« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

なんで、こんなフレーズ弾いてんの?

今週はハイウェイスターとロントレ、立って集中練習なんですが…

日頃は、こんなのもやってます

なんか、いつも私が弾いているような雰囲気じゃないですねぇ(#^.^#)

えへー、これは教則本の練習フレーズです
使っている本はコレ

P1

ギター教室通っていると、やりたい曲の中で、いろいろ気づきがあり、
「あー、上達に近づいているっ!」と実感することが多いです。
リズム、テンポ、右手、左手、奏法、弾くときの気持ち等々…

でも、1曲を仕上げるまでには、かなりの時間を要するので、
その間、新しい気づきは増えなかったりもします。
なので、ちょい欲張って、気づきを多くしたいなぁーと考えましてね。

先生とこの本をやることにしました。
次、トライする曲のときに、活かせるかもしれないし。

とても評判の良い本みたいです

少しギターを弾いてきた人向けで
日頃「なんかうまく弾けないなぁー」となりやすいことを
プレイフォーム編、テクニック編という内容に振り分け
症状、原因、対策をきちんと説明し、練習フレーズで
矯正する…ってことで見本演奏とオケの入ったCDもついています。

練習フレーズ全部やるのは大変なので、先生に選んでもらってますが
1冊終了するのは、1年以上先のことでしょう。
がんばってみます。

で、私が弾いたのは握りこみ式フォームだけでは弾きにくいフレーズを
瞬時に指を動かしてクラシック式フォームに近い形にチェンジする練習です。
ほんと、このフレーズ弾きにくくて、大変でしたよー
先生からの詳しい指導はまだ受けていません。
ビブラートについては、まだまだ後に出て来る課題なので、今回は
スル―でございます(~_~メ)

以前トモ藤田さんの教則本をトライしたときは、内容が高度すぎて
途中で挫折しました。

さて、この本は続けることができるでしょうか…

練習動画見てくださり、ありがとうございました<(_ _)>

↓ランキング参加しています。ポチしてくだされば、元気が出ます~ヽ(^o^)丿

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (16)

ローランドつながりのエフェクタとアンプで実験

私が使っている、マルチエフェクターは
ローランド BOSS ME-25

宅録も同梱ソフトのSONAR 8.5 LE-でやってます
もちろんスタジオで音を出すときも、エフェクタ持参で
ヨイショ、ヨイショ…と

ギターと合計6キロくらいになるので、体力維持は不可欠。
以前はガラガラっていうんですか、車輪のついたのに積んでたのですが
ガラガラ本体が大きくて重い。
つまり、使いにくい!とわかり、今は手持ちです。
太るわけにもいかず、この夏3キロやせたMIKIです(~_~メ)

スタジオで困るのは、自宅では 「この音でいこー♪」と
思って選んでいた音が、いざ爆音出したら
「あーれま!(>_<)」となることが、時々あることです。
ショボかったり、音量上げたらキーキー、ハウリング起こしたり…

私がやっている爆音会では、いろんなロックの曲やるから
エフェクタで音を変えたいのに、なかなか思うようにいかず
メンバーさんに迷惑かけたと凹むことがありました。(/_;)

それで、最近は相性がいいと思われるローランドつながりで
JC120のアンプ 左側のチャンネルにLowで挿し
ハウリングしないようにトレブルを抑えめに…と

とにかく、不用意な音を出さないよう気にしています。
ほんとは、アンプシミュレータを抜いて…とか
裏のリターンに挿して…とかあるようですが
まだそこまで至らずですー(~_~メ)

自分が持っているエフェクタに慣れ
スタジオにあるアンプにも慣れることが大事かなー
なんて思う昨今

で、こないだ実験してみました

まずは宅録の音、ロントレなら、クランチの音なのかー?とME-25にプリセットされているサウンドライブラリー、クランチの音 3、5、6番の音を順に弾いています

次に、これをスタジオのJC120 ジャズコのアンプでかなり大きな音量で鳴らすとこんな感じです。

マーシャルアンプが見えてますが、接続しているのはジャズコです
こんなふうに弾いてみて、すごく違和感がなければOKということにします。

空気を通して伝わる音、だいぶ変わりますよね?

私としては3、5、6番のうち、一番最後に弾いてる6番が1番弾きやすく、
これを採用しています
マーシャルも同じ条件で弾いて実験もしましたが音がモコモコして、扱いがJCより難しいと感じました
まだ私はしばらく ジャズコから離れられないかも
でも、アンプ直結でドカーンとマーシャル&レスポールで弾くのも楽しそうだなぁ~shine

実験動画見てくださりありがとうございました<(_ _)>
↓ランキング参加しています。押してくださる方に感謝します♪
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

ハイウェイスター、最後の地味な練習?

もう、なんですかねー

この際だから、「弾けてなさそうなところは全部攻略!」と
いう気持ちになるのか…

ハイウェイスターの最後、リッチーさんがダダダーッと弾いてエンディングのところ

編集のキリが悪くてブツッとなってすみません
この繰り返しをずーっと練習してました ゆっくりスピード
けっこう難しくて、混乱しそうになるんですよ(>_<)

いわゆるペンタトニックのフレーズというものなのですよね?
6弦から始まるマイナーペンタトニックの音を使っている…という
とこまではわかりましたー
このフレーズ覚えたら、いつか良いことあるかしら?(^^ゞ

地味な練習するまえは、ポジション覚えて
ダラダラーッとなんとなく弾き流していたんです

でも、なんか弾きづらい!右手左手調和しないというか。
弾けてない感が強い!

と、なれば、いつものメトロノームのお出ましで…(^^ゞ
練習のときに、必ずやるようにしておこうと思います

細部を制することで全体を制することができる!

私には今そう思うことが必要ではないかと。
特にハイウェイスターは、基礎を学ぶのに良い教材と
なる曲だと思うので、納得するまで弾いていきたいです

もちろんその間にほかの曲もやるようにしたいですけどね
こだわったことが、他の曲でも生かせるようになったら
シメタものですねー

では皆さま、とんでもなく暑い夏ですが、体調に気をつけて
お過ごしくださいませね

MIKIはロックに燃える夏します(^O^)/
(こんな練習でどうやって燃えるんだっ!って?ヘヘ…そのうち
お話しできるかもしれません)

↓地味な練習記録ブログですのに、ポチしてくださるかたに感謝します<(_ _)>

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

裏拍かー!シンコペーションなのかー!

仕上がりそうで仕上がらないハイウェイスター(^^ゞ

オケとなら、だいたい合うのですが
本当にちゃんと弾けてるのか
1曲最初から最後までメトロノームに合わせて弾いてみよう!

と思い立ち試してたんです
そしたら…

ひ、弾けないっ!ガーン (+o+)

リズムが途中あやふや、どう弾いてよいかわかんなくなるんです。
そういうとこ、何カ所かあって、必ずあやしくなる。
どうにかこうにか合わせたつもりでも、なんかノッペリした感じで、
オリジナルのギターの雰囲気と違ってる気がする!

で、スコアを見直してみれば
あー、書いてある!

シンコペーションっていうんですか裏拍で音を出して、裏、裏…と
続くフレーズです
去年も同じようなことブログに書いていた気がするんですが、あちこちあるので
見落とし部分がありました

スコア見るとタイでつないであって、わかりにくいので
出す音をこんな風に書いてみました

P1

出す音を印してます
これだと4拍めの裏から始まって2拍ずつ伸ばして裏、裏、…
メトロノームの音の間に音を出すのね

これを先週はゆっくりで練習してましたー

表拍のリズムに慣れ切った私には、ヒジョーに難しかったですー
ついメトロノームの音と同時に弾きたくなるんですーsweat01

オケはドラムもベースもあるから、ついていくだけで良かった。
でも、ちゃんと裏のリズム感じてなければ、ギターのノリ悪いんでね?と
バレそうです

どんなにテンポが速くなっても、「ン」とはいる、感じなんですよね?

私は音源を聴いても、こんなリズムちゃんとわかんないです。
なのに、ハイウェイスター練習し始めたときは、スコアに書いてある
リズム見ず、ポジションだけ確認してたんですねー
と反省

ちなみにだいぶ慣れて今はテンポ160でもいけるようになってますよー(^O^)/
(本人がそう思ってるだけだったりしてー)

↓ランキング投票、押してくださるかた、いつもありがとうございます<(_ _)>

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (12)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »