« 惰性で弾いてしまうこと | トップページ | 短っ!のイントロクイズ »

突然、読書の秋

今回は不規則な更新です。

秋も深まり、もう寒いくらいですね。maple
秋といえば
スポーツ、芸術、食欲とかいろんな秋がありますが

四季関係なくロックギターに燃える!thunder

なはずの私に今年は思いがけなく、小さな秋がやってきました(*^ω^*)

それはですね、ギター教室 の時間帯が、1時間半繰り上がったからです。
その時間を、家から出てつぶす必要ができたのです。
理由は、長くなるので、省きます。coldsweats01
で、カフェでコーヒー飲みながら読書することにしました。

昔、図書館大好き!の文学少女だった私。
ギターにはまるまで、読書し続けてましたが、ロックギター始めてから、それどころでなくなり、パッタリとだえました。
かろうじて読んだのは、教則本、音楽理論(途中でわかんなくなったけど)くらい。


その間、目が悪くなり、裸眼で本を読めなくなり、メガネでも、文庫本は文字小さくて、読めません。
パートの仕事は主にPCなので、大丈夫ですが、日常、そこそこ不自由。

そんな私が、なぜ今、読書できるか?というと、こないだ手に入れたiPadのおかげです(^◇^)

アプリにiBooksというのがあって、電子書籍を購入して読めます。
これだと、読みやすい文字の大きさを設定できます。
便利な時代だなぁー╰(*´︶`*)╯

教室 のある時だけなので、まずは短編集読みます。
乙一さんという人のです。

あーっ!久しぶりに、文字で作者が描こうする世界を想像する喜びを味わえましたよ。
そのぶん家事が前倒しになりましたが、ここ当分は読書タイムが持てそうです。

しかしっ!ロックギターへの情熱は変わらない!
本で気分転換できたら、またギター に突進です。

ブログ、読んでくださり、ありがとうございますm(_ _)m

↓ランキング参加しています。ポチッとしてくだされば、励みになります。


 


|

« 惰性で弾いてしまうこと | トップページ | 短っ!のイントロクイズ »

ロックギター練習記録」カテゴリの記事

コメント

自分も最近は電子書籍ばかりになりました。
タブレットはローガンの見方ですよね。
でもマンガだと、台詞の文字が小さくて読めないのが難点・・・(/_;)

文字を読んで作者が描こうとする世界を想像するコトは、まさに脳の活性化だと思うので、間接的にギターの上達につながりますよきっと(笑)。

投稿: Joe | 2016年11月 7日 (月) 13時24分

>Joeさん
便利ですねー。でも、本の種類が少なくありません?
マンガはまず1冊目無料というのが多いですね。
でも、私はそのワナにはひっかかりません(`・ω・´)キリッ
1時間半ではすまなくなりますからね(;'∀')
脳の活性化、ほんと、そうです、久しぶりにいつもと別のところ使っているというか、脳内ワールド楽しいです(^^)/

投稿: MIKI | 2016年11月 7日 (月) 16時29分

私も電子書籍にはまりつつあります( ^ω^)
ギターの本も最近は電子書籍版で買ってます。

bookliveのセール時だと半額からさらにクーポンで半額とかにできるので
定価2700円のぎたー本が700円くらいでゲットできたりと
なかなかお得でした( ´∀`)b

https://booklive.jp/search/keyword?t_st_historyword=1&keyword=%E3%82%AE%E3%82%BF%E3%83%BC

投稿: ねぎとろ | 2016年11月 7日 (月) 17時35分

私は紙の本派ですね。電子版もkindleやsony reader, ipadと変遷してますが講談社文庫の大きめ活字が私にはやっぱり一番読みやすいです。遠くはスッカリ見えませんが手元がまだ見えるので今は紙が良いのですが、近くも見えなくなればまた良いものが出回ってると期待しています。

投稿: バルサ | 2016年11月 7日 (月) 21時46分

>ねぎとろさん
bookliveは知りませんでしたー!
情報をありがとうございます
ギター本については、サウンドブックっていうんですか、
音も一緒についてくるのが増えてくれると、助かるんですけどねー(*^_^*)

投稿: MIKI | 2016年11月 9日 (水) 09時28分

>バルサさん
その後、ご体調はいかがですか?
私は字のほうから、私に合わせてくれないと
困るようになってしまいました(*^_^*)
紙媒体だと、本が部屋に家具みたいにして置かれていく
楽しみもあるんですけどねーbook

投稿: MIKI | 2016年11月 9日 (水) 09時32分

ギター関連も本で直接聞ければたしかに便利ですね( ^ω^)

いちおう教本の電子書籍でも元の本がCDやDVD音源付きの教本は
CD等に収録されてる音源データーを
ダウンロードできるようにはなってますよ

投稿: ねぎとろ | 2016年11月 9日 (水) 21時19分

>ねぎとろさん
そうなんですね。でも、サウンドブックとは違う扱いでしょうか。
小鳥図鑑のサウンドブック、無料だったので、入手したら、
そのページごとに、さえずりが聞けるボタンが 表示されていて、
良かったです🎶

投稿: MIKI | 2016年11月10日 (木) 20時19分

単純に付録CD音源がMP3として配布されてる感じですね
ちなみに本買わなくても付録は音源ダウンロードできます( ^ω^)

http://www.rittor-music.co.jp/e/furoku/

投稿: ねぎとろ | 2016年11月11日 (金) 09時27分

>ねぎとろさん
音はご自由にどうぞ~♪なんですねぇー
情報をいつもありがとうございますshine
本の内容を理解し、ダウンロードできる音通り弾ける技術、これができるか?これがねぇ、大変ですよねぇ。昨日もひたすら、弾けないところで悪戦苦闘でした(ノ_-。)

投稿: MIKI | 2016年11月11日 (金) 12時28分

こんにちは♪

今日は珍しく土曜休みなので、今からカットに行って来ます。

私も一時読み漁っていた時期がありました。紙の本派で、
推理小説担当です。新本格が好み・・・私は老眼なので
メガネがあれば読めますね~お~乙一ですか!過去に読ん
だ作家さんが絶賛されてたので、読んだことがあります。
「夏と花火と私の死体」持ってます。

投稿: レブ | 2016年11月12日 (土) 14時37分

> レブさん
カットでさっぱりされましたねー(^^)/
私もギターにはまる直前までミステリーをよく読んでいました。
乙一さんは、ミステリーとホラー両方みたいな感じの人でしょうか。
「失はれる物語」を読んでいます。なかなかに、切なくて
カフェで泣きそうになり、困りました(;O;)
でも、オチはだいたい、推測できましたよ(*´з`)
「夏と花火と私の死体」、ちょい調べてみました。
いきなりの展開!これはついていけなさそうです。
子どもが理不尽な目に合う現実は、小説以上に切ない、やりきれないと感じます。(あれ、話が深刻になりましたね。スルーしてやってください)

投稿: MIKI | 2016年11月14日 (月) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 惰性で弾いてしまうこと | トップページ | 短っ!のイントロクイズ »