« 音の勉強-ディストーション その1 | トップページ | 音の勉強 ディストーション その2 »

のばす音はちゃんとのばさないとねぇ…(;'∀')

「音の勉強、ディストーション その2」の課題はコードストロークとブラシングだけです

わーい、これなら楽勝じゃんっ!shine

と、喜びいさんで、前回のブログ更新後、すぐに練習して録音し、楽々今日報告!
…したかったんですが

録音後、お手本の音源と比較しながら聞いてみたら、音はそこそこ似てるかなと思うも
あれ?リズムが変わってる( ゚Д゚)

ありゃまー、どうした、どうした!wobbly
なぜ、そうなったか、反省。

どうも、音を伸ばしたあと、ブラシングするのですが、そのときコードチャンジも同時に行うので、つい、あせってしまい、延ばすべき音が早く切れてしまってるようです。

あー、この現象、こないだのロングトレインラニングの冒頭フレーズでも、同じようなことしてたわ!
気づかず動画報告して、ご指摘をいただいたのです。

思うに、私は「次、音が変わる」というところで、その直前の音を短く切ってしまう癖があるのかも。

意識しすぎ、とか、焦りはいかんなぁーsweat01
ハイウェイスターでも、それやってた記憶があります。

この癖なおさないと、そのフレーズのニュアンスが変わってしまい、「それ、違うものになってるし…」の残念な結果になります。

   ********************

「うまく弾けない」ことの原因は多岐にわたりますね。
最近は、さすがに「あっちも、こっちも…」と多くのことを気づけるようになりました

気づくタイミングは人それぞれでしょうから、今ごろ、こんな初歩的なことを…とメゲないで、気づいたときに、「なおす」努力をしっかりやっておきたいものです。

そうしていれば、弾く曲、全部に良い影響が出ますよね

まー、私は懲りないヤツなので、絶対また他の曲で同じこと、やらかしそうですが
そのときは「あ、また やった!」と自分で気づいてなおせますように…(*´з`)

…ということで、今日は「延ばすべき音をちゃんと延ばす練習してますよー」ということだけの報告でした

動画も音源もなんもなしですみません<m(__)m>

↓そんなギター練習報告ブログ、ランキング参加しています。
おばさんははたして、おばあさんになるまでそこそこ上達するのか?
それだけが見もののブログでしょうか(*_*;
ポチしていただければ、がんばる原動力になります。よろしくお願いいたしますshine

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

|

« 音の勉強-ディストーション その1 | トップページ | 音の勉強 ディストーション その2 »

ロックギター練習記録」カテゴリの記事

コメント

MIKI様
こんばんは。

それって癖ではないと思いますよ。
余裕の有り無しではないかと思います。
数限りなく練習していくと、いつか余裕が
生じて先走りしなくて済むようになっています。
これは初心者の私の場合ですが、上手な皆さんも同じだと思います。

愛新覚羅

投稿: aishinkakura | 2015年7月 2日 (木) 19時43分

> aishinkakuraさん
強く意識しすぎる…これは余裕がないってことですね。
練習重ねて、これ、弾けてあたりまえじゃーん♪となれば、こっちのものですが、でも、次、こっちが難しい…などとまたつまづいたりしてますけどネ(;'∀')

投稿: MIKI | 2015年7月 3日 (金) 08時59分

おはようございます~

そうなんですよねー コードチェンジのときに私も自分なりのタイミングの取り方というのがあるんですよ。
手癖とか指癖がすごく役に立つフレーズと、癖を出してはいけないフレーズがあるように思います。
MIKIさんの場合はレッスン課題なので、課題通りの練習をするのは大変だとお察し申し上げます。
『そのフレーズのニュアンス』というのは本当にありますよね。特に超有名なフレーズ。全世界のギタリストだれもが知っているフレーズ。
私みたいに超ずぼらな生徒でも絶対に外してはならんフレーズはいっぱいあります。でもそれ以外は『ま、いっかー』と・・(笑)
私も今から新課題曲のレッスンに行ってまいります。先生も私みたいな生徒は大変だと思いますが、会話や飲み会なども含め楽しそうにしてくれていますのでそれで良し!としています(^^) 今日からの課題曲はセミアコです。

            では~

投稿: KageG | 2015年7月 4日 (土) 11時46分

他の方々がおっしゃる通り、それは<癖>なんかではありませんよね。
それは誰もが通る道ですよ(笑)
ただモチロン忘れてならないのは<拍/リズム感覚>でありましょう。
フレーズ(運指)練習に集中する余り、正常な拍/リズム感覚が疎かになることもあります。
「なんとなくリズムがオカシイ」と思った時に、「どこがどんな風にズレているのか?」を真剣に考え、且つ実践する事は、とても重要なプロセスであると考えます◎
これから弾き込んでいけば、その<オカシサ>は次第に薄れていくはずです。
お楽しみはまだまだこれからですよ(笑)

投稿: Johnny | 2015年7月 4日 (土) 23時57分

>KageG さん
課題フレーズ、練習してたら、リズム変わってた‥というのは、やはりあきまへんねぇー(*_*;
そんなに難しい課題ではないはずなので、なおすようがんばります♪
先生とのレッスンは、想像するに、ギターを長く聴き、弾いてきた先輩との対応ですから、先生にとって勉強になることがたくさんあるのではないでしょうかshine

投稿: MIKI | 2015年7月 5日 (日) 09時48分

>Jonnyさん
「なんとなくリズムがオカシイ」‥と今回気づけてよかったです
以前はそんなこと気づく姿勢がありませんでした(*_*;
録音はいいですね。アバウトな私でも、少し客観的な耳で聞けるので「あら、違うじゃん」となります
悪いところをなおそうと夢中になって弾き続けていると、全体がなんかすごくフラットな感じになることもあります。(メトローノームを意識しすぎとか)
「できること」を増やしていけば、全体を意識できる時もきますよね♪
それまで、細部を良くすることもがんばりたいですup

投稿: MIKI | 2015年7月 5日 (日) 09時55分

こんにちは♪

個人的にMIKIさんは音が短めの時があるように感じてます。

特にスタッカート気味の音の時はそれが如実に出てるように思うのですが、どうでしょう?

ロング・トレイン~でいうところの・・・
ちゃら~らら(つくつ)(つく)ちゃ・ちゃら~ら
     ↑2         ↑1

1のところ。MIKIさんが記事で触れてらっしゃるのはブラッシングの直前のところ・・・2ではないかとおもってるのですが。(ちなみにつくつはブラッシングを表してる
と思ってください 笑)

これは前から書いていた事で、私も昔から音を伸ばすこと
を心掛けてたのですが、自分が思ってるよりも音を伸ばせ
てなくてそれがスムーズさに欠けて聴こえる原因なんで
す。なんでもないところでスタッカート状態になってると
いうか・・・。

それは往々にして左手の押弦の加減によるところが大きい
と思います。

投稿: レブ | 2015年7月 5日 (日) 12時57分

すみません。先ほどの記事で修正です。

2のところにスペースが足りなくてひとつ左にずれていました。

正しくはつくつの前です。

投稿: レブ | 2015年7月 5日 (日) 13時04分

>レブさん
音を切る、伸ばす‥というのは、非常にむずかしいものだー!と痛感している昨今です。
気持ちに余裕がないのと技術的な問題、この両方と思うので、「気づく」「そして考えてなおす」これを心がけていきますね。
左手の手加減も難しいです。今まで右手の改善に必死だったので、あとまわしになってた感があります(^_^;)

投稿: MIKI | 2015年7月 5日 (日) 13時36分

そうですね!原因がどこにあるかというのは非常に大事
ですよね。

右手に注目が行き勝ちかもしれませんが、スムーズに聴こ
えないのは案外左手が原因だったということも多いです
からね。

投稿: レブ | 2015年7月 5日 (日) 17時23分

伸ばすべきところまで音が伸ばせてない、
って割と有りがちですよね。
録音してみると、
そういう時は絶対に気持ちが悪いのですぐわかるという(⌒-⌒; )
気付いたら直す、気付いたら直す、
で少しずつ進んで行くしかないですね^ ^

投稿: みにみに | 2015年7月 6日 (月) 12時31分

> レブさん
弾けない原因は、いたるところにありますねー
そのことに気づいて、なおそうと努力することが大事なので、がんばります(^^)/

投稿: MIKI | 2015年7月 7日 (火) 09時02分

>みにみにさん
みにみにさんは、すぐ気づかれますかー!
さすがですshine
私は録音した時点で「できてる」と思い込みたいので、
気づかないことが多かったようです(;'∀')
この教則本では、必ず録音してから比較するので、いくらなんでも…でしたcoldsweats01

投稿: MIKI | 2015年7月 7日 (火) 09時06分

こんにちは。僕も延ばす音が微妙に切れてしまうことがあります。とくにソロなんですが・・・

MIKIさんのご忠告身にしみます。これからは意識して伸ばす音をキチンと伸ばす。それをふまえてギターを弾こうと思います。何年やってもギターは難しいですね・・・

色々とありがとうございます。MIKIさんもへこたれずに頑張ってくださいね。

投稿: T.sato | 2015年7月20日 (月) 14時19分

> T.satoさん
私のブログはそのとき、感じたことの記録なので
今回の内容も自分に言い聞かせていることです
忠告だなんて、とんでもないことでございます(;'∀')
ただ、共感してくださるかたがいたら、なんかうれしいかも♪
音をきちんとのばす、切るべきところは切る、よけいな音をださない…など、今ようやく気づけるようになったかなと思います。
だって音をなぞるだけでも、大変でしたもの。
ま、それだけに、中高年がやるには良いとりくみだと思います。飽きませんものね。へこたれずがんばります(^^)/

投稿: MIKI | 2015年7月21日 (火) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音の勉強-ディストーション その1 | トップページ | 音の勉強 ディストーション その2 »