« 「ティム・バートンの世界」見て弾きたくなった" Bones" | トップページ | Long Train Runnin'はずっと練習してます »

やっとエフェクター学習(^_^;) →オーバードライブ

私がノロノロと取り組んでいる「アンプ&エフェクター入門」(シンコーミュージック)の本、やっとエフェクターのところまできました♪

以前、ほかの教則本でディレイをかじって中断したので、この本は完走したいものですがけっこう大変です。

だいたいが課題フレーズが難しい!wobbly

私にとっては、どんなフレーズもそうなんだ…と落ち込むことしきりですが
そんなん言ってたら完走できないので、気を強くもって
「ありのままの~note」(古かったですか?)でいきます

オーバードライブの学習です

1回目はアンプ設定だけで弾いてます クリーンサウンド

ギターはストラトタイプ、フロントです。

マルチエフェクター ME-25では
CLEAN-おそらくローランドジャズコーラスのクリーンを模した音を選んでいます

なんかペラペラした音ですが、お手本の音もこんな音です(ほんとですよー(^_^;))
チョーキングが不安定、変な音が入る、出るべき音が出てない…というのは私のせいです(T_T)
クリーンの設定だと、できてないところがすべてバレバレです。

2回目はそれにオーバードライブを加えています

ME-25ではOD-1というボス OD-1の音を模したサウンドのエフェクター使用です。
DRIVE、TONE, LEVEL を調整して、そこそこお手本音源に似たかも…です

ちょい歪ませるって感じでしょうか?

本には「典型的なオーバードライブサウンドのリード・プレイ」と書いてありました。

しかし、私には何が典型的なのかわかりませぬsad
なんでフロントなんだろう…とか。

あ、ME-25の取説にはOD-1の音について
「甘くマイルドな歪みが得られます」と書いてありました。
うーむ!なんかこれと関係あるような気もしなくはないが、いったい何だろう?
甘くマイルドな歪み…

この音聞いて、なにかおわかりになるかたがおられたらおしえてくださいませm(__)m

録音後、フロントでなく、リアで弾いたり、もっと歪ませてみたりしましたよ。
この本、やりはじめたとき、とんちんかんだったことも、少しは理解進んではいるようです(^o^)/

以上、今日の報告でした

ブログ見てくださり、ありがとうございますm(__)m
↓ランキング投票参加しています。お立ち寄りの際にポチッとしていただけたら、励みになりますshine

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

|

« 「ティム・バートンの世界」見て弾きたくなった" Bones" | トップページ | Long Train Runnin'はずっと練習してます »

エフェクター学習」カテゴリの記事

コメント

私もリードはフロントだな!
と漠然と思っていて
ちょいちょい使ってますが

実際なんで?と言われると
うーん?/(^o^)\

きっと、MIKIさんブログコメ常連の人達の有用なコメントが付くと思われますが

私は基本的にリアの音のほうが好きなんですよね

ギターソロがあまりないパンクバンドなんかだと
リアオンリーだったり
そもそもギター自体がリアのみの1ハム仕様だったりするギタリストもいますしね( ^ω^)

投稿: ねぎとろ | 2015年5月10日 (日) 18時50分

個人的な意見です。 オーバードライブと言う意味は色んな意味があるのですが、 ギターの場合は真空管アンプに規定以上の電圧をかけた音をオーバードライブと呼んでいるようです。甘く、マイルドな音はその真空管の音を表現するのに最初に一般的に使われたのだと思います。 でも実際は真空管の音も甲高いコンプレッションの効いた音もありますし色んな音の特徴もあります。 ただ甘くマイルドな音がオーバードライブの典型的な音として一般的になったのではと推測します。なので、Bossのエフェクターはこの甘くマイルドな音を再現したのだろうと思います。
そして、甘くマイルドな音という事で、フロントのピックアップを推薦しているのだろうと思いますが、これは個人の好みなので、リアを使ってもなんでもありだと思います。

投稿: ゴルッテリア | 2015年5月10日 (日) 20時45分

こんばんは~

おお! いよいよOD研究に突入ですね。ボスOD-1は名器中の名器ですね。
と言ってる私は1回も使ったことがありませぬ(^^;)
従って、音が判らぬですよ。私が持っているのはSuhrのChibaDriveとCombatのBombsO01の2機種のみです。
で、私の場合ですが、ソロはほとんどフロントですね。
もちろん曲によってはリアですが・・

MIKIさんのレスポールのPUはたぶんリア、フロントとも57classicだったかな。ストラトもたぶん同じシングルPU×3だったと思います。私のレスポールは490と498、ストラトはNoiseless×3、セミアコは57classic×2、PRSはNarrow 408 TrebleとNarrow 408 Bassとそれぞれ同じスペックのPUであったり、違うスペックのPUであったりと様々みたいですね。

フロント、リアのPUが同じであろうと、違うものであろうと12フレットに近いフロントPUは当然弦の振幅が大きくなり、音は柔らかくなり、サスティーンも長くなるようです。
実際私のギターは全てそのような感じですね。
従ってフロントPUを使った場合、「典型的なオーバードライブサウンドのリード・プレイ」とか「甘くマイルドな歪みが得られます」というのは当たっていると思います。

今回の音源ではあまりその差が感じられませんでしたが、すごいところに疑問を持たれたということがすごいです(^^)
かく言う私めに科学的な根拠はもちろんありません。単なる感覚のみでござりまする(笑)

                では~

投稿: KageG | 2015年5月10日 (日) 22時01分

O/Dの登場ですか。
ロックの基本サウンドだと思いますので、しっかり理解してください。(笑)
で、何故フロントを使うのか?ですが、MIKIさんも練習されているハイウェイスターはフロントで始まり途中リアに切り替わります。
それを意識したイングヴェイもフロントでソロを弾いてるので、一般的に広まったものと理解してます。
でも、リアのままソロを弾くギタリストもいますので、一概にソロはフロントと言う事でも無さそうです。
やはり、その曲にあった音を選んでいるのではないでしょうか?それと、ギタリストのセンスだと思いますよ。
典型的なODサウンドは、真空管式のAMPで歪ませたのが、overdriveサウンドと言われたのですが、その音に近いサウンドが得られるので、典型的と書かれていると思います。
この辺は、ロックサウンドの歴史を勉強すれば納得が行くと思いますよ?
その年代から聞いてる世代ですので、勉強しなくても良かったのですけど…(笑)

投稿: rimix | 2015年5月10日 (日) 22時52分

こんばんわ~♪

オーバードライブ・・・、難しいですよね。ワタクシもイマイチ分かっておりません。ただ一つ分かっているのは「オーバードライブのみで弾き倒す曲のコピーが出来てない。」という事です。もろ、実力が出ますからね~。
(^^;


>いったい何だろう? 甘くマイルドな歪み…

ワタクシは、トーンでいえば、ここえらへんを想像しました。

https://www.youtube.com/watch?v=VqXYuWOoBl4

まあ、究極のODサウンドとなると、ウッドストックでのレズリー・ウェスト先生の名演となる訳ですが・・・、

https://www.youtube.com/watch?v=YnK9skV4z0Y

これは、機材が揃っていなかった為に、ヴォーカル用のアンプにギターを差して大音量でヤッて得た偶然の産物の様なので、我々にはマネできないですよね。
(笑)


投稿: とむニャン太郎 | 2015年5月11日 (月) 00時43分

>ねぎとろさん
「リードはフロント」
あー、なるほど、そういうように思っておられるんですかー
私はそう思ってなかったので、典型的?なにが?
なんですね(^^ゞ
ソロパートのある曲、あんまり憧れてなくて、「弾きたい曲にソロパートがあるから練習している」という私なので、リアばかり使うことが多いです。
ソロパートになるとき、音が変わっていること、ちゃんと注意して聞かなくては!と思いました♪

投稿: MIKI | 2015年5月11日 (月) 07時50分

>ゴルッテリアさん
あー、真空管アンプで歪ませた音を再現している…ですかflair
な、なるほど、それなら、なんかあったかい音ですものね。それをマイルドと表現するのですね。
教則本に書きこんでおきます(^o^)/

投稿: MIKI | 2015年5月11日 (月) 07時56分

>KageGさん
やはりソロはフロント使用が多いですかー
なるほど、なるほど、今回はそのことを知ったことが収穫です(^o^)/
「典型的」の言葉の意味がそこにあったみたいですよね
で、なんでフロント?ということですが
あっ!「サスティーンが長くなる」ですか
わぁ!そうか、そうなんですねぇーハイウェイスター、ソロの最初いきなり伸ばしてますもんね。あれかぁ、あれなのかぁ…
…と毎日弾きながら、フロントにする理由がわからかった私。事実リアのまま、練習してました。
今まで気づかなかったのが、すごいです((+_+))
おしえてくださり、ありがとうございます。
これからは、ハイウェイスター練習のときも、フロントに切り替えて弾きますup

投稿: MIKI | 2015年5月11日 (月) 08時02分

>rimixさん
ロックの全盛期の曲にあこがれた世代ですが、そのころはギターに興味を持たず、おばさんになって、弾きたくなってマルチエフェクターで音を選んでいるので、「典型的」の意味がわかりませんでした(^^ゞ
ほんと、エフェクターがどの順で登場してきたか…ということも調べたほうがよさそうですねnote
私が弾きたい曲の多くはその過程での曲なんですね。
そういうことを知らないと「なんで、この曲で、このエフェクター使ってないの?」なんて、そのうち言いそうです
(いや絶対そう言う予感が…)

投稿: MIKI | 2015年5月11日 (月) 08時10分

>とむニャン太郎さん
動画おしえてくださり、ありがとうございますm(__)m
ジョニーウィンターさん、ほとんど聞いたことのないかたでした
ほんと、お手本の音とよく似ています!
軽快なロックンロールのバッキングにありそうな音でもあるような…
教則本に書きこんでおきますnote
実際に使われている音源聞いてイメージできました(^o^)/
もうひとつの動画の音は良く歪んでますね♪
なるほどー、歪みがかっこいい!ってことで無理してでも、そういう音を作っているうちに、後のいろんなエフェクター登場に続いていった…ということでしょうか。

投稿: MIKI | 2015年5月11日 (月) 08時21分

MIKI様
おはよう御座います。

はじめオーバードライブというのはファズの歪みが少ないものかなと思っていましたが違うのですね。
オーバードライブの良さが解ってきたのは最近です。ビートルズのアビーロードあたりの曲が甘くマイルドな歪みではないのかなと思っています。

愛新覚羅

投稿: aishinkakura | 2015年5月11日 (月) 08時37分

私の記憶ではBoss OD-1は世界初のコンパクトエフェクターではなかったでしょうか?スゴイぞにっぽん。オーヴァードライブが甘めの歪みの典型とすれば、苦め歪みの代表がディストーションではないかと。BossではDS-1ですね。その後無数の歪み系エフェクターが世に出ましたが、私にゃこの二つで十分でございます。

投稿: バルサ | 2015年5月11日 (月) 22時34分

こんにちは♪

エフェクターですか~最初はよく分からんという事が
多いテーマですよね。なんとなく覚えていくものだと思う
ので、説明しろといわれると難しいテーマかもしれません。

本を先に読み進めても音源をマスターするとなると時間
がかかり勝ちですよね。

なんでなんで?と疑問に思うのはいいことだと思いますが
、時にそれが邪魔になることもあると思います。あまり
思いつめないように・・・。(笑)私もそういうものだ
と素直に受け止めて貧弱な知識を蓄えました。ギターを
弾く上での常識を学んでいると思えばいいのかもしれません。

「典型的なオーヴァードライヴサウンド」は音源に出てく
るサウンドがそうなんでしょう。それを基準にすればいい
と思いますよ。

ソロはフロントで弾く・・・というのはなぜかと言われる
分かりませんが、ギター界の常識といってもいいかな?
大半のソロが当てはまるように思いますが、例外もあるよ
うです。フロントの音が向いてるとかあと弾き易いという
のもあるようです。というのはその例外MR.BIGのダディ
、ブラザー、ラヴァー、リトルボーイという曲のソロは
リアで弾きとおしているそうですがかなりの腕がないとリ
アで曲のように弾きとおすのは難しいと書いてありました。

日記に弾き比べてみたとありますから、音は聴かれている
ようですね。いいことだと思います。今は分からなくても
そのうち違いも分かるかも?だし、それが貴重なな経験に
なると思いますよ。私も初めてヤングギターを読んだ時は
分からないことだらけでしたが、今では普通に読めるよう
になりました。知識だけはですが(笑)。ギターの腕では
MIKIさんにかないません~。

投稿: レブ | 2015年5月11日 (月) 23時43分

あ~参考になればと思い、書いたんですがどうしても
文面が上から目線になってしまふ~

毎度のことながらすみません!

投稿: レブ | 2015年5月11日 (月) 23時47分

リアはフロントに比べて倍音を多く拾います。

オーバードライブはピックアップで拾った音にさらに倍音を加えるので、リアで拾った倍音のさらに倍音が加わって音が複雑になります。これをいい音と聴くか汚い音と聴くかは聴く人次第です。

一方、フロントで拾った基音(倍音に対して基本の音)にオーバードライブで倍音を加えると、(リアの場合よりは)シンプルな倍音構造になります。それを「マイルドな歪」と言うのかもしれません。

ソロを取るときにはフロントを使いますが、これは倍音よりも基音を強調したいから、と私は考えています。

投稿: PicksClicks | 2015年5月12日 (火) 00時59分

楽しく研鑽を積んでおられるようですね!
ご存知のように、元々OverdriveやDistortionと言った<歪>は「真空管Ampを大音量で鳴らした時に得られる音/Tone」であったワケですから、エフェクターと言うモノは言うなれば<擬似歪>であると言えるでしょう
もちろん、昨今では様々なメーカーやビルダーが非常に優秀な歪み系エフェクターを各種製作していますが、あまりエフェクターばかりに頼らずに、時にはAmpを自分なりにいろいろとセッティングしてを探ってみる事も大切であるとおもいます◎
また一言に<歪>と言っても、そこには..深い歪、激しい歪、太い歪、柔らかい歪、刺さるような歪etc..実に様々な<歪みの印象>があることに気付くことでしょう
その中には..「フロントPUの歪」もあれば「リアPUの歪」もとして存在しているはずですよね
Ampもエフェクターもどんどん自由にいじくり回して(笑)→Mikiさんの歪を見付けて頂きたいものですねd(^_^o)

投稿: Johnny | 2015年5月12日 (火) 21時50分

この2つの音の違い、クリーンはクリーンな音、エフェクターのかかった音は演歌っぽいなーって思いました。甘くマイルドな歪みの効果でしょうか。
私にはまだエフェクターのことはよくわかりませんが、私が今読んでる本に、“オーバードライブのつまみを上げていくとディストーションが自然発生して、ディストーションが発生するとファジーになる”って、書いてる私にもわからないことが書いてあります(笑 結構重なるところが多いて事なのでしょう♬ それより、MIKIさんも中断されてる教則本があるんですね。私はそればかりなのでダメだな~って思ってたので勝手に親近感です。またしばらくしたら教則本に戻ってみよう♬

投稿: Sayo | 2015年5月12日 (火) 23時29分

音作りをちゃんと勉強していない僕には、
クランチ<オーバードライブ<ディストーション
くらいのことしかわかりませんねー。
フロントとリアの音の聴き分けもかなり難しい(-_-;)
MIKIさんの好みからするとオーバードライブよりディストーションの方が好きなんだろうな~とは思いますが…
すいません、今回はこのくらいにしときます(^^;

投稿: みにみに | 2015年5月13日 (水) 00時46分

>aishinkakuraさん
エフェクターの歴史はロックの歴史でもあるでしょうから、その経緯を知らないと、「典型的な」がわかりませんでした。
私がオーバードライブをよく使っている曲をあこがれることも今後あるかもしれませんね

投稿: MIKI | 2015年5月13日 (水) 11時56分

> レブ さん
私は、あまりにも音を知らなさすぎ…とは思うけど、ロックの音の変化を観察してきてないし、ギターを始めたのがここ数年ということもあるから、しかたないと、そんなに思い悩むことはありません。
この本にしたがって進むのは、興味と知識を得るということでは、すごく良いように思うので、地味に続けていきますね(^^)/

投稿: MIKI | 2015年5月13日 (水) 12時00分

>PicksClicks さん
「ソロを取るときにはフロントを使いますが、これは倍音よりも基音を強調したいから」
おおーっ!そうなんですかっ!flair
ほかの音に埋没しないように、よく通る音を使いたいということになりますかね。
このこと、実感できるよう、試してみます♪

投稿: MIKI | 2015年5月13日 (水) 12時08分

>Johnnyさん
そうですよねー
使用している教則本、最初はアンプの説明からで、いろいろなアンプ次第、そしてアンプの設定次第で、だいたいが音がすごく変わるということ、わかりました。
なので、自宅のアンプ、スタジオのアンプ、いろいろいじって、音を試さないとなぁ…と思ってます。
それしたら、ある日「あっ、この音、大好き!」と見つけて、いつでも再現できるよう、メモメモし、その音が出た経緯を理解できるかもしれません。
以前は、ちんぷんかんぷんすぎてわからなかったことも、少しずつわかって、いじることに抵抗がなくなってきました(^^)/
コンパクトをすっとばしてマルチエフェクターで音作りを学習するのもなんか無理があるようにも思いますが、それらも基礎知識としてもっておきたいです♪

投稿: MIKI | 2015年5月13日 (水) 12時17分

>Sayoさん
この課題、やってるときは、「この音何に使うんだぁー?」と全然好みじゃないので、少し不服だったんです(;'∀')
でも、こうして、UPしてコメントいただいたら、大事なことを教えていただいたり、具体的にこういう音を使った素敵な曲があることも知り、興味がわきましたshine
ディストーション、ファズはこれからやる予定ですよ〜♪
どうも歪の度合いが違うようですし、使い方の一部を知ることができるでしょう。
それぞれのエフェクター、奥深いところをすっとばす作業でしかないのですが、なんか全体像をとらえられそうな、そういう学習にはなってそうです(^^)/
中断してる教則本たくさんあります。それらはその全体像が見えなかったからとか、今の私には早すぎる…とか、そもそも、全然わかんない!(+_+)とか…
自分に見合ったものを見つけるの、難しいですねぇ

投稿: MIKI | 2015年5月13日 (水) 12時28分

> みにみに さん
ギターの使い分け、ピックアップの使い分け、このあたり、悩むことしきりですsweat01
知識、経験を増やして、少しずつわかりたいものですup
そうなんですよ。私は歪んだ分厚い音にあこがれてロックギター始めたのです。
ただ、そういう私が憧れるギター弾くためには、いろいろ基礎が必要で、その基礎を養うためには、分厚い音ばかり弾いてではどうもダメみたいで、じゃ、その基礎を養える曲を弾く時には、そこそこ、その音を再現しないとダメかぁ?…と思い、今に至ってます
道のりは長いです(;'∀')

投稿: MIKI | 2015年5月13日 (水) 12時39分

>バルサさん
コメントのお返事、前後し、しかもすごく遅れて申し訳ありません
初のコンパクトエフェクターはBoss OD-1なのですかー
ほんとに、すごいです、ニッポンsun
ロックの歴史とともにエフェクターの歴史もあるのでしょうが、そのあたりが わかんない私です。
じわじわと調べ、少しは知識を得た感じですが、この完走したら、その「少し」がマシになりそうです。
なにより、みなさんからいただくコメントに感謝なのですshine

投稿: MIKI | 2015年5月15日 (金) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ティム・バートンの世界」見て弾きたくなった" Bones" | トップページ | Long Train Runnin'はずっと練習してます »