« Immigrant song (移民の歌)、とりあえず通しで弾いてみました | トップページ | Let It Beのソロをゆっくり »

Amペンタトニックで弾けるソロ、第2弾練習開始~

以前OasisのDon't Look Back in Angerを練習しました。
Amペンタトニックで弾けるソロですので基本のポジション1パターンを覚えた私にはちょうどよい難易度でした。

じっくり弾いてみると、その1パターンを覚えていたことが生かされて、弾きやすかったのもうれしかった~!

で、これに味をしめて、もいっちょAmペンタトニックで弾けるソロを練習し始めました。
そのさわりだけ‥(^_^;)

おわかりになるかたも多いかと。
ものすごく有名な曲です。ソロ部分はいくつかテイクがあるそうですが
先生おすすめのです。

TAB譜まるおぼえだけの状態で練習するのとは、違った感覚があります。
なにかしらガイドのようなものがある…という感じかしら。
ただの碁盤の目のようにしか見えなかったフレット、やっとぼちぼち形が見えてきた…というか。
もちろんちょっとしか見えていません。
少しずつ少しずつです。
違うパターンもこれから覚えていきたいです。

ボケずに長生きして練習続ければいつか、ばっちり見えてくる日も来るかしらねぇ
(老化に負けて無理かもですが)

少し苦しく、でも、楽しみな作業ですup

私のブログ見てくださり、ありがとうございます
↓ランキング参加しています。ポチしてくださるかたに感謝ですm(__)m


にほんブログ村

|

« Immigrant song (移民の歌)、とりあえず通しで弾いてみました | トップページ | Let It Beのソロをゆっくり »

ロックギター練習記録」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!有名な曲なのでわかりましたよ~♪

「Let IT BE」ですね。ペンタトニックがロックの基本と言われるのはBluesがロックの原点だからなんですよね。

ペンタトニックスケールはブルーノートスケールとも言われますから。ポジションを覚えてしまえば後は始まりのフレットの音を変えればKeyが変わるわけです。

これからのMIKIさんの挑戦がまた楽しみになって来ました!がんばってくださいね~♪

投稿: T.sato | 2016年3月 5日 (土) 17時18分

>T.satoさん
はい、そうですよー(^O^)/
今までキーは違ってもペンタで弾いてきたソロはけっこうあったと思うのです。これからは、「少しは理解した」状態で取り組めるはずなので、弾きやすくなるような気がします。
すぐ頭がこんがらがるのですが、がんばります~

投稿: MIKI | 2016年3月 6日 (日) 10時21分

こんにちはー。
うー、Beatlesはほとんど聴いてなくて
分かりませんでした><
youtubeで聴いてきました。
ゆっくりな曲の方も難しいですよね~。
ペンタトニックって
メジャーでもマイナーでもOKっていう
有り難いスケールなので、
何度もお世話になるかと♪
ではまたお邪魔させて頂きま~す。

投稿: 秀弦生 | 2016年3月 6日 (日) 16時38分

こんばんは。偶然ですが私もlet it be練習してます。mikiさんのはアルバムバージョンですが、私がやってるのはシングルバージョンの方です。どっちのソロも渋いですが、昔から聴いてたのがシングルバージョンの方だったもので。スライドとかハンマリング、プリングオフがいっぱい出てきて練習になりますね〜。音の方もファズとコーラスをかけてジョージ風にしてその気になるのが楽しいです。がんばってくださいね。

投稿: バルサ | 2016年3月 6日 (日) 18時17分

>秀弦生さん
私もLet It Be、全体はまぁ知ってても、ギターソロがどんなんかは全然思い浮かびませんでした。
練習教材にはとても良いみたいで、ゆっくりなので丁寧に弾かなくてはいけません。
後半がなかなかにリズム難しいです。がんばります(^O^)/

投稿: MIKI | 2016年3月 6日 (日) 20時15分

>バルサさん
あらまぁー、同じLet It Beのヴァージョン違いですかー!
私はペンタトニック、理解して慣れる!が目標で、その過程の練習なので、めずらしく1曲通しでは練習しない予定です(^_^;)
でも、先生のおすすめ曲、練習しているうちに、その曲が大好きになることも多くなったんですけどねー♪
がんばりましょうねー!

投稿: MIKI | 2016年3月 6日 (日) 20時24分

ローフレットの解放弦から
6弦ルートのAのボックスポジションまで
自然につながる、名ソロですね。
カントリーのフレーバーも感じられますね。
僕が電気ギターで最初にコピー下のは
この曲だったかも??

これと似たポジションでテキトーに弾いて
自分なりに弾いてみたりしてると
自然とアドリブが出来るようになっちゃいますよ♬

投稿: 原田焼肉君 | 2016年3月 6日 (日) 21時45分

こんばんは~

Let It Beのソロ部分は私も好きです。なんとなく日本人好みのメロディーですよね。
だって、演歌はペンタでできているのがほとんどですからね(^^)
え、えーっと『TAB譜まるおぼえだけの状態で練習』してたんですか! そっかー、なるほど。
ガイドみたいなものを感じているんでしたら、あとはすごくスムーズに『ばっちり見えてくる日も来る』と思いますよ。
かく言う私は今のテーマ曲に苦しみぬいておりまする。←あんまり練習もしていないんですけど(^^;)
とりあえず今は、テーマ曲とは別の、4月のセッション大会を乗り越えたいですー。
どーもこりゃ、相当な浮気者ですね(笑)
頑張ってください。    では~

投稿: KageG | 2016年3月 7日 (月) 22時16分

>原田焼肉君さん
はい、Amペンタの王道的なものなら…ということで、これを弾くことになりました。
応用効きますね♪
指はなぞっても、なんですかね、リズムというか間というか、それの入れ方が「は?」なので、それを先生にお聞きしながら、できるものなら習得したいのです
でないと、ベタベタのAmペンタなぞり…ってなことになる私です。

投稿: MIKI | 2016年3月 8日 (火) 09時11分

> KageGさん
そうなんですよ。以前はひたすらその曲、なんのガイドもなくまる覚え…でした。
さすがに今は覚えたことも増え、以前よりマシですが、もっと自由に音を行き来したいのが野望です。
で、そうです!ペンタを適当になぞると、私の場合、演歌っぽくなって全然おもしろくありません。
「ロックっぽく」させるよう、情報収集して、がんばりたいです
KageGさんもがんばってください〜(^^)/

投稿: MIKI | 2016年3月 8日 (火) 09時16分

ペンタ、ロックギターではハマりますもんね。
スケールをっちゃんと覚えたほうがよいのはわかっているのですけれどね。

投稿: SANO | 2016年3月14日 (月) 00時18分

>SANOさん
Amペンタの基本1パターン覚えただけで、Let it beはなんだか弾きやすかったです♪
展開形っていうんでしょうか、他のパターンもこりゃ覚えねば!と自分の脳の老化と戦う気構えです(*^_^*)

投稿: MIKI | 2016年3月14日 (月) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Immigrant song (移民の歌)、とりあえず通しで弾いてみました | トップページ | Let It Beのソロをゆっくり »