学問・資格

天声人語1分読み

息子が高校2年になり、エレキに熱を入れてばかりではイカン!(私が同類なので足をひっぱっている感もあるが…)と連休前に喝を入れてもらおうと、塾の先生に相談に行きました。

勉強の時間をいかに確保し、それにどんな内容をあてるか、考えていただいたあと、国語、英語に不安があると訴えますと、「速読の力をつけると、おのずとスピードが勝負の問題に効果があがりますよ。天声人語の1分読みをして全体をまとめる練習をしてみてはどうでしょう」とのアドバイスを受けました。

なるほど、ゆっくり読んで理解できるというのは当たり前で、テストはどんな科目でも問題を早く読んで説いていかなくてはいけません。クセをつけるにも毎日のちょっとした積み重ねが効果をあげるかも、とさっそく実施しています。

チェック役は私で、1分をキッチンタイマーではかります。前もって私も文章を読み、問題を考えておきます。息子が1分読んだら、その問題を出して、ちゃんと答えられるかを確かめるというやりかたです。朝忙しくてもこれくらいの時間は確保でき、毎日続けていたらかなりの勉強量になるでしょう。

やってみてわかったことは、確かに息子の読解力に問題があるということ!
なんせ、まとめてみよと言っても、たどたどしくて何を言っているのか、わからない。
そもそも、使われている語彙の意味を知らない。漢字が読めない…など問題山積みです。
これらをおろそかにして、センターの問題をいきなりやっても7割、8割解けるもんじゃありませんワ…weep

と、嘆きながらもコツコツやれるところからがんばっております。
我が息子は気の強い姉と違って穏やかな性格なので、私から指摘されてもヘソを曲げることはありませんが、自尊心を傷つけないよう、アドバイスをすることが大事です。
息子の勉強に手出しすることはそれくらいにとどめて、自身がしっかりスケジュール管理して納得のいく大学にすすめることを切に願います。

ちなみに今日の天声人語は日本の借金について。
「100年に1度」と言われる大不況を理由に借金をさらに拡大させる日本…
一万円札に載っている福沢諭吉が借金を嫌ったというのは皮肉なものがあり、あの世でこんな日本の政策をどう思っているやら…という内容でした。

本当にえらいことです。
定額給付金のアメなんかなめているうちに、次は痛ーい鞭がビシビシくるのは目に見えてます。トホ

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加です。押していただければ感謝♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

簿記とパソコン

1月の末から事務の仕事をパートで始めています。久しぶりの事務!
結婚前は規模の大きい会社の管理部門で働いていましたが、今回は小さな建築会社なので受け持ち範囲がすごく広い。パソコンの書類作成はもちろん、経理も担当します。
そのほかもちろん電話や来客の応対などなど…

あらー、今までやってきたことがそのまま役立ってます♪簿記も勉強しててよかったー!
ただし建築関係は専門用語が多く、経理も教科書どおりではありません。
まさに実務です。何回も同じことを聞かないよう、とにかくメモをとり、あとからしっかり頭に入れるようにしています。若い頃とは違って頭の処理能力が落ちていますので、それをカバーする術をがんばらないとね!

長く続けられるかなぁー。続くといいなぁー。
やっぱり私は仕事していないと時間をもてあましてしまいます。
この会社がつぶれず、私もここで役に立てますように…shine

| | コメント (0)

簿記3級の勉強終わり♪

はぁーっ、やっと簿記3級の勉強が終わりました!
チラシ広告に載っていた値段の安さにひかれて学校に通って勉強を始めたものの、
実は安さには理由があったとあとでわかりました。それは…

「過密なスケジュール!」

9月の下旬から11月の18日の今日まで一応検定目指しての内容がすごく過密だったことが受けてみてわかったのです(*^。^*) あはっ、私っておバカさん…
でもねー、確かに追い込まれて勉強しないと全然身につかない技能とも思い知りました。
とにかく問題の量がハンパじゃない。

この2週間なんかは毎日経理学校へ入り浸って問題を解く日々…
おかげで以前は「?」だったことがずいぶんわかるようになり、模擬テストでも平均70点くらいはとれるようになりました。
私としては簿記の概要がわかれば目的を達したことになるので、これ以上は求めません。検定は落ちても知らないもーん!(正直本当は合格したかったけど、たぶん60点くらいだから不合格…(>_<))

…ということで次はパソコン会計実務をやる予定。より具体的なことを知らないと実際役に立たないもんね。これはハードスケジュールでないから、安心♪
寒がりの私としては本格的な冬が来るまでに、しんどい勉強から開放されたのでホッ(*^。^*)!であります。

来週からはお休みしていたコナミも再開!踊るゾー♪


| | コメント (0)

仕訳、少しわかったけど…

せっせ、せっせと時間をつくって経理学校に通う日々ですが、
最初なんのことかぜーんぜんわからなかった仕訳というものも
だんだん機械的にこなせるようになりました。
訓練のたまものですなぁー と少しは手ごたえ感じているものの、
なんせ覚える未知の領域が広すぎてアップアップしてます。

人名勘定とか手形貸し付け金とか、有価証券売却損とか、聞いた
こともない言葉とその処理の仕方を覚えなくてはいけないのです。
これができんのですよ!
先生の流れるような話術にのせられ、一応フムフムとわかったような
気がするものの、後日練習問題をやったときには、「えっ?この言葉、何???」
ってな状態で…

まるで自分の頭はザルのよう。  

覚えたことがどんどん流れていっているような気がします。
でもめげずにそのザルの目を細かくする作業をしなくては!

| | コメント (1)

仕訳、なるほど!

連休でしたが、簿記学校へ通って勉強しましたヨ
この日は仕訳を習いました。
お金の動きをこのまえ習った借方と貸方に分けて、勘定科目というものを決めて金額を書きとめておくことだそうです。
ちゃんとルールにのっとって記録しておくと、最終的には1年の最終報告の書類がちゃんと出来上がるしくみなんですねぇーっ!

おおーっ!このシステムを考え出した人はエライなぁーっ!とすごく感心していたら、説明のあと先生が
「どれくらい今の時点でわかったかテストしてみましょう。テキストを見てはいけません」
とおっしゃるではありませんか!

ああーっ!やばい!わかるということと、それを覚えておくということは違うぞー
いきなりかよっ!と激しくつっこみを心の中で入れつつ、混乱する頭でやりました。
結果は…

まぁまぁでした。
少し帳簿をつけ始めていたこともあってなんとか思い出せたことが多かったです。良かったぁー ホッ (*^。^*)

実務で謎だらけだったことが少しずつ霧が晴れるようにしてわかっていくことはとても楽しいことです。
そんな勉強ができるチャンスがあって、ラッキーな気もします。
もう若くないから確実に暗記力は衰えているけれど、「すぐ役に立つ」という思いでのりきれるようがんばろっ!(^O^)/

| | コメント (0)

借方?貸方?

必要に迫られて、簿記3級講座を受けることになりました…
うーん、今までとは全然分野が違うぞ!
でも、やらなきゃ、仕事がすすまん(>_<)

というわけで、今日はその初日でした。
先生の流れるようなトークでかなり良くわかったのですが、なんだか謎なのが「借方」「貸方」という用語。「かりかた」「かしかた」と読むのですが、まぎらわしいゾ!
読みが似ているうえに意味不明だ。
先生が言われるには、簿記は福沢諭吉さんが始めて日本に持ち込んだそうな。
諭吉さんがこんな字を当てはめたのだろうか?
借方が左で貸方が右というふうに方向を示すということであるが、それならそれぞれにまったく違った用語にしてほしかったなぁーブツブツ…

などと、わかったというワリにはかなり初歩的なところで疑問を感じている私。前途多難か。トホー

| | コメント (2)