名曲」ですから、ペンタトニックは当然使われていると思われるので、これかな?と思いました。
追分さんは、私に影響されましたかー?(#^.^#)
光栄ですねぇー。
爆音会では、私の知らなかったロックの名曲もプレイ曲となるので、とても良い経験になります。
そのアーティストにまつわる話も聞けます。
過去には、素晴らしい曲が山ほどあり、新しい曲もいいけど、それらの曲を弾くのも楽しいですー\(・o・)/!
理屈から先に入らず、ギターの先生とは「答え合わせ」的に確認していきたいです。

投稿: MIKI | 2011年12月 2日 (金) 08時03分

ボーカルの合間に合いの手(いわゆるオブリガード)を挟むのも有効ですよ。
あとMIKIさんが弾いていたEの3コードのブルース進行。
これを延々と録音してバックに流して自分なりのフレーズを弾いてみるとか。
別に曲に合ってりゃペンタトニックたろうがパナソニックだろうがどーでもいいんですよ。

答え合わせなんてしなくても数学じゃないんだから正解はありません

投稿: FINE | 2011年12月 2日 (金) 10時45分

>FINEさん
寒くなってきました。
病院は風邪ひきさんの人も多くなると思いますから、歩けるようになっても、あちこち移動せず、おとなしくしててくださいね。

オブリガートって何だっ?って以前から思ってたんです。
なるほど、合いの手と聞けば、少しはイメージできるかな。
あと、そうそう、スィートホームシカゴの進行ですね。
クラプトンさん、この音弾いてたっけ?とか探って「私のなんちゃってクラプトン」弾くのも楽しいかも?

と、うって変わって前向きになってますよー(*^_^*)
とはいえ、今回この気持になれたのも、今度ブログにも書こうと思ってますが、コードコツコツ覚えてきたからというの、あるんです。
なので、ヘアトニックであろうがペンタトニックであろうが、今は良いのですが、来年は教則本で出会うと思います。

投稿: MIKI | 2011年12月 2日 (金) 12時44分

Eの3コードのブルース進行をバックに、
MIKIさんのアドリブの動画みたいです。
ブログのコメントや爆音会のみなさまや
そしてFINEさんの超激辛口コメントによって、MIKIさんのアドリブが、パナソニックからペンタトニックに変化する過程を見たいです。

是非、是非、
アドリブの動画を!

投稿: JV | 2011年12月 2日 (金) 12時49分

>JVさん、
今ご要望におこたえすべく、スィートホームシカゴの
エリッククラプトンさんバージョンでゴニョゴニョやってましたー
合いの手も入れてみましたよ。裏でチャッチャーてね
12弦と14弦使いました。
だいたいこの間の音を拾うと、鼻歌うたえますねぇー
クラプトンさんのギターにモタモタついていく、ギターですが、楽しかったです。
え?何?動画でUPしろ?ですかぁー
ありゃま、どうしよ、この曲でなくてもいいですよねsweat01
今年中に…ということで考えときましょうかねー(#^.^#)

投稿: MIKI | 2011年12月 2日 (金) 20時32分

アドリブの動画は何でもいいです。
Eの3コードかAの3コードのブルース進行、
MIKIさんが好きな曲でどんどんアドリブして下さい。

3コードのブルース進行がお勧めです、
Eもイけど、ポジション的に弾きやすいのは
Aもエですよ。(失礼)

投稿: JV | 2011年12月 2日 (金) 21時50分

最初に3コードで録音してそれをバックにアドリブ弾くって、昔よくやってましたよ。(*^_^*)
是非動画をお願いします。
^^

投稿: cooshi | 2011年12月 3日 (土) 07時11分

>JVさん
どんどんアドリブ…(´ε`;)
いやいやいやぁー(#^.^#)
ま、とにかく、やりやすそうな曲で最後あたりに鼻歌ギターいれてみますね。なるべく今年中。
たぶんロントレのリベンジのほうが先だと思うのですが

投稿: MIKI | 2011年12月 3日 (土) 07時34分

>cooshiさん
おはようございます
アドリブっていわれると、なんか、かまえちゃいそうなので
「鼻歌で」note
適当に合いそうな音入れるだけです\(・o・)/!

投稿: MIKI | 2011年12月 3日 (土) 07時37分

スケールって あいうえお みたいなもんで、
覚えて書けるようになっても素敵な詩を書けないのと同じで、
スケールを覚えたからといって、アドリブでフレーズが弾けるとは限りません。

僕のような凡人はリックといって、フレーズを数種類覚えてそれをつなぎ合わせアドリブとしますが、
この方法だと限界もあるし、
たくさんフレーズ覚えないといけないんですよね。

一番いいのは、頭に浮かんだメロディをそのままギターで表現できるというスキルですが、
これはそう簡単じゃないですな。

FINEさんのように音から入ったたたき上げみたいな人こそこういうの得意そうです。

音楽って理屈とか理論は後付されたものだから、
目じゃなくて耳でやらないとダメなんでしょうねぇ。
僕はまだまだ修行が足りなすぎですが。

投稿: そろいすと | 2011年12月 3日 (土) 15時48分

>そろいすとさん
アドリブというものは奥が深くて難しそうなものなんですねぇーsweat01
私はとりあえず鼻歌…ですよ。
ギターの音を探すというのは、少し慣れて来た頃にやってみると、けっこう楽しいものですね。
あ、ここで和音弾けるよ、このポジションならよく使ってたし…とか鼻歌から、いつのまにか伴奏になってたりもするんですけどね。今まで、かっちり曲を弾いていたのとは、別のアプローチです。shine

投稿: MIKI | 2011年12月 3日 (土) 21時37分

こんばんは、kageGです。
うきうきしておるので今日はちょっと長めで・・ごめんのう(笑)

先日お話した通り、家内とクラプトンライブに行って今自宅に戻ってきたところです。
いや~疲れてしもうた(笑)←ちょっと一杯飲んできた。

17:00~19:20までアンコール2曲。場所は武道館で。
20曲くらい演奏してくれたかのう。
あっという間に満席で、Gと同じようなおっちゃんとかオバちゃんとかが1/3くらいかなあ。
40~50代の方々が1/3くらい、お父さんが娘や息子(だと思う)をつれてきているのが、1/3くらい、もちろん若い方々もいたけどね。
そして約2時間強あっという間に終わってしまったワイ(笑)
ほんでもって、スイートホームシカゴ、オープニングでやってくれました。(白いストラトで、その後はブラッキーじゃないけど黒のストラト)
でもね、Gが期待していたアンプラグドが50%くらいかな?と思っておったんじゃが、30%くらいじゃったな。
ティアーズインヘブンは無しじゃ(泣)

今回のライブで本当に良かったな・・と思ったのは、スティーブウインウッドとクラプトンの出番がちょうど50%ずつだったという事なんじゃよ。やっぱり40年来の友人のなせるわざだよね。
それとね、曲の半分は聴いたことが無かったんじゃが、ブラインド・フェイスとかデレク&ドミノスとかスタンダードナンバーの曲が半分あったんじゃないかの??
ジョージアオンマイマインドもあったよ。

クロスロードは相当アレンジされていてかなり大人っぽかったね。
ラスト1曲前のあの曲(何ていう曲かGには判らなかった)は少しブルーノートが入ったマイナーブルースだったんじゃけども途中からあのアイショットザシェリフ(今回は無かったんじゃ、くそ~・・)のソロと同じような盛り上がりが延々と続いたんじゃよ。
Gはの、そのとき完全にクラプトンとそのメンバーとその曲のもつ圧倒的ななんとか?(よく判らない)にとり付かれてしもうたんじゃよ。
フト、隣の家内の顔を観るとたぶんおんなじ気持ちじゃったんじゃろうと思えてな。

演奏が終わってもシ~ンとしていっとき拍手もおきない。いや~皆んなもおんなじだったのかな・・・と。
その後もの凄い拍手。

実は前に書いたんじゃけども、密かにGはレスポールをかき鳴らして欲しいと思っておったんじゃがそれは残念ながら無かったのう。
でもねエレキギターはステージの右と左のギタースタンドに立掛けているのを合わせて10本あったんだよね。
よく見えなったが、内、2本のヘッドはレスポールに良く似ているではないか??
やや、これは・・・と思ったんじゃけどなんじゃらほいでした(笑)
クラプトン、ウインウッド合わせて合計3本のギターしか弾いていない・・←これ間違いない
じゃ、あとの7本は飾り????
アコギはね、二人ともそれぞれ3回変えた。凄いね。
最後はスタンディングオベーション・・

追伸・・クラプトンの後ろにいるドラマー(スティーブガッド)の顔はユーチューブで観る限り後ろにいながらクラプトンの顔よりでかい。
これってほんとうかな?って思いながら良~く
観察したら、本当にでかかった(笑)
すごいドラマーで、あのスティックはたぶん
鉄でできているんじゃないかと思うほど凄い
迫力のあるドラムス。
あれじゃ太鼓かわいそう・・いっぺんにカレのフアンになっちゃいました(笑)

ということで今日は報告おしまいです。
後日少しづつ報告しますね。
お互いカッティングとペンタ精進しましょうね ではあ~
あ、そうそうクラプトン2~3回くらいピッキン グ間違ってました(Gさんのいう事じゃないけ どね(笑))

投稿: kageG | 2011年12月 3日 (土) 23時55分

To.kageGさん

その武道館、私の友人もいってましたわ。
私も行きたかったなぁ~
ティアーズ~は最近のコンサートではやらないらしいですよ。やっぱり息子さんのことを思い出すみたいで。
私も7年位前に大阪城ホールで見ました。
素晴らしいコンサートでした。いまでもあの夜、大阪に神が降りてきたと信じてます。

MIKIさん
関係ない話申し訳ない

投稿: FINE | 2011年12月 4日 (日) 08時00分

>kageGさん
クラプトンさんのライブ報告、ありがとうございますー
一瞬シーンとなるほどの演奏ですかっ!
皆が同じ時間を共有して、心打たれた瞬間なのですね。
プレイしているアーティストにとっても「これがあるからやめられない」と思うような時間なのでしょうねぇー

クラプトンさんの偉大さ、爆音会でリクエストする曲で知る機会が増えてきました。
スィートホームシカゴは、次何やる?ってとき、「じゃ、スィートホームシカゴで(*´∀`*)」と居合わせたメンバーで合わせると楽しくなるし、レイラがおハコのボーカリストさんもいます。で、「アイショットザシェリフ」も今候補曲になってます。
私はそのうちレゲエのリズムも弾けるようになるかもしれません(#^.^#)
それに、ドラマーさん(まだ都合がつかなくてお会いしたことないけど)スティーブガッドさんの大ファンらしく、ハンドルネームにそのままもらっちゃっている人もいます
なので、その方とお会いしたときには、スティーブガッドさんのことをお聞きしようと思ってます(実は全然知らない)

また続きをよろしくですー
カッティング、少しずつ良くなっているようですが、まだ「できてるつもり」なのだと思います。
「弾ける」になるまで時間がかかりそう…sweat01


投稿: MIKI | 2011年12月 4日 (日) 08時21分

>FINEさん
おはようございますー(*'▽'*)♪
いいですよー
kageGさんとクラプトンさん話でもりあがっちゃってくださいscissors

投稿: MIKI | 2011年12月 4日 (日) 08時24分

週末になってやっとゆっくり書き込みができます。
でも時間がかかり、とてもすべての書き込みを読めないくらい
の量・・・すごいです(苦笑)

早くも来年冒頭のテーマを見つけられたのですね!
MIKIさんの自分へのムチの打ち方、見習わないと!!(笑)

ペンタトニックですか~たしかにアドリブ奏法を目指す上で
よく耳にする言葉だし、有効だという話もよく聞きますね!
ドンドン覚えていけばいいいいでしょう!覚えておいて損は
ないでしょうから。

ただみなさんが仰るように無理に覚える必要がないのも事実
だと思いますよ~
毎度ながらド下手な私が書くのも恐縮なんですが、私もスケール
練習はよくやります。だからってアドリブに有効とも言えない。
スケール練習って「言葉」を覚えるようなもんで、それだけで
「話せる」訳ではない。「曲=話す、物語を語る」で「言葉」
をたくさん覚えても人の心を打つ話はできない・物語は書けない
・・・それと同じような気がします。

私達が言葉を覚え、話せるようになるのにどのような経緯を経て
来たでしょう。やはり個々の「言葉」を覚え、世の中にある絵本
や両親の話す様子、テレビや映画などの「生きた言葉=実際の活用
例」を聞いて育って来たでしょう?それと共通する部分があるよう
に思います。ですからMIKIさんのやってらっしゃる事も素晴らしい
ですが、それに捉われすぎると危険かも!?とも思ったりしますが、どうでしょう?

コードにしろスケールにしろやはり生きた教材~楽曲をコピーし
て実際の活用例から学ぶ方が早いように思いますよ。
MIKIさんが仰るように「ああ!あの曲のあそこで使われたあれだ!」
となりますもんね(笑)。

自分が今弾いてるので勝手に思うのですが、それよりブライアン・
メイのソロのひとつでも練習した方がよっぽど実になるように思う。

・・・というくらいブライアンって味のあるギタリストだなっと
聞いてて勝手に思ってます(ウフ 笑)。


             ◇


それとMIKIさんが教わっている先生も凄いなと感じました。
ここでみなさんが仰ってる事を言葉を選び、しかもMIKIさんのやっ
てる事を否定せず、なおかつMIKIさん自身に納得させ、気付かせ
る・・・流石プロですね!素晴らしいです。


またついつい長文・・・すいません(苦笑)。

投稿: レブ | 2011年12月 4日 (日) 11時06分

to FINEさんへ

kage Gです。
お元気そうでなによりです。
そうですか、クラプトンはコナー君を思い出してしまうんですか・・
あの事件の後の彼にとっての2年間は断腸の思いと、絶望感で本当にすさんだものだったみたいですね。
そんなことは無いと思うんですが、ちょっとあれ?と思ったのは、『少し痩せたかな?まさかクスリやってないよね?』ということなんです。大丈夫だとは思いますが・・
そうそう、アコースティックはお二人とも恐らくマーチンだと思います。K楽器店さんが協賛しておられるし、クラプトンはトリプルO-28、42主体?、ウインウッドはOOO-28、D28主体?のような感じ・・でした。
入り口で000-42ECを100万円で売っていました。
我々(いや私)貧乏人にはとても、とても(笑)
どうぞ更に養生なさってください。

MIKIさん

クラプトンとウインウッドのツインボーカル、ツインギターは息がピッタリで、バックコーラスの女性二人のあのど迫力のある声・・鼓膜が敗れそうじゃったよ。←急にG言葉になる(笑)
最もスポットライトを当ててもらえなかったのは、ベーシストのウイリーウイークスじゃった。
でもね、家内はあの黒人のベース弾く人ハンサムで一番格好いいね、と言っておったよ(笑)
当然、カッティングとおなじみのフレーズが盛りだくさんで、よ~く右手を観ていると、なんていうか・・ん~ふざけてるん??と思うくらい手首がひらひら軽いよね。
これが極意なんじゃなァと思いましたぞ。
それにしてもクラプトン、いつまで稼ぐんかいのう(笑)
それではまた~書き込みさせてもらいます
(^^)

投稿: kageG | 2011年12月 4日 (日) 11時10分

>レプさん
お疲れさまですー
今日は少しはのんびりできましたかー?
スケールにしろ、コードにしても、難しそうに思う段階でウンウン覚えてもあまり効果ないかもですねー
そこそこ、覚えておいて、たくさん曲を弾いていくなかで、使えるスケール、使えるコードってことで覚えていけるならよさそうですよねー

おっ、レプさんはクィーン弾いておられるのね\(・o・)/!

先生、私は伝えたいことを理解して適切に指導してくださいます。ラッキーですshine

投稿: MIKI | 2011年12月 4日 (日) 21時37分

>kageG さん
今日もカッティング修行してましたー
ほんともう、修行の世界です。
右手のストローク安定をこうか?こうか?と模索中。

そう、ヒラヒラですよー
そのヒラヒラがね、難しいです。ガシガシ当たったり、
大振りして、余計な音まで出たり…

ほかの練習と並行してがんばってみますーscissors

投稿: MIKI | 2011年12月 4日 (日) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214657/53367376

この記事へのトラックバック一覧です: 来年はペンタトニックやるのだ!:

« 動画ガン見でツクツクツクツ… | トップページ | ペンタトニック知らなくてもできること »