« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

アレとはコレだったんですが…

とっくにバレバレでしたが

私がギターの裏をパカッとあけたくなったのは…

こんなんだったからです↓

また林家パー子(^^;)

それは別として、見ての通り
かなり力入れてます!

か、カタッ!bearing です

なので、裏のパネル開けてみたくなったのですヨー
さて、それからどうした?

えへー、ギターの先生と、まだ調整中です。sweat01

すみませんねぇ、どこまでこのネタでひっぱるんだ?ですが
ちょっと様子見…ってことで、次週報告できるかなぁー
別内容になってたりして

現在、ロントレ、ハイウェイスター、そしてターゲット曲熱烈
練習中です。

どの曲も、腰すえて練習する箇所がありますヨ
あ、発見!とか思ったら、報告しますね

では今が一番寒い季節、風邪などひかず体調に注意して過ごしましょうね

ヽ(・∀・)ノ

↓ランキング参加しています。励みになります。ポチッとしてくださればうれしいです(´∀`)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (18)

アレを使う前に…

今年のターゲット曲、ぼちぼち練習し始めているのですが、


ちゃんと弾くにあたって必要なことがあるとわかりました。

ここです。今までほとんど、意識したことなかったですよ。

ここを…

P1_2

このように…

P1_2

へぇーっ!こうなっていたんだぁー!
バネの数はギターによって違うのかな?

さ、ここからは、先生におすがりしてきます
次回に続く予定です(*^_^*)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ←ポチッと押していただければ、うれしいです(ランキング参加)
にほんブログ村

| | コメント (23)

「タイムマシンにおねがい」3回目動画UP

タイムマシンにおねがい - サディスティックミカバンド ギターcover

前回のターゲット曲と、アレについては、いずれ書くということで…(ほとんどバレてましたが)(^_^;)

この曲は3年前と2年前に動画UPしてます
そのときとはだいぶ違ってますヨ\(・o・)/!
2回目は反省として聴けるのですが、
1回目なぞは恐ろしくて動画見れません((((;゚Д゚))))(恥ずかしくて身悶えしそうです)

なんせ以前は「カッティングって何だぁーっ?」でしたもん。
全然理解不能で手の振り、めちゃくちゃ

今回この曲をまた弾いてみたいと思った動機は
Long Train Runningでカッティング修行しているうちに
ああ、そういえば、「タイムマシンにおねがい」もカッティングあったなぁーと思い出し、今なら近い感じで弾けるかも…と思ったからです。

で、結果はコレですけどねぇ(^_^;)
やっぱ難しかったですよ。

いつだって私の動画は

「精一杯の今」

それを期間おいてまた弾いて見れば、以前とだいぶ違ってる!
今のほうがいい感じ!と思えるなら、上達してるってことかしら

いや、それは単なる勘違い!…てなことでありませんように(*_*)

動画見てくださりありがとうございました<(_ _)> 

↓ランキング参加しています。ポチッとしてくださるかた、ありがとうございますshine

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (18)

今年のターゲット曲はこの中に(*^_^*)

1301_2


皆様、お正月休みも終わり、いつもの日々をお過ごしですかー?
MIKI家は、家族がそろわなかったので、お正月もだいたい平常モードで過ごしてましたよー♪

とはいえ、新しい年ですから、抱負でも語りましょうかね(^_^;)
上の画像、そう、ヤングギターです
掲載のスコア練習してます
今年のターゲット曲です
Mr.Bigの曲ではありません(*´ω`*)

えへー、まだ内緒にしておこー!

練習ぼちぼちしてるんですが、ソロパートがヤバイかもです
なんとか攻略できそうだったら、曲名言います。

ターゲット曲とわざわざ言うのは、他の曲よりも
「特に丁寧に、ちゃんと弾けるよう心がける」
別格扱いにするからなんです。(大層だ…(´Д` ))

今まで使わなかった、「アレ」使います
ザクザクと勢いよく刻むところあり、
キュイーンとハートをしびれさせる音あり
1年がかりになっても飽きないと思う、私好みの曲ですshine

寒い季節、指も痛めやすいし、風邪もひきやすいです。
皆様、気をつけて、今年も楽しんでいきましょうねーnote

ランキング投票、上位にいられるのは皆さまのおかげです
↓ありがとうございます<(_ _)>

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (35)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »