« アルペジオにディレイをかける('A`) | トップページ | スタジオで個人練習してきました »

ビミョーなディレイ

今日もディレイ学習報告です

だいたいが課題自体弾けるか?というのが
大問題なのですが今回は

「16分カッティングにショート・ディレイをかける」

出ました!16分カッティング(^_^;)
いつもLong Train Runnin'をウォーミングアップがわりに弾いているとはいえ、この曲くらいしか経験ないのですよsweat01

これは1日の付け焼刃では報告できないゾ!と3日くらい練習して録音しました

相変わらずムービーメーカの使い方、今いちよくわからず
雑なつくりの動画ですみません<m(__)m>

教則本ではディレイタイム25ミリ秒で、とあったのですが
それだと、ほんとビミョーすぎて、私には???coldsweats01

そこで、28ミリ秒で録音しました。
それでも、うーむ (~_~メ)
(耳がわるいんかーい?!)

で、ためしに40ミリ秒という、音が不明瞭になるタイムを設定してみたら、なーるほど!と思いました。

ただ、「これでよし!」という落としどころが難しい気がしました。
最後に30ミリ秒も録音してみましたが
これでもいいような気がしたり。
SONAR使って弾いてたときは、「おっ!音が厚くなるわ♪」と違い、わかったのですが、録音して後から、再生してみると違いがあまりわかんなくなったような。
wav形式の音なんですけどね。

しかし、どう設定したとしても、もとのカッティングをキレよく弾かないと、いかんわけですよーorz

そこは、これからの私、ガンバレってことで(~_~メ)

音がちょいうすっぺらいかな?と思うとき、ショートディレイを使うっていうのはアリでしょうかね♪

エフェクターの機能を学習すれば、いろいろ今後に役立つのは間違いなさそうです。(^O^)/

今日も私のブログ見てくださり、ありがとうございます。
次回も、ディレイ学習ですが、さてー、報告できるかなぁ、課題弾けるかぁー?sweat01

あ、もちろん この教則本の課題、47あるみたいだけど、今後毎週全部報告するわけではありません。
今、ネタ的に、これが続いているだけです~(ほかに思いつかないの(^_^;))

↓ランキング参加しています。いつも押してくださるかた、ありがとうございますshine

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

|

« アルペジオにディレイをかける('A`) | トップページ | スタジオで個人練習してきました »

エフェクター学習」カテゴリの記事

コメント

MIKI様
こんばんは。

面白い実験ですね。確かに40ミリは音がかぶってしまっているようです。
その他はおっしゃる通り音に厚みが出ているようです。
これだけ実験されるということはひょっとして理系の出身でしょうか。

愛新覚羅

投稿: aishinkakura | 2014年8月24日 (日) 19時28分

ポチ

こんばんわ~

カッティング、すごく良いじゃないですか。良すぎて私にはディレイをかけた時とかけない時の音質がなんか違うなー、くらいしかわかりません(^^)

私はカッティングをするときはディレイを使ったことがないんですよ。ディレイはリードの時くらいでしょうか。
ん~、なんて言うんだろうなぁー。
カッティングの醍醐味はクリーントーンにあると勝手に思い込んでいるのかもしれませんね(^^;)
歪ませると下手さがバレルので(笑)←ミュートへた!

でもね、そんな私でもたまにカッティングで使うエフェクターがあります。それはフェイザーです。
なぜならば、カッティングの下手さを完璧にごまかしてくれるやつだからです。
私はGT10を使いこなせなかったので、MIKIさんには色々な音の追求を是非是非頑張って欲しいなと思っています。

さてさて、今から1時間ほど練習して寝ることにしましょう。

              では~

投稿: KageG | 2014年8月24日 (日) 22時13分

Audacityで音をキャプチャして波形を見てみましたが、ディレイ戻りのレベルが低いんじゃないでしょうか。波形を見ればはっきり見えるはずだと思ったのですが確認できませんでした。40mSのは確かにつながってしまっているようなんですが

レベル7とか70とかいうのは私にはわかりませんが、16分ディレイとか付点8分ディレイと戻りレベルは同じ値なんでしょうか?

投稿: PIcksClicks | 2014年8月24日 (日) 22時54分

おお、28msだと確かに音が厚くなったように聞こえますね。
壁からの反響音も拾ってるような広がりを感じます。
分かりやすくて良いですね。

この音源、どんな方法で録音したのですか?
ビデオの時よりも良い音質に聞こえます。

投稿: Joe | 2014年8月24日 (日) 23時01分

>aishinkakura さん
教則本とマルチエフェクターの取説見ながら、わからないなりに試しています。
バリバリ文系ですが、とにかくやってみようかと…(^_^;)

投稿: MIKI | 2014年8月25日 (月) 08時04分

> KageG さん
私はなんせ、コンパクトエフェクターをすっとばして…ですので、マルチエフェクターにせっかくいろいろある機能をまずは試してみたいものです♪
カッティングはこの速さで弾けるまで3日かかりました^_^;
フェイザーですか!教本にものってますが、いちばん後ろのほうですー(>_<)

投稿: MIKI | 2014年8月25日 (月) 08時09分

>PIcksClicks さん
わざわざ波形見てくださったのですねー
教本の指示通り…というのは、エフェクターが違うわけだから、そもそもできない…ってことあったり、結果は違ってくる…っことあるようにも思います。
同じような使いかたしてそうなら試せるのですが。で、こないだの付点8分ディレイのときは100~990msのディレイから選び、今回は1~99msのディレイから選んでいます。レベルというのはディレイの音量です。
ディレイというのが「どんなことをするものか」がなんとなくわかるというのが学習目的なので、次のディレイ学習にすすみます

投稿: MIKI | 2014年8月25日 (月) 08時18分

>Joeさん
そうですかー おわかりになりましたか(・∀・)
録音はME-25についてきた、SONAR 8.5 LEですよ。これしか、ライン録音のやりかた知りません(^_^;)
録音時はディレイの違い、音が良くてよくわかったのですが、wav形式にしてPCで再生したら、私の耳ではわかりづらくなりました((+_+))
でも、いつものハンディレコーダでの動画撮りの音よりは、ずっと良いと思って、このエフェクタ勉強シリーズではそのようにしています。

投稿: MIKI | 2014年8月25日 (月) 08時22分

耳の精度は高いので、ミリの単位で遅れがあれば、分かりますが、10msくらい差があれば明らかに違いがわかると思いますが、28msと30msは流石に簡単に聞きわけできないと思います。機材のレイテンシーだけでも、20msくらい誤差があったりしますので機材の接続によっても聞こえる結果が変わってくるかもしれませんね。
あとmsで表現された物理時間はテンポによっても変わりますが、教本にはテンポの記述はなかったでしょうか?120BPMだと、4分音符で500ms、16分音符で125msですので、125ms以内であれば次の音とダブルことは無いですし、決まりは無いと思いますが、直接音から離れすぎないところを狙うというのがその教本の意図でしょうか???
※すみません、理系なので数値につい反応しますw

投稿: ぶり | 2014年8月25日 (月) 22時42分

おはようございます。転職した会社がiiPadを支給してくれたので大阪へ移動中の新幹線でも皆さんのブログを見れるようになりました。でも確実に仕事もいつでもドコデモさせられてます。
ディレイいいですね。私にも音が豊かになる効果があるように聴こえました。カッティングもカッコ良く聴き惚れましたよ。
私もマルチのZoom G3を持ってはいるのですがほとんど使えていません。15000エンで買ったアンプ(Roland micro-cube)の歪がけっこういいんですよ。そのうちブライアン・メイの音をG3で出したいなあと思っています。

投稿: バルサ | 2014年8月26日 (火) 06時54分

>ぶりさん
理系ですかー!私は全然!数学、物理、化学ほぼ全滅です(^_^;)
で、テンポに関しては音源を流してそのテンポで弾いています。教則本には今回テンポに関しては書いていません。
実はCDにある「かける前」「かけた後」の音もものすごくビミョーで、私にはあまりわかりませんでした。控えめにセッティングして、ほんのちょっと音を厚くする…というのが目的のようです

投稿: MIKI | 2014年8月26日 (火) 07時30分

>バルサさん
iiPadもってお仕事ですかー!かっこいいですね♪
音作り、私にはとても苦手意識が強いのですが(ギターも難しいケド)弾きたい曲にエフェクターが使われていたとき、あー、これは○○使ってるな♪とわかれば、なんかうれしいかなぁー(・∀・)と。
課題自体難しいのですが、ぼちぼちとがんばってみます

投稿: MIKI | 2014年8月26日 (火) 07時34分

僕の頼りない耳^^;によりますと、
28msだと確かにちょっと音が厚くなった!
40msだとダブってるのかなにかよくわかりませんが、
とりあえずちょっと気持ち悪い、
って感じました。
MIKIさんも僕と同じで別にU2とかをやろうと思っているわけではないと思うので、
気持ちいい音と気持ち悪い音を聴き分けられれば、
とりあえず今はいいんじゃないんでしょうかね〜。
ダメ?^^;

投稿: みにみに | 2014年8月26日 (火) 12時33分

>みにみにさん
この使い方は隠し味みたいなものかな…と思いましたよ
ちょい音がショボイ…と思うようなときにいいのかも(^_^)/
40msの音はせっかく苦労したカッティングがぁーっ!てことになってますから、やりすぎ注意なのですね。
U2は今まで弾きたい!と思ったことないのですが、エフェクターについてスコアに指示あったけど、「わ、わからんもん!」でフツーに弾いてしまったことあります。
そのあたりをこれからは改善したいなかぁと(^_^;)

投稿: MIKI | 2014年8月26日 (火) 12時44分

レベル7のディレイってロングディレイだとかけすぎなイメージがありますが、ショートだと全然オッケーなんですね。勉強になりました。
 どんな楽譜でもきちんと練習していってるMIKIさんは相変わらずすごいですね。

投稿: ウッソ | 2014年8月29日 (金) 10時23分

>ウッソさん、
ディレイの使い方、こういう本でもないと
私は全然わかんないのです。
でも、やってて、「もっと大事なことあるだろー」と
今、思いつつあります(@_@;)
音の勉強はいっぱいせねばー(~_~メ)もちろん弾くことが大事だとは思うのですけど。

投稿: MIKI | 2014年8月29日 (金) 19時33分

MIKI様
おはよう御座います。

本日9/1の私のブログはギター演奏です。
以前MIKI様もトライしたことがある曲です。
ご訪問よろしくお願い致します。

愛新覚羅

投稿: aishinkakura | 2014年9月 1日 (月) 08時12分

>aishinkakuraさん
あー、ホンキートンク…ですね♪
当時声をかけていただいたバンドで練習することになった曲でしたが、ものすごく難しかった記憶があります。
ストーンズのグダグダーとした絶妙なギターは、どうにもこうにも真似できませんでしたよ

投稿: MIKI | 2014年9月 1日 (月) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルペジオにディレイをかける('A`) | トップページ | スタジオで個人練習してきました »