« アンプの学習3 60年代ロック風クランチサウンド | トップページ | クリーンに近いクランチ・サウンド »

ペンタトニック

日頃の練習、最近はいろいろ内容が多彩になってきました。
先生からの指導で、Cメジャースケールをいろんなポジションで弾くことは
地味に続けています。8パターンあるのですが、今は6パターン目までを練習しています。

それに加えて、最近はペンタトニックを練習しています。

Aマイナーペンタトニック オクターブ違いと、間にCマイナーペンタトニックを弾いています。
バッキングはーC G F の繰り返しをあらかじめ録音しておいてそれに合わせました。

このポジションでの音を使ってアドリブ練習を先生となるべくするようにしてます。
最初先生に言われたとき、
「ええっ!そ、そんなこと、私には恐れ多いー!coldsweats02」と
ドン引きしたのですが、「音をこのなかから、適当に選んで弾くとこからやってみましょう」ってなことで
先生とアドリブ、バッキング…と交代に弾く 練習してます。

このバッキングには、AマイナーとCマイナーの両方のペンタトニックが合うのだそうです。

そんなこと、先生から言われなければ、「まだまだ先」と思っていたでしょう。
アドリブって作曲みたいなもの…そんなのできっこない!と強烈苦手意識を持ってました。sweat01

でも、おぼつかないながらも、音を拾って合わせていくと、
「あー、私にもなんとかできるかも…」と最近は少し楽しくなってきましたnote

それは作曲というより、「定番フレーズを覚え、それらを組み合わせ
リズムに乗せて弾けば、なんとかなる」と思えるようになったからです(#^.^#)

なので、今まで少ないながらも、ソロパート弾いてたなかに、「ペンタトニックがあった!」
と気づく曲がありましたので、そこからのフレーズ思い出して、混ぜて弾いたりしてます。

そして、ちょうどよいことに、今やっている教本で、次に報告しようと思っている課題のスコア
ちょい私には難しいのですが
コードを見れば C F G です

「おおっ、これは日頃のアドリブ練習のネタになるフレーズになるではないかっ!happy01

と、がぜんやる気になりましてね(コロッと変わる)
今せっせと練習してますよ。

毎日練習はいろいろ増え、忙しいのですが、パズルの断片が少し組みあがってくるような感じで、目標物が見えてきそうな気がする毎日です。

今やっていることがすぐ効果を表すわけではありませんが、じわじわと後でつながってくるのを体験できるのは楽しいことです
そんな日々をこれから続けていければなぁ…

今日も私の報告ブログ、見ていただきありがとうございます<m(__)m>
↓ランキング投票参加してます。押してくださるかたに感謝します

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

|

« アンプの学習3 60年代ロック風クランチサウンド | トップページ | クリーンに近いクランチ・サウンド »

ロックギター練習記録」カテゴリの記事

コメント

おはようございます~

おおー、いよいよペンタに入ってきましたか!
というか複雑な運指の練習もされていましたのでペンタはとっくに卒業されていたと思っていたのですが・・・
そうなんです。スケールは何種類もありますが、その組み合わせでかなりのアドリブができると思います。特にインストの曲では殆どの場合、必須のテーマとテーマの間にアドリブの部分がありますが、スケールの引き出しが多いとある程度ついていけると思います。こういう私なんかはまだまだです。瞬時の切り替えが出来ない時がままあります。スケールの中に指くせのついたフレーズを盛り込むとアドリブの幅が広がるみたいですね。
早くどのポジションでも弾けるようになると良いですね(^^) 頑張ってください。

PS
皆さんに言いふらしておりますが(^^;) PRSブラッシュストローク24をゲットしました。36回月賦でね(笑)たまたまjoeさんのと同じなんですが、
色はブラックゴールドです。
頭金を少し払って月1万円以内なのでとても楽チンです。現物は今月末に取りに行きますが。もう鼻の下が伸びきってニタニタしております(^^;)

    では~

投稿: KageG | 2014年11月24日 (月) 12時42分

こんにちは♪

気持ち分かります。ギターを弾き始めて少しずつ上達
していく感覚を感じるようになり、前に進むということ
、色んな事が分かる~視野が広がるという事が分かる様に
なって来ました。MIKIさんが仰るように「パズルの断片」
が組み合わさるような感じ・・・。個人的には広い画用紙
に色を塗っていき、少しずつ白い部分が無くなっていく感
じにも似ているように感じます。

マラソンや長い距離を歩いたり、長い階段を登る事にも
似ているように思います。先を見れば大変に感じても、
全ては一歩から・・・一歩を踏み出さなければ始まらない
し、前に進まない。けれどたとえ小さな一歩でも踏み出せ
ば必ず前に進み、踏み出す前に比べて確実に目的に近づい
ているのですから。

どうしても全や距離を見ると不安になる。でも弾いた分
だけ上手くなれていると思えば、少しは楽ななるかも?
或いはちょっとしたきっかけで「楽しい」と思えれば、
ドンドン先に進めるような~実際に進んめてるように感じ
る・・・気持ちって不思議ですよね。

投稿: レブ | 2014年11月24日 (月) 15時17分

おお、とうとうペンタに入りましたか。アドリブってとても難しいイメージがありますが、まずは、ペンタから音拾って適当に弾いているだけでも、アドリブっぽい感じになって楽しいですよね。私も楽しかったです。でも、ワンパターンな演奏となり、今苦しんでおりますが...

このあたりの理屈は、下記サイトがとても参考になりました。もうご存知かもしれませんが、念のためURL貼り付けておきますね。

http://www.j-guitar.com/ha/roo/roo_01.html

こちらの動画も分かりやすかったです。
http://www.j-guitar.com/ha/adlib/blues_01.html

あと、MIKIさんのサイトを私のブログにリンクはらせていただけますか?ここにくるのが楽になりますので。

投稿: HIRO | 2014年11月24日 (月) 17時45分

こんばんは。スケールの練習から入ってすぐにアドリブってやろうと思えば出来るもんなんですね? Mikiさんはこれまでいろんな曲やフレーズを頑張って練習してこられ引き出しがいつに間にか多いと先生も見ぬかれているのかも。 スケールはまだ場所でおぼえられるかもしれないと思いますが、私はコードの知識が全く頭に入りません。いつかはバラバラの知識がつながる時がくるような気がしません。頭が固いのでしょうね。

投稿: バルサ | 2014年11月24日 (月) 19時06分

MIKI様
こんばんは。

ペンタトニックですか。基本だといわれていますね。YouTubeでもペンタのレッスンビデオが多数アップされていますね。
今まで避けてきましたがヤッパリ地味に練習しないと駄目でしょうね。(反省)
これが憧れのアドリブへの道であるなら避けていては駄目ですね。

愛新覚羅

投稿: aishinkakura | 2014年11月24日 (月) 20時19分

お〜、C F GとくればヴァンヘイレンのJUMPのメインのリフですね。
あの曲に合わせて弾いてみるのも面白いかも(^ω^)

投稿: てつ | 2014年11月24日 (月) 20時46分

>KageG さん
いろんな曲弾いてきて、そこにペンタトニックが使われていても、全然理解できず、今になって、「あー、あれは…」と思ったりしてますよ。これからじわじわとわかるのではないかと期待しているところです。
レイラは、バッキングを覚えたら、クラプトンさんのパートも弾いて、そこからフレーズをいただいちゃおう♪ともくろんでますが、はたしてその野望はかなうでしょうか?(#^.^#)
で、KageG さん、まぁ、すごい!あこがれのギターですね(^O^)/これで、毎日の楽しみが倍増しますねnote

投稿: MIKI | 2014年11月24日 (月) 21時01分

>レブさん
お久しぶりですー(^O^)/
そうなんですよ。5年なら、5年なりに弾いてきた、蓄積がいろいろ、あっちこっちで生かされ、ヒントになって次へ進みやすくなることもあるようです♪
でも、その道のりは果てしなく遠くて、「間に合わないかも…」という気持ちにもなりますが、はっきりしてることは
「やめたら、終わり」ってことです
私の場合は年齢的に挫折したらあかんのです。(^_^;)
ということで、これからも、ギターにしがみついていきますよー

投稿: MIKI | 2014年11月24日 (月) 21時05分

>HIROさん
そうですよねー、このスケールの音を適当にひろうだけで、なんか、合うような…というのが楽しいですね。
でも、それで、自分の頭で考えたフレーズ弾いてみると、「うーむ…」と限界がすぐきました((+_+))
なので、やはりあっちこっちから、かっこいいフレーズをかき集めて、指に覚えこますのがいいかなぁとフレーズ収集中です。
お知らせいただいたサイト、チョーキングとかでお世話になったことありましたが、アドリブやスリーコードとか、のとこは見たこと、ありませんでした。
参考になりそうです(^O^)/
で、リンクの件も了解です。今まで、何回もやりとりさせていただいてますから、こちらからもピョンと飛んでいけるようにしますね。どうぞよろしくお願いしますm(__)m

投稿: MIKI | 2014年11月24日 (月) 21時14分

>バルサさん
先生が、そろそろアドリブを…と切り出した理由は、わかりません(#^.^#)
でも、私が音楽理論にも興味を持っていることをご存知なので、それとからめるためにも…と思われたかもです。
で、コード!それ、私もいまだ苦手です。だいたい、6弦と6弦のルート音もまだコードを見て、全部はパッと手が動きません。
それでも、以前より音のありかはわかってきたので、この年末年始に時間があったら、コードの構成音について、腰をすえて勉強したいな!とこれまた野望を持っています。
レイラといい、野望だらけですが…(^_^;)
で、頭がカタイといえば、バルサさんより、はるか上をいく私なのは確かなことです。ほんとに石頭のドテカボチャです。

投稿: MIKI | 2014年11月24日 (月) 21時21分

>aishinkakura さん
アドリブ、あこがれておられますかー?
私は…えへへ、実はそんなでもありません。
有名な曲のコピーができたら、満足です。
でも、そういう曲も曲の最後とかに、アドリブがピロピローと入っていること多いですよね。あそこまで正確にコピーする必要ないですよね。そんなときに、なにげに適当に自分でアドリブできたら、かっこいいかもですよね。
あと、こういうことわかっていると、曲のコピーもしやすくなるようです。ソロパート、ああー、ペンタじゃん♪とかわかるので、指の検討がつきやすいような感じです(^O^)/
Let it beとか、ゆっくりした曲で、Aマイナースケールをたどる…これ、楽しいかもですよ♪

投稿: MIKI | 2014年11月24日 (月) 21時27分

>てつさん
あー、JUMPがその進行でしたかー!
今、ちょい試してみましたが、うー!はやい!
しかも先生とやっているのは、ブルースっぽいので、違和感ありまくりになりました((+_+))
こりゃ残念!ハードロックにあうペンタトニックのフレーズ収集もせねば…と思いましたよーupwardright

投稿: MIKI | 2014年11月24日 (月) 21時32分

アドリブの最初はペンタからというのは分かるのですが、その後の他スケールも含め理屈はある程度分かったのですが、実際どうアドリブに結びつけたらいいのか、未だにわかりません。
やはり、本だけではだめなんだと思うのですが、実践的な方法など、ご教授いただけるとうれしいなぁなんて思ってます。ぜひ、コツなどもブログで披露お願いいたします。(他人のふんどしで相撲を取る感じw)

投稿: ぶり | 2014年11月24日 (月) 23時04分

こんばんは。

MIKIさんは、すごくギターを楽しんで弾いているな~
という感じがして、このブログを毎回楽しみにしていますヽ| ゝ∀・*|ヽ

ペンタトニックは、それだけあればギターで、かなり遊べる
まるでギター界のディズニーランド???みたいなヤツですよね!!
いや、ユニバーサルスタジオかな?

パズルの断片が少し組みあがってくるような感じ、と書いてありましたが僕も、すごく共感します。

僕も音楽理論を学ぶことで、コードやスケールなどが点と点でしかなかったのに、それが繋がって線になり、音楽の仕組みがわかり、すごく音楽が楽しくなりました。

ほんと音楽理論、作った人、天才ですヾ(゚д゚)ノ゛

投稿: いさ | 2014年11月25日 (火) 00時32分

>ぶりさん
いえいえ、私も、アドリブのこと、あまりあこがれてなくて、すごく低い志でやっているような今でして…(^_^;)
それでも、先生とやってて楽しくなるようなときは、自分でリズムに乗れてる…と感じる時でしょうか。
どうも、ここは肝心なところらしいです。選んだ音を平坦に羅列するだけでは、ノペーッとなってしまうみたいですねぇ。いろいろ知識、練習を経て、かっこよく弾いてみたい…という欲求はあります(^O^)/

投稿: MIKI | 2014年11月25日 (火) 07時55分

>いささん
ありがとうございます。shineここまでやりかけたなら、そこそこ楽しくなってきたし、途中で投げ出すわけにもいかないワーという気持ちで、毎日練習してます
でも、すごく、理解が遅いです。(^_^;)
いささんは作曲をされるので、音楽理論を知り、そのことで音楽がいっそう楽しくなったのですねー(^O^)/
そうですかー、そんなに楽しいですかぁー!
本を読んでも途中で挫折してしまう、理論ですが、実践で、ちびちびとあっちこっちで知識を得ておくと、難解だった本も、「あっ、これ、わかる!」と手がかりが増えいつか完読できるかもしれません。そういう蓄積はしたいなぁと思っています。
で、そうなったときに、グッと楽しくなってるんでしょうネnote

投稿: MIKI | 2014年11月25日 (火) 08時02分

スケールを覚えるという作業は、ギターを弾く人にとっては通らないといけない道ですが、
ポジションを覚えるのと、ポジションを使えるようになるのは全然違う話しで、
自分も最初、上から順番に弾いて必死に覚えようとしましたが、
覚えるだけで全然使えるようになりませんでしたね。
大切なのはフレーズとして覚える事なので、
それは追々になると思いますが楽しみにしています!

投稿: そろいすと | 2014年11月25日 (火) 22時10分

>そろいすとさん
そうですね、いろんなスケールをそのまま弾いているだけでは全然アドリブできる気がしません。
練習している曲のなかに、ペンタトニックを使ったフレーズがあるのですから、「なるほどー」と理解して、自分の手に覚えこませ、あとでそれを活用できるように…とストックしていく作業とかが必要かなぁとか思っています。
実際にアドリブするときには、応用力というか、いろいろ頭や体に落とし込んでいくことが大切で、漫然と曲をコピーして終わり…ということがないようにしていきたいです。(^O^)/

投稿: MIKI | 2014年11月26日 (水) 07時35分

初めまして。

確か、ギター人気ブログランキングでここを知ったのが最初だったと思います。よくブログを拝見させていただいていたんですが、今回初めてコメントさせていただきました。

今年の6月からエレキギターを初めた50過ぎのおばさんです。MIKIさんはおそらく私よりずっとお若い方だと思いますが、妙齢になってギターを始められ、日々コツコツと努力していらっしゃる姿に感動しました。とても励みになっています。私もいつかMIKIさんのように上手になれるよう頑張ります!

事後報告になってしまって申し訳ないのですが、自分のブログにブックマークを貼らせていただきました。もし支障があるようでしたらご遠慮なくお伝えくださいね。

http://ameblo.jp/xiaotanya/

投稿: TANYA | 2014年11月26日 (水) 11時12分

MIKIさん

やってますねぇ〜。
Aマイナーペンタが使えると言うより、Cメジャーペンタを、構成音が一緒の並行調のAマイナーペンタのポジションで弾いちゃえってことですね。なので、ルート音はAではなくてCを意識することが大事です。特にメジャーペンタのフレーズは適当に弾いてルートに着地するとフレーズにまとまりが出るので、把握しておくのは大事です。

ペンタあるあるネタではありますが、私は、Cマイナーペンタが使えるっていうのが、いまだに理解できません。だって、CメジャーコードでEが鳴ってるのにCマイナーのスケールのE♭が使えるなんて…。長調のコード上で短調弾くなんて…。ブルーノートだから弾いていいっていってるくせに、音がぶつかり過ぎるからちょびっとチョーキングしてね(ピアノはどうすんじゃい!)とか上手いこと言いくるめられてるような気がします。
でも、もちろん使って弾いてますけどね…。西洋音楽理論では説明が付かないと言う話しも聞きますし(ブルースおそるべし)、カッコ良くて、楽しけりゃいいですよね(^^)

投稿: トメスケ | 2014年11月26日 (水) 22時21分

ペンタとメジャースケールどちらが弾くの難しいですか?
まあ、両方難しいといえばそうなんですが(笑)
僕はペンタのほうが難しい気がします。ペンタって普通1弦につき2音弾いていくじゃないですか。3音も弾くことありますけど、その時点でストレッチが必須でスーパーフレーズになります。それにくらべてメジャー、マイナースケールは1弦につき3音弾くことが多いじゃないですか。ダウンとアップが逆になっていきますけど。
 ペンタのほうが弦移動が多くなるんですよね。なのでテンポを上げていくと簡単なペンタも難しく感じると思いますよ。

投稿: ウッソ | 2014年11月26日 (水) 22時31分

>TANYA さん
はじめましてヽ(^o^)丿
年齢は私のトップシークレットですが(#^.^#)
子どもがもう成人しましたので、TANYA さんと同世代ですよ♪
そうですか今年の6月からですか!
がんばってくださいねー!そして、くれぐれも、指を痛めないようにしてください。最初は力加減がわからないし、筋力もついていないので、指とか手首とか関節がギシッ!ときたら、絶対休養してくださいね。
ブックマークありがとうございます。また良かったら、ぜひコメントお願いいたしますm(__)m

投稿: MIKI | 2014年11月26日 (水) 23時27分

>トメスケさん
先生はゆくゆくはペンタトニックと理論をからめて説明してくださるかもしれません。その準備段階みたいなのを今やっている感じです。
で、先生が言われるにはCマイナーペンタでこの動画のコード進行でアドリブ弾くと、「ブルース色が強くなる」と言われていました。
なるほど、そういわれてみたら、雰囲気がそうかもー?
ってくらいにしか私はまだわかりません。
「ブルースって何ですか?」という質問をまだ先生にしてなかった私です((+_+))
先は長いです(^_^;)

投稿: MIKI | 2014年11月26日 (水) 23時32分

>ウッソ さん
Cメジャースケールを6パターンやってる今ですと
1弦につき3音弾いてやりやすいパターンと、
あらら、そこに移動するかーい!?っていう
運指のパターンがあります。これ、やりにくいけど、いつかいいことあるんかなぁと年内にあと2パターンも練習できれば…と思ってます。
で、動画のペンタでアドリブなど弾くとき、そうですね、けっこう弦移動多い気がしますね。速いフレーズ弾こうとすると、気持ちはあれど、音が出ない…ということ多いです。
そういうとき、先生からは、やたらと多くの音を羅列するよりも、じっくり繰り返して、味わいながら次へすすむといいですよ…と聞きましたので、忙しく弾かないように心がけるようにしてます(^_^;)

投稿: MIKI | 2014年11月26日 (水) 23時44分

楽しくアドリブするには、

1) 「間」が空くことを恐れない。
2) 「繰り返し」を恐れない。
3) 話すように弾くべし。

もうひとつ付け加えると、

4) 裏から入るフレーズが新鮮に聞こえることもある。

というところでしょうか。

「繰り返し」というのは単にフレーズを繰り返すことだけじゃなくて、リズムパターン(譜割り)の繰り返しや音形(上がったり下がったり)の繰り返し、またはその複合のことを言っています。

投稿: PicksClicks | 2014年11月29日 (土) 11時09分

MIKI様
おはよう御座います。予告です。

例によって明日は毎月1日のギター演奏です。
今回はThe Whoに挑戦しています。ご訪問を
お待ち申し上げます。

愛新覚羅

投稿: aishinkakura | 2014年11月30日 (日) 08時09分

>PicksClicks さん
1から4まで、すごく大事なことですね♪
で、私はそういうこと注意されてはいるのですが、なかなかに実行は難しいです。
まずは音のありかをきっちり指に覚えこませ、瞬時にストックしているフレーズを弾けるか?というあたりで四苦八苦してますsweat01

投稿: MIKI | 2014年11月30日 (日) 11時37分

>aishinkakura さん
12月はThe Whoですか
了解です

投稿: MIKI | 2014年11月30日 (日) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンプの学習3 60年代ロック風クランチサウンド | トップページ | クリーンに近いクランチ・サウンド »