« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

アームテンションスプリング

毎日せっせと練習に励むあまり
そうそう!アームについての報告忘れてましたよっ!

アーム、プロのかたに調整していただいて、チューニング狂いもなくなり、快適に使えるかとおもいきや…(ここまでは報告しましたよね)

ブランブランするんですよ…(*_*)
サッと使えるよう、手もと近くにアームは待機してほしいのに

ゆるいのかー?とグルグルまわしてキツくしめると
すごく使いづらい位置で止まってしまう(+_+)
そんなとこに手は一瞬にして届くものかっ!ってなところ。

ブラブラか?あさっての方向か?

いやいや、どっちもイヤーッ!(`へ´)

てってことでネットを調べてみたら、
あっ、これいいかも!というのを見つけました♪

その名もアームテンションスプリング!
楽器店にお願いしてとりり寄せ、受け取ってみたら…

Arm

↑ボリュームとトーンの間にある、毛虫のようなものですよ

ち、ちっちゃっ!(゜o゜;)

想像と違ってました
私はアームに装着するスプリングだと思ってたんです

これは絶対アームにまきつかないレベルの小ささです
何がの間違いかぁー?
の疑惑が頭をよぎりましたが

いやいや…正しいと信じよう!

ってことで、うーむ、うーむ どないして使うん???…と頭をひねることしばし。

ええいっ!装着できないなら、アームをねじ込む穴ポコ(これ、何というの?)
に放り込んでしまえっ!

と、短絡的に考えましてね。

ポイッと入れてみた

あらま、深いとこへ入ったみたいで、スプリング、影も形も見えず
一見何も変わりなし( ̄□ ̄;)!!大丈夫か?sweat01

疑惑はますます強くなりましたが
「と、とりあえず、アームをねじ込んでみよう…ネジネジ…グルグル…」

とやってみますと

「おおーっw(゜o゜)w!!!
 ええ感じに止まるやないのぉーっ!!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ」

ちっちゃいスプリング、えらいっ!
行き過ぎもせず、ブラーンともならず、ちょうどよい所に止まるのですshine

これはスグレものです。
(なんでもフェンダーのストラトキャスターには、これが最初から
ついてくるとか…???本当ですか?)

なので以前はブラーンとして、使ったあと、トーンの
ノブにぶつかって、「カチャッ!」とか、いわしていたのが

今はこう…

ハイウェイだけでなく、今後連続してアームを使うときなんかに
活躍することでしょう

で、気をつけるべきことは、スタジオなど、アームはずして
出かけたときなどに、ポロッとなんかの拍子でスプリングが
穴ぽこから飛び出してしまい…

かっこよくアーム使おうと思ったら、あらま、ブラーン…てなこと
起きそうです。
今のところ、その事態は避けられてますが(*^_^*)

安いので、私はあとふたつ予備もってます(^o^)丿

以上今日はアームの報告でした

↓ランキング投票です。押してくださるかたに感謝です<(_ _)>


にほんブログ村

| | コメント (20) | トラックバック (0)

テンポ160のトレタタ

連休であろうが、秋晴れの良いお天気であろうが私には関係ないー(*^_^*)

「トレタタ攻略」すっぞーぉーっ!!!

で、今日はほぼ音源のスピードのテンポ160

もちろん完璧にはできませんでしたが

私的には、カタカタカタカ、 カタカタカタカ、カタカタカタカ、カタカタカタカ…
16分音符の頭の意識がだいぶ良くなったと思います

正確に、細かく振る右手、親指でタと弾いて拍の頭をとらえ続けるのが
ほんと難しかったです
1拍ごとにメトロノームのカツンカツンとしっかり合うと
気持ちよく弾けるようになってきます 
これが1章節ごとに…なんて感じてると合わない。

理屈ではわかってるけど、なかなかできないんだなぁーこれが!
この動画とるまでにどんだけ練習したことか!

わかるまでの時間はかなり個人差あると思います
ギターに夢中になる、夏休みの中学生だったら
1日でわかるか…

「おばさん、これのなにが難しいの?」と言われそう(T_T)

まー、しかたないわねー

とりあえずトレタタ修行はこれくらいにして
自分なりの仕上げ動画撮れるように
全体練習しっかりしますup

今日も練習動画見てくださり、ありがとうございました<(_ _)>

練習量に免じて応援のポチをしていただければうれしいです
↓ランキング投票です

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

16分音符ですよ。トレタタは…

みなさま、台風の被害はなかったですか?
なんか、最近は激烈な天候になってますね

こちらは台風通り過ぎた後

トレタタトレタタ…

やっぱり特訓し続けてますが、音源にはどうにか
こうにかついていっても相変わらず
「なんかちゃんと弾けている感がない!sweat01
トレまでは合っても、タタが流れたようになるとか
ピックの先でごまかしている感じになるとか…
きもちワル…weep

そこで、延々と部分練習…
でも、どんだけやっても…
…………

納得いかん!\(`o'")

これでは仕上げ動画は撮れない…(+_+)
ということで、例によって、先生に相談してきましたー

分析結果です

先生のご指摘
「16分音符だから、1拍に4つのはずが、ときどき
多く弾いているときがある」

あらま、ピックがプルプルしすぎるのか(@_@;)

どうしてそうなるか?
「1拍に必ず4つなのに拍の頭、ダウンピッキング
を意識してない、4つのかたまりで弾いていない」

対策
「16分音符を意識して弾きましょう」
です

トレタタで1拍。つねにこの4つのうちのトが拍の
頭に来るのを意識しながらメトロノームで合わせる練習しました。
左手が合いにくかったら、押さえず開放弦でオルタネイトで
弾いて、拍の頭に合わせて弾けているかをまず確認。
それからトレタタ…と左手を合わせる

ゆっくりスピードで、やりづらくなるところを確認して
そこを集中練習して、できたら少しずつ上げていく

ということで、今日の特訓

暑くて窓開けてるので、電車が、ゴーッ!train

テンポ120です
このへんで私はアヤシクなります
これねー、きっちりハイウェイスターで弾けたら
絶対気持ちいいと思うのです
弾けてるかどうかは、自分が1番わかるはず。

他の曲やりたいのはやまやまですが、せっかく1年以上も
がんばってきたので、ここは攻略したい!

がんばってみます

先生言われるには
「これは、できない人も多いので、やろうとするだけ
エライですよ」

私「えー?やろうとしないだけじゃないのですか?」

先生
「いえ、できないんですよ」

ギョギョギョッ…(*_*)
ってことは私もできないか?

…と内心不安になりつつ、とにかく練習する日々です
どうしても、できなければ、どこかで妥協することもあるのかな(x_x;)

ま、とにかくベストは尽くしてみます(^O^)/

今日も悪戦苦闘記でした
見てくださるかたに感謝します

↓ランキング投票も押してくださり、いつもありがとうございます<(_ _)>

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

やっぱり地味に練習…

ライブもあって、さんざん弾きこんだハイウェイスターさ♪
割烹着動画撮るぞぉーっ!うぉりゃーっ!

と勢いこんで、動画撮ったりしたんですが…

あらまっ!弾けないところがある!(>_<)

例のトレタタ…部分ですよ
よく聴いてみるとバレるー!bearing

ライブでは
「リズム狂わない」
ことを念頭に置いて練習してたんです。
細かいところ弾けたとしても、リズムに乗ってないギターって
みっともないというか、メンバーに迷惑
先生、おっしゃるには、お客さんも、「なんか気持ち悪い」と感じるそうです。
なので、きちんとリズムに乗ることを直前練習してました

あと、音量を上げるペダルを踏んでもどす練習とか、立って
ちゃんと弾けるか…とか
自宅の環境と違うことをイメージして練習してた最近だったので
トレタタ部分が多少弾けてなかろうが、そこまで気がまわりませんでした。
(言い訳です)

今、仕上げの動画撮ろうとしたら
実はちゃんと弾けてないじゃないのー!と露見(T_T)

先生も、「あれ、以前弾けてましたよ???」てことで
ここからやり直しです

なんか、楳図かずおさんを連想…(~_~メ)
部屋着です<(_ _)>

これねー、途中、心が折れそうになってくるんですよ

右手がきちんと拍の頭をとらえているかが大事
以前も「なんとなくできてた」くらいだったんだと思います
ハイウェイスターの速さ(テンポ160ちょっとかな)だと
弾いているうちに、わけがわかんなくなりがちです。
意識してチカラ入れちゃうとダメです。自然にスルスルーと
弾くのよー、難しいよー(*_*)
修行です

いつだって「きちんとできる」になるよう、がんばらねばー!

また地味な練習動画ですみません<(_ _)>
こだわりのハイウェイスターですから、ねばってみます(^O^)/

↓ランキング投票にポチしてくださるかた、ありがとうございます♪

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (19) | トラックバック (0)

初ライブでした

えーと、最近、ずっと立って練習してるとか
スタジオで大きな音出して音チェックとか…

ちょい匂わせておりましたが
そうなんですよ、2013年9月1日
ライブというものに、初めて出させていただいたのです!

私がmixiでやっているコミュ、通称「爆音会」の
メンバーさんから「会社の仲間でライブを主催するから
爆音会でバンド組んで出ませんか?」
とのお誘いを受けたんです

それで都合のつくメンバー7人で
この日のために結成しました♪
バンド名「爆音Z」(バクオンズ)(^-^)

さて、私以外は楽器歴も長く、ライブ経験もあるのでよいとして
問題は私でした
「ライブって、何?
見に行ったことも
ほとんどないんですがー…」

こいつを何とする?(+_+)

なので、全7曲のうち、2曲担当にさせてもらい
ロントレとハイウェイスターに集中練習してたんです
2曲入魂!

ギターの先生からは、「大丈夫ですよ。私も
見にいきたいくらいです」と言っていただけ、
勇気がでました

ライブを意識したスタジオ練習のときは
当日、リハというものがあり、PAさんからの指示で
音を確認したりする…こととか
どこかで必ず失敗するものだとか心得的なことも、
メンバーさんから教えてもらいました

そして、その日はやってきた!

メンバーさんの人脈で、お客様、大勢集まり、会場は
にぎやか。

ライブの直前、少し落ち着かない気持ちで、ソワソワと
何回もケーブルを持ったり、離したりしてた私ですが
(よく からめちゃって、パニくるんです(*^_^*))

いざ出番になり、スポットライトがステージにカーンと当たり
音を出してみれば

あらまぁ、ほとんど、アガらない!
観客さんがおられるのはわかるんですが、
まぶしすぎてよく見えないし、ドラムが
よく聞こえたのもあって、だいたいリズム、はずさず弾けましたよーヽ(^。^)ノ!

とはいえ、ノーミスは無理でした。
ハイウェイスター、トレタタの途中で「あら、このポジションだっけ…」と見失ったのです
自分の音がそのとき、聞こえづらかった。

でもね、パッとわかるところから、もどすことが
できました
先生のお墨付きをもらった私です、できないはずがない!と
心に強く念じていたので、落ち着いて対処できたんだと思います

やっぱり努力は裏切りませんね

家に帰るなり、ワーッと泣き伏すような結果は避けられました
私としては、セーフ

私を気づかって、わざと大きなアクションで
合図を送ってくれたり、アンプの調整を助けてくださった
メンバーさん達に感謝しています。

リハのとき、PAさんから、「音のヌケが悪いですよー」
とか言われたとき、どうやって調整していいかわからず
助けてもらいました。これはいけませんね

爆音出せばいいってもんじゃない!と痛感しました
少し誤解されそうな会の名前も変えようと思ってます

良い経験をさせていただきました。次のステップへ進めそうです(^O^)/
これを体感というのですね。おばさんは進化できそうです
進化を遂げたときには、ロックばぁちゃんの一丁上がり(~_~メ)

ハハ
それもいいじゃーん♪

あっ、写真ですか?

では

0901p1


どの顔も個人特定できませんよね?(^^ゞ
ま、こんな感じだった…ということでご勘弁を<(_ _)>

ギター、これからもがんばります
↓ポチしてくだされば、元気が増します

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

| | コメント (22) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »