« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

メトロノームと合わせたら弾けなかった!

ハイウェイスターのソロパートを今、教室で先生とじっくり特訓してますが
とりあえず流れ確認…ということで
先日、メトロノームに合わせてみたのです。ゆっくりスピードで。

そしたら、びっくり!

合わないのです。sweat01

私の音がどんどこズレていくのです
あららー!何がなにやらわかんなくなり

私「せ、先生、合いませんっ!」
先生「すごくはやくなってますよ」

私「えー?はやくなってるんですかっsign02

いやはや、そんなことも気づかないのがオソロシイ…(゜´Д`゜)

なぜ、そんなことになったか解説しましょう

今まで私は音源に合わせて練習してきたので
それについていくだけだったというのが、メトロノームに合わせてみることで露見したのです。

ついていくなら、おそくなるだろ?と思われるでしょうが
私はなんせ、焦るタチで…(^┰^;)ゞ

チョーキングの音を上げるのに必死で
メトロノームの音が聞こえなくなり、あせってはやくなる

それと、リズムをわかってませんでした。
ハイウェイスターのソロパート、一拍目の頭で音を出すことがけっこう少ないです。
シンコペーションっていうのですか?それが多くて
メトロノームのチーンという音と半拍ずれるから
理解して正確に弾かないと、途中でわかんなくなってきます

音源と違ってメトロノームはとても冷酷
チーン、カチカチ…と刻むだけの音にギターをのせていく。

で、できない!
ああ、ここまでできなかったとは…crying

…ということで、最近 メトロノームと格闘中。
リズムはスコアを見直して、「なるほどー」とか思い
ギターで音出す前に、声出してメロディ歌ってみて、それとメトロノーム合わせたりしました。(これ、有効!)
耳や感性の良い人はスコアみなくてもわかるんでしょうが私は無理です。

で、今日の動画

チョーキングやビブラートなどは、発展途上中のつもりなので
おおめにみてやってくださいませ

チャアリラリ…の繰り返しなんか、例によって、ギターや体ごと上がっているような有様…
ピッキングはカチカチいわせてるし…

でも
そこそこ、メトロノームに合ってますでしょ?
自分なりの進歩なのです
これ、スピード上げても、きちんとできるようにしたいです
そのうちチョーキングやビブラートがたとえマシになったとしても
「音源がないと弾けない」ギターになってしまいます。

それでは、自信もってスタジオで音合わせられませんよねー
ギターを弾けるようになるまでのポイントはいっぱい!
どれも避けてはいけないですね
がんばります\(*⌒0⌒)♪

↓ランキング参加しています。ポチしてくださると、励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (22) | トラックバック (0)

チョーキングでも鏡が活躍!

ロントレで鏡にうつしてずーっとツクツク練習する毎日
そのままハイウェイスターの練習にはいるので
自分の手が嫌でも見えます
するとね…
発見!

「チョーキング時の左手が汚い!」

べ、べつに手を洗っていないわけじゃないのですよ
指がね…(*^_^*)
人差し指から薬指が全然そろってなくて方向がバラバラなんです
それにそれぞれの指のたてかたも変
薬指なんか力入れ過ぎているのか、べちゃーっ!と第一関節で
ひらたく指板にはりついている!
「きたない!」

上手な人のチョーキングは、絶対こんなんじゃない…と思い
いろいろ動画を見てまわると…
人差し指から薬指まできれいにそろってチョーキングしています。
全然違うじゃーん!
「音を上げるので必死だったのね…」
とわかりましたよ

今まで、動画で撮ったりしてましたが、全身だったので、チョーキング時の指まで
まじまじと確認できませんでした

鏡は、使える奴だっ!

で、こりゃ、手首を含めた左手全部を見直さないといけないかぁーっ!と
気づき、試行錯誤開始!
し、しかし
「なかなか、きれいにならん!」
むやみに力づくで音を上げるものではない、
手首のひねりを利用して上げる…とは知ってて今までも
やってきてはいたんですが、指がバラケやすいのです。
…ということで、とにかく指がばらけずチョーキングできる左手
自分なりに全面見直して、今はこんな感じ




親指の位置、手首、角度、ひねる力の入れ具合、そして指の揃え方、たてかた
いろいろチェックし、私なりにそこそこ無理なくできる形です。
これでよいものだろうか…
次のギター教室で先生に聞いてくることにします。\(・o・)/!

カッティング修行プラスチョーキング修行も加わりますね…
2曲仕上がり動画をUPできる日はいつのことやら…
(と遠い目になる)
できたときに、自分の顔を鏡にうつしてみたら
あらま!おばぁさんになってる!(@_@;)
てなことになってませんように…coldsweats01
(それでもできてるなら、しめたもん?)
皆さま、長い目でおつきあいくだされば幸せです
お互い体をいたわって、長くギター楽しんでいきましょうね♪

↓ランキングポチしてくださるかた、ありがとうございます<(_ _)> 

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (25)

カッティング、右手安定練習

Long Train Runnin'
こないだの動画はリズムパターンを意識しすぎて
右手がガチガチでカタかったです
カッティングがそれでいいわけないので
リベンジ動画を撮らなくては!(`・∀・´)と思ってます

右手の改善ね!
これが大変で…sad
常に一定の振りでリラックスして…と
頭では、わかってても、音を意識しすぎちゃって
実際弾いてみたら全然一定でなくなる。

いろいろ試行錯誤し、
最近はこんな練習してます

先生からのアドバイス
「鏡にうつして、右手の振りがどうなっているか確認して弾いてください」
「口でリズム言いながら弾きましょう」

これをせっせと実行中。
チャカチャカ…右手ストロークだけやってたりもします。
なかなかいいかも…です(^-^)
手の振りがへんてこになるのが発見できますし
思い込みで弾いて、いつしかリズムが変わっているのも
口で言っているうちに「あれ?」と気づきます。

もうちょっとしたら、自信持って弾けるようになる気がしてるんですよ\(*⌒0⌒)♪

やっと春になってきましたね
明日はドライブしようと思いますcardash
あれ、でも雨らしい。(´;ω;`)
仕方ない。雨の運転も慣れておかなくちゃねrain

ランキング参加しています
↓ポチしてくださるかたに感謝します<(_ _)> 

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (10)

父のギター3連発

今日は更新日と内容、いつもと違います

父がクラシックギターを弾いていることはずっと前に書いたことありますよね
ギター歴50年くらいかな。(ながっ!)
記録として残しておくことは良いことだと思い、私のYouTubeチャンネルにもUPしていたのです。
で、私がUPしてきた動画で1番アクセスの多いのが2010年5月に父が弾いたアラハンブラの思い出 4万以上!
あれま、すごいです(@_@;)

後に父のチャンネル作ってみたものの、ふたつのチャンネル管理は意外に面倒です。なので、親子でのチャンネルということで、このまま一緒に続けていきたいと思うのです。
(父の入れたら、チャンネル全体のアクセス上がるしってかぁー?\(//∇//)\)

その後も違う曲、弾いてみればー?と誘い続けてましたが、「いやいや、まだ仕上がらん」とか言って録れなかったのです
でも、最近、やっと乗り気になり、こないだ一挙に3曲録画できました(*'▽'*)♪

皆様どれか1曲聞いてくださいませんか?

3曲目、アラハンブラの思い出は、父の思い入れのある曲。
以前弾いたときより、進化したみたいです。

 

私もがんばってギター弾き続けていきたいです
ネットで自分が生きている証みたいなのを残せる。
今はすごいですね(゚o゚;

聞いてくださり、ありがとうございました<(_ _)>

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (22)

カッティングで使うコード?

これ、イントロ部分です
私がやってるmixiの爆音会で、ちょい弾く機会があったので
少しだけ練習してみました
有名な曲だからご存知のかた多いですよね?

そう、スピッツのチェリー
たまにこんな曲もスタジオで合わせたりするのですnote
時間がなくて、正確にコピーしてませんが。

とはいえ、以前だったら、これ、弾けなかったですよ
アップ、アップとなるとこなんかね。
ロントレ練習したから、どうにかこうにか…です。

で、チェリーたぶん、これ以上のUPはありませんよー
次の違うカッティングの曲、通しで練習しようと考え中なのです。
(以前トライして特に撃沈した曲weep

チェリーのイントロ、
ネットで調べたポジションはこれでした。

C1

5弦とか6弦とか低い音出さない。
そうかぁーsign03

カッティングの曲なんかは、高い音だけ聞こえること
多いですよね。

ということは、カッティングで使うコードって
以前私が一生懸命覚えようとしてた5弦、6弦ルートの
セーハしてのコードとは違う押さえ方するのかぁ…と思い
先生に聞いてみました

すると、
「そうですね、低い音はベースの人が担当
してくれるから、エレキギターは高い音担当のことが多い。
で、セーハしてのコードだと1、2、3弦の音が
きれいに聞こえてこない場合があるので、カッティングのときなどはこういうフォームを使うのですよ」

とのことでした。

なるほど!なら、カッティングの曲をコード見ながら
弾くようなときは、このフォームを使ったほうがいいとなる。
でも、たくさんあるコード。いったい何をとっかかりにして覚えたらいいものか…

うーん、で、できないかも!bearing
手当たりしだい、丸覚えできる年齢はとうに過ぎてます。
心細くなり

「先生、どうやって覚えたらいいでしょー(゜´Д`゜)」
と泣きつきました

「そうですね、ではまず CとCmを基本にして覚えてもらいたいです。」

とこれを教えてくださいました。

C2


それぞれCとCmの低音弦を弾かないコードを3つずつ。

(中、薬、人と書いてあるフォームは押さえる指のことを示してます。私はこの形、間違えておさえてました。今日の動画でもまだ直してませんsweat01

まず覚えやすいのは、ルート音が1弦(6弦と同じ)にある形かな。
これをギターで確認しながら覚えてみようかなー

って、5弦ルート、6弦ルートも実はまだ完璧に覚えてないのでした…(´Д` )
曲練習のほとんどはタブ譜ガン見ですからね。最初はザザッとコード弾いたりはしても、しつこく見るのはタブ譜。
コードさえ分かれば弾けるよー!なんてレベルに
いくのはまだまだ先のことです。

バッキングパターンとか、そういうこともいろいろ知っていかなくちゃいけないし。
リズム、テンポ、ピッキング、ストローク、コード、運指…
そうそう、アームも(*^_^*)
まだいっぱいありますよね?
身につける要素。どれも習得には時間がかかります。

焦りは禁物ね。
コツコツ練習して毎日を過ごします。

きっとそのことが大事で、おそらく楽しいことなのだと思います。
上手、下手はあまり関係なく、身につけていく過程を楽しむ…

最近はそう思うのです。
以前は「うまくなった私」の姿ばかりイメージし、
それ目指して夢中だったような…(^_^;)

頭がはっきりしているうちは、体鍛えて長生きしたいです。
それくらい長期戦だワと、おなかをくくりつつあります。

ということで今日の私でした
日々報告のブログ、見てくださる皆様に感謝します<(_ _)> 

さらにランキング投票まで押してくださる皆様、ありがとうござますshine

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (12)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »